Garden-Reform No.002

柴崎様邸

お庭作りが大好きなご夫婦からのご相談です。 道路際の土のスペースにはナスやピーマンなどを栽培しています。 今回のご依頼は建物の南側に残された土のスペースの有効利用です。

施工前の状態Before

Before

隣の家が敷地の境界ギリギリまで建っているため、「日当たりが悪いこと」と「湿気が多いこと」を一番気にされていらっしゃいました。

「花壇や菜園は作れるのかしら・・・」
まずはこの問題をクリアする必要がありました。

また、お庭のスペース自体も幅が狭く、奥に長いため、普通に作ってしまうと使いにくい
お庭になってしまいます。幅が約2.5m、奥行きが9.5mとスペースに限りがあるので、
無駄なデッドスペースは一切残せません。

「敷地を使い切る」発想が必要です。

お客様からのご要望

  • 細長く残されたお庭のスペースを有効活用したい。
  • 日当たりが悪く、一部しか陽が差し込まないので、植物が育つか不安。
  • 周りを建物に囲われているため、ジメジメとしていて雰囲気が悪い。
  • 道路から丸見えなので、庭いじりしている姿が見られてしまう。
  • ガーデンルームは欲しいが、敷地が狭いためちゃんと作れるのか疑問。
そして生まれ変わったお庭がこちら
施工後 After

最大サイズのガーデンルームを設置

手前には最大サイズのガーデンルームを設置。
これは「ハピーナ」という新しい商品で、今までの商品は窓がポリカーボネート(プラスチック)だったのに対し、全面本物のガラスになっています。
窓1枚のサイズも大きく、窓枠が少ないので光を最大限取り入れることができます。
幅が約3.5m、奥行きが約2.6m、広さにして約8畳ありますから、完全に一部屋増築したようなものです。

窓の下に「腰壁(こしかべ)」を新たに設置

室内から見えるガーデンルームのアルミ部分を隠すために、窓の下は「腰壁(こしかべ)」を新たに設置。 正面には室内用のアレンジタイルを貼ってアクセントにしました。 腰壁の上は自然石でちょっとした置き台をつくり、小さなプランターやインテリア用品を飾れるようにしてあります。

古城のようなアンティーク感のある奥のお庭

奥のお庭は、中央に曲線の小道を配し、左右にレンガとピンコロ石を使った3連の花壇と家庭菜園を設けました。
あえて3つに分割したのは、使いやすさへの配慮と、見た目の遊び心を両立するためです。
レンガは高さもランダムにし、古城のようなアンティーク感を感じられるようにしました。

ピンコロ石の家庭菜園は、3つとも色の違う材料を使って作ってあります。
楕円を3連でイレギュラーに組み合わせるちょっと変わったデザインを採用。
作業のしやすさを考慮し、どの角度からでも余すところなく使えるようにしてあります。

お客様からのお喜びの声はこちらです