No.003
堀様邸

15年ほど前に、新築と同時に作られたエクステリアのリフォームのご依頼です。 今回は敷地に面した「私(わたくし)道」を敷地内に上手に取り込む工事も行います。 どの程度までリフォームする必要があるのか、まずは敷地を拝見しながらお話を詳しくお伺い致しました。

施工前の状態Before

Before
Before

お客様からのご要望

  • アプローチが長く、歩きづらいため、
    間延びせずに見所のあるものにしたい。
  • 中途半端なサイズの駐車場を直して、クルマが3台
    停められるようにしたい。
  • スクエアな建物の外観に合わせて、スッキリとしたデザイン
    エクステリアにしたい。
  • オープンながらも、防犯にも配慮した設計にしたい。

ご要望を踏まえて私たちがご提案したこと

  • 街灯がなく、夜とても暗い
  • アプローチの中に「汚水マス」がいくつも飛び出しており、これを何とかしたい。
  • 道路と敷地に高低差があるため、現在はアプローチに階段があるが、これは解消できるかも。
  • カーポートは「2台+1台」という作りをしているが、柱が真ん中に入ってしまって邪魔なので、3台をまとめて駐車できるようにしてあげたい。
  • 駐車スペースが広く取られるため、どうしてもコンクリートの面積が広くなるので、デザイン的に間延びしないように変化を付けてあげたい。

さて、このケースは「お庭全体のリニューアル」工事です。
建物裏と西側のブロック塀だけを残し、全て新しく設計しなおすことになります。
リフォーム工事を希望されるお客様は、毎日の生活でどこを改善したいのかを明確に感じていらっしゃるので、その点はとても考えやすいですね。

全てのご要望を叶えるプランニングをするには、「部分」より「全体」から入るのが鉄則です。
駐車スペース、アプローチ、テラス、植栽スペースなどの大きなものから順に、敷地内にあてはめていきます。
「ゾーニング」(『ゾーン』に分ける作業)と呼ばれるプロセスですね。

Before
Before

最初のゾーニングはこのような感じになりました。

カースペースを考えるには、どんなクルマを何台とめるのか、 どの順番で停めるのか、一番頻繁に使う車は何か、クルマを買い換える予定はあるか、 スキー等のキャリアを載せる可能性があるか、介護・クルマ椅子を考慮する必要があるか、 ご家族の運転技術はどの程度か、このあたりを全て考慮する必要があります。

Before
Before

次に大きなスペースを占める「アプローチ」 (玄関までの通路)は、距離にして10m以上あるので、間延びしないようなデザインが求められます。

テラスは主に洗濯物を干す場所として使われる予定なので、それに応じた幅と奥行きをまずは確保します。

植栽のスペースはあえて「場所」として確保せず、デッドスペースをうまく利用して 「目隠し」「アイストップ」効果を出せるような配置がベストと判断しました。

そして生まれ変わったお庭がこちら

施工後After

スタイリッシュなデザインのカーポート

全体のイメージは、スクエアな建物に合わせてスタイリッシュですっきりとした雰囲気を醸せるように考えました。 これに最も適したものは、「Mシェード」という特徴的なカーポートです。 これは屋根が「トラス」構造になっており、曲線を廃した都会的なデザインが、今回の建物の外観にとても似合うと思いました。 また、間に柱を入れなくても、クルマ3台分の幅(約8~10m)を取れる特殊な構造を持っているため、今回のケースではベストチョイスになりました。

和室の前は和の雰囲気を取り入れて

計画的なライティング

街灯がないため、夜は歩行に支障をきたすほどの暗さでした。 そこでライティングを計画的に行い、敷地の隅々まで明かりが届くようにしました。 もちろん明るさセンサーによる自動制御ですので、点灯・消灯の手間は全くありません。 ご家族が順次帰宅する夕方には自動的に点灯し、足元を明るく照らします。 電球は全てLEDなので、これだけのライトを設置しても、電気代は全部で月々100円ほど。 LEDは熱を発しないので、夏場に蚊や虫が集まることもありません。

曲線から直線へ変化するアプローチ

当初曲線のアプローチをご希望でしたが、家のデザインが四角いため、 四角い花壇の間を川の流れのような自然な曲線のイメージでアプローチをデザインしました。 アプローチがとても長いので、変化を出すために、玄関に近づくにつれ、 曲線のアプローチが直線に変化するようにデザインしてあります。

カーポートの柱を考慮したデザイン

カーポートの柱がアプローチに2本かかるのですが、最初から柱の位置を決めてアプローチのデザインを構成しました。
柱の位置を前後でずらし、柱は花壇に入れてアプローチを歩く際に邪魔にならないようにしました。
門扉の上に梁があるので立派なゲートのように見えます。

花壇はピンコロ石で構成し、家のイメージを投影しました。
高さに変化をもたせ、単調にならないように構成してあります。
植栽も豊富に入れられるので、四季の変化を楽しめる楽しい花壇になりました。

正面の花壇は「家の顔」になるようにデザイン

道路から一番近い花壇にはオリジナルのアイアンの表札やカーポートの足、背の低いウッドポールなどで複雑に構成しました。 袖壁を2枚で構成し、ウッドポールやカーポートの柱等、全て高さに変化を持たせ立体的でリズミカルな印象になるようにデザインしました。 夜には中央に入れたライトが複雑な表情になるように確信犯的に配置しました。 ここが家の顔になるように一番力を入れてデザインした場所です。

お客様からのお喜びの声はこちらです

完全リニュアルされたお庭に、
ご家族全員にとても喜んでいただきました。
「お庭・敷地をゼロから生まれ変わらせたい」
という方には最適な事例ですね。