No.001
野國様邸

へーベルハウスにてご新築されたお客様の、お庭部分の工事のご依頼です。
北側の道路なので、玄関が北、お庭が南、という配置でした。
南側が道路の敷地だと、お庭が駐車場だけ、というケースもよくありますが、南側に適度にお庭のスペースが確保できたため、 この限られたスペースを有効利用したい、というご希望です。

施工前の状態Before

お庭のサイズは幅約7m、奥行き約4mほど。
決して広いサイズとは言えませんが、作り方によっては十分にいろいろなことが可能なサイズです。

Before
Before

お客様からのご要望

  • お庭に面した部屋が和室なので、和室の雰囲気を取り入れたい。
  • ガーデンルームをつけたい。
  • 風呂の窓から眺めるためのお洒落な庭お洒落な庭にしたい。
    ※そのためにわざと窓を透明にしてある。
  • 周囲の家から見えないように、目隠しをしたプライベートな庭にしたい。
  • お庭を夜眺めることが多いので、明るい庭にしたい。
Before
Before

こちらのお庭は、配置上、外からは建物の脇を通って行くような形になります。
脇道の距離がかなり長いため、水はけのために道に勾配を付けると、手前と奥で30センチほど高くなる計算でした。
今回はガーデンルームも設置するため、それならいっそのことお庭をベースアップしてしまうご提案にしました。

Before
Before

バスルームの窓からお庭を眺めたときに、お庭のレベルが高い方がよりお庭全体を視界に入れることができます。
そのため、手前から奥に向かってタイルの床を階段状に設置し、お庭の広がりを出すと同時にお庭全体が一望できるプランになりました。

そして生まれ変わったお庭がこちら

施工後After

を同時に表現

「和」と「洋」を同時に表現するため、和室から見える部分はモミジやコケ、ビジジャリなどで和のテイストを出し、バスルームの窓から見える部分は、「アジアン」のテイストを全面に出してみました。
和風の庭部分にも違和感なく溶け込む黒の自然石やレンガを多く使い、目隠しにはアイアンウッド(ウリン)をタテ張りとヨコ張りで張り分けて使っています。

和室の前は和の雰囲気を取り入れて
和室の前は和の雰囲気を取り入れて
バスルーム前は「アジアン」 テイストに
バスルーム前は「アジアン」 テイストに

アジアンの融合

ご要望でありました「アジアン」と「和」の融合を考えるのはなかなか大変でした。
和室前のガーデンルームと同じタイルをアジアン部分にも使用し一体感を持たせ、アジアン部分には白タイルの中にウッドのアプローチを和庭まで導きました。そのままの流れで和庭の黒い飛び石レンガにつながるように構成しました。
使用する色の数を限定する事で雰囲気の異なる庭の一体感が生まれ、「アジアン」と「和」の融合が完成しました。

ガーデンアプローチには袖壁を配置

ガーデンアプローチには変化を持たせるために袖壁を配置しました。
アプローチの入り口にある袖壁にはナスカの地上絵のハチドリを入れてみました。
試行錯誤の末、砂を使用して描きました。実は熱帯魚用の底砂を使用しています・・・。

アジアンと和のテイストが分かる植栽選び

植栽でもアジアンと和のテイストが分かるように植物を選びました。
和庭には四季の彩りが感じられるように紅葉するモミジやドウダンツツジを配置、
モミジなどが落葉しても寂しくないように常緑のキンモクセイも配置しました。
秋には香りも感じられます。
アジアンガーデンにはシャープな印象の葉を持った植物を配置しました。

敷地を最大限に使用し、隙のない素敵なガーデンになりました。

こちらのお庭は、見事ガーデンデザイン賞の「シルバーデザイン賞」を獲得しました。