Garden-Reform No.014

永野様邸

角地に建つ中古住宅をリノベーションした永野様のお宅。お住いに手を加えたことで、お庭に対する気持ちも強くなってきたそうです。以前から想い描いていた「アジアンリゾート」を実現すべく、高台に位置するお庭をプラスGや南国の植栽で彩り、大満足の「プライベートリゾート」が出来上がりました。

施工前の状態Before

地域の決まりごとにより、敷地を仕切るフェンスや壁などは全て透過性のあるものでないといけないのですが、今回のお宅は角地の高台に建つお住いです。仕切りを設けないと道路を挟んだお向かいさんの二階からお庭の様子が丸見え、しかし厚い壁やフェンスは使えない。こんな時にピッタリなアイテムはLIXILのプラスGです。縦桟のタイプを使用し、角度によっては奥が全く見えないフェンスのお陰で、プライバシーも地域のルールも一挙に解決。お庭の内部はバリ風にアレンジし、こだわり抜いたプライベートガーデンが完成しました。

そして生まれ変わったお庭がこちら
施工後 After

穏やかな雰囲気をまとったアジアンエクステリア

広く大きなエクステリアスペースを擁する永野様邸。ブラウンを基調とした擁壁と汎用材で、落ち着きのあるナチュラルモダンエクステリアを造作しました。デザインや植栽のチョイスによって、アジアンな雰囲気漂うエクステリアは、外から眺めても内で過ごしてもそれぞれに違った魅力を感じさせてくれます。
エクステリアのコーナーを凹ませて作った植栽スペースには、ソテツを植えています。南国をイメージさせる植栽があるだけで、リゾート感がワンランクアップしますね。
メインガーデンはタイルデッキと縦桟のフェンス、色鮮やかな植栽に包まれて、まるでリゾートホテルの中庭のようですね。大人数でもゆったりくつろげる大きなガーデンファニチャーや夜を照らすガーデンライト、シンボリックな立水栓など、見どころは満載。ナチュラルモダンを意識しつつもメンテナンスが楽なのも注目ポイントです。

エクステリアの中央に位置するナチュラルモダンアイテムたち

エクステリアの雰囲気をより魅力的にしてくれているのは、空間の中心に位置するアイテムたちです。立水栓は造作した壁と一体化することで、デザイン性と利便性が同時に表現できていますね。壁には目の細かいモザイクタイルとリゾート地を思わせるようなレリーフをプラスし、南国感を感じさせてくれています。
床面と同じタイルで作った台の上には、現地の職人が一つ一つ手作りで掘ったシェードが魅力のガーデンライトを配置。夜のアウトドアリビングに華を添える存在です。
それらを包み込むように植えたドラセナやニューサイランがナチュラルモダンなエクステリアをさらに完成形へと導いてくれます。

プライバシーを保護してくれるプラスG

敷地内のグランドラインは道路よりも2m程高いので、何もしないとちょうどお向かいの家の2階からエクステリアが丸見えです。外からの視線を圧迫感を感じずに上手くカットするアイテム、それがLIXILのプラスGでした。
この変幻自在の汎用材・プラスGは自由にデザインできるアイテムなので、今回は縦桟状のフェンスを作ってエクステリアの要所要所に立てました。縦桟なので圧迫感は感じず、角度によっては奥が見えません。もちろん採光、採風性もあるのでエクステリア内は快適です。背の高いドラセナをプラスGの周囲に植えることで、よりナチュラルモダンな雰囲気になっていますね。

ドラマティックなライティングでアジアンリゾート感アップ

計画的に配置されたライティングのお陰で、夜のエクステリア内の雰囲気はまさにアジアンリゾートそのもの。下からライトアップされた南国の木々にパラソル、ナチュラルモダンな縦桟フェンスと、まさに文字通りの別世界がエクステリアに再現されました。ライトはいずれも暖色系のLEDタイプですので、長寿命でメンテナンス入らずなのも嬉しいですね。

お客様からのお喜びの声はこちらです