Garden-Reform No.011

小栗様邸

ご依頼いただいたのは東京の駅近くの一角に佇む老舗のイタリア料理店のオーナー、 今回はお店のファサードを生まれ変わらせるリガーデン工事です。 周辺の建物の雰囲気も考慮して、華美過ぎないナチュラルモダンな前庭をご提案しました。 リガーデン後に訪れたお客様はお店を出た後必ず振り返り、お店の写真を取る方も多くなったそうです。

施工前の状態Before

Before

既存の建物を解体したことでお店の前がぽっかり空いてしまったレストラン。

これまでは建物がお店を隠していたのでその建物が無くなってお店が道路から見えるようになったのはいいものの、 流石にそのままにはしておけません。床面のデザインを請け負いましたが、 これを機に様々なポイントを直すことにしました。

高い建物に囲まれているので薄暗い印象だった前庭には薄いクリーム色のデザインウォールと豊かな植栽でカラーを加え、 ナチュラルテイストなフェンスで敷地を優しく包みました。 さらに夜ならではの美しさを感じられるように随所に暖色系のライトを取り入れ、 食後の休憩スペースでいつまでも余韻に浸っていたい空間へとブラッシュアップ。 お庭を変えただけで、お店全体の雰囲気も大きく変わったみたいですね。

お客様からのご要望

  • レストランの前に空いた空き地を有効活用したい。
  • 両隣を背の高いビルやアパートに囲まれているので気にならないようなフェンスが欲しい。
  • 夜になると目立たないので明るい庭にしたい。
  • ウェイティングスペースをリニューアルしたい。
そして生まれ変わったお庭がこちら
施工後 After

デザインウォールと植栽が出迎えてくれるアプローチ

砂利敷だった前庭の床面は駐車スペースとしても使えるようにコンクリートを打設しスッキリとした印象に生まれ変わらりました。その中央をピンコロ石で縁取り、アプローチとしてお客様を奥へといざないます。向かう先には柔らかいデザインのデザインウォールと対の植栽が空間を優しく包み込んでくれています。壁にはお店の名前である「Piccolo Castagna」の文字が踊っています。アプローチはクランクさせ、奥行き感を感じられるようにデザインしました。

両側の建物を隔てるナチュラルモダンなフェンス

敷地の右側にはすぐ近くに2階建てのアパートが建っています。どんなに敷地内を美しくデザインしてもアパートが丸見えだったらナチュラルモダンな雰囲気も壊れてしまいます。お店の雰囲気を守るために、圧迫感を与えない程度の高さのウッドフェンスでアパートの前をしっかりと区切り、隣地の生活空間が少しでも目立たなくなるよう配慮しました。自然な風合いが魅力的なハードウッドのウッドフェンスにもお店の名前を入れて、特別感を演出しています。休憩スペースから見えてしまうビル対策としては、白く美しいアルミ製のフェンスを上空まで伸ばし、腰を下ろして休む人の目線がビルに届かないようにしています。

植栽を愛でながらゆっくりとくつろげるウェイティングスペース

既存のウッドデッキから生まれ変わったタイルテラスの喫煙所兼ウェイティングスペースでは様々な植栽が目を楽しませてくれます。新たに取り入れた高木はオリーブ、イロハモミジ、ヒメシャラにシマトネリコ。常緑樹と落葉樹を上手く織り交ぜ、四季折々の自然の美を堪能できます。低木・下草にはカレックス、ヒューケラ、ヤブラン、マホニアコンフーサなどをランダムに配置。日照時間が限られている敷地なので、日陰を好む・日陰に強い植物を選びました。柔らかな色の壁と鮮やかな緑に囲まれたスペースは、食後の一服を楽しむお客様を心からリラックスさせてくれることでしょう。

夜はライトが植栽を照らし美しい影が踊るファサードに変身

沢山取り入れた植栽の魅力を最大限に引き上げるように、お庭の各所には背の低いポールライトを多く取り入れました。夜のファサードは植物が光を受けて美しく輝き、訪れるお客様の目印となり、お店を後にするお客様の足を止めさせます。植栽とライトの近くには壁やウッドフェンスなどの構造物があり、その構造物に木々の影が映り出されることでよりナチュラルな雰囲気を楽しめます。日中とはまた違う魅力を感じることが出来、何度も足を運びたくなるお店に変身しました。

お客様からのお喜びの声はこちらです