No.007
サンライズマンション

中古マンションを購入されたご夫婦から、お庭の大々的なリフォームのご依頼です。 千葉県のベッドタウンにあるこのマンションですが、現状ではただ住むためだけにある建物、 という印象のこちらを、ただの居住空間ではない帰ってくる場所に作り変えたいというご要望に応え、 抜本的なリガーデンを行いました。

施工前の状態Before

Before
Before

たくさんの方が住んでいるマンションですので、まず第一に考えるべきは 安心感を得られる敷地に作り変えるということです。大小様々なライトを多用することで、 夜でも安心して帰ってこれる空間になりました。高さを変えて配置したライト群のおかげで奥行きを感じられ、 自然石を貼った壁に反射する光は日中以上にゴージャス感を演出しています。

敷地内の違法駐車対策としてカラーコーンを置いていた場所は、花壇へと変貌を遂げて空間に彩りをプラスさせました。 エントランス付近の何もないエリアはベンチと植栽を設け、入居者の方々の新たな楽しみの一部になるような願いを込めてデザインしてあります。 徹底的に美を追求することで、住む人みんなで綺麗に使おう・保っていこうという気持ちを芽生えさせる、そんなコンセプトでプランを練りました。

お客様からのご要望

  • 入居者の皆様が住んでいて嬉しくなるような外観にレベルアップさせたい
  • 入居者以外の外部の人間による違法駐車が目立つので解決したい
  • 夜になると全体的に薄暗いので、暗くなっても安心感を得られるようにしたい
  • 駐車スペースが丸見えなので仕切りが欲しい

そして生まれ変わったお庭がこちら

施工後After

デッドスペースと化していた植栽スペースに命を吹き込み、緑豊かなアイストップへ

芝生や低木は枯れかけ、手入れの施されていなかった三角状の空間は道路側からも目立つので、 立体物と生い茂る緑で生き返らせました。花壇は高低差を生かし、段々畑のように表現。 各所に高木を配置し、スポットライトで夜の演出を狙います。 壁はリズミカルにデザインし、角柱や逆L字のライトで高さの遊びを演出しました。 奥は目隠しの為にクリアマットパネルを用いたスクリーンを立てて空間を仕切り、入居者の皆様のお車を外部の視線からカバーしています。

殺風景な外観に異国情緒溢れる石材をふんだんに盛り込み、リゾートホテル風にリガーデン

まず目に入ってくるのは、見事な乱形石の床面です。熟練の職人による細やかな技術は、 マンションの雰囲気をワンランクアップさせてくれています。 中央に位置するメインとなる壁には石貼りタイルとモザイクタイルでマンションの顔としました。 切り文字タイプのネームプレートを配置し、ライトアップで昼夜問わず空間の主役になっています。 壁の後ろから逆L字の門灯を2_基設置し、印象的なエントランスに。上空や足元にライティングを取り入れることで、 夜でも安心感を得られるデザインにしました。

エントランス周辺を憩いの空間にリメイク、帰るのが楽しみなアプローチに

小さな花壇だったエントランス前の空間は、くつろぎスペースとしてリニューアルさせました。 壁でカバーすることでプライベートな空間を作り、乱形石のベンチの周りは緑が目を楽しませてくれています。 照明を点在させてあるので、夜でも安心なスペースとして利用できますね。 車止めとして設置したのはアライグマの置物です。学校から帰ってくるお子様に特に大人気で、 毎日帰宅するたびにアライグマに挨拶をしてくれているようです。可愛らしい門番として、 マンションに無くてはならない存在となりました。

お客様からのお喜びの声はこちらです

同じマンションとは思えないほど
美しく生まれ変わったマンションは、
「いつまでも眺めていたい」、
そんな気持ちにさせてくれます。