栃木支店 “栃木”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

外構工事・エクステリア工事に「正解」はあるのか???

私は一級建築士として、数々のお客様のお住まいの計画に携わってきました。

そんな私から見て、宇都宮市をはじめとする栃木県内で行われているエクステリア工事は目を疑いたくなるような有り様です。

プロの仕事と思えるようなものは、1000件に1件もありません。

建築のプロとして、このような現状を見過ごす訳にはいきません。

外構工事は、家を新築するタイミングで必ず一緒に行われます。

これがそもそもの間違いなのですが・・・

お客様は新築計画で頭も時間も手一杯ですから、外構工事のことまで気の周る人はほとんどいません。

大半はハウスメーカーや工務店の言うがまま、内容の確認すら曖昧なままで外構工事を行うことになります。

「住宅のプロであるハウスメーカーが作るんだから間違いないだろう。」

そんな判断でしょう。

しかし、間違いの90%はここで起こります。

ハウスメーカーに、その家にピッタリな外構工事を提案するノウハウや人材など存在しないのです。

営業担当に聞いてもらえばすぐにわかりますが、外構工事はそもそも社内で行いません。

「外注」です。つまり、別の会社に「丸投げ」する訳です。

契約書としては「〇〇ホーム」「〇〇ハウス」と入りますが、あくまでもそれは契約書の上でのこと。

ほんとうに外構のプランを考えたり工事を行うのは、全く別の会社なのです。

親会社からの「紹介」で工事を行う下請け会社は、当然親会社にマージンを支払います。

ハウスメーカーは家そのもので資金を使い切るような提案をしますから、外構工事にまわせる費用はわずかなもの。

その上マージンを支払ったのでは、まともな工事になる訳がないのです。

これが新築時における外構工事の実態です。

●家はすごく立派なのに、コンクリートむき出しの駐車場しかないお宅。

●敷地のほとんどが土のままで残されてしまったお宅。

●道路からリビングの中が丸見えのお宅。

こんなことにならないようにするには、あなたが正しい知識を得るしかありません。

私が考える、正しい外構工事、正しいエクステリアの基準は以下の4点をふまえたものです。

【1】機能性。

「使いやすいかどうか」は非常に重要なポイントです。クルマが出し入れしやすい。歩きやすい。住みやすい。ストレスの無いエクステリア計画は何よりも優先されるべきポイントです。

【2】親和性。

建物との調和が取れていると、住宅そのものが圧倒的に良く見えます。住宅が身体だとすれば、エクステリアは服です。カラダにピッタリ合う服を着れば、おのずと親和性は高くなります。

【3】普遍性。

デザイン性を謳う会社ほど、陳腐なデザインを提案する傾向にあると私は思っています。

その時々の流行で、色使いや線の描き方に大きな違いがありますが、
そういう観点でエクステリアを設計すると、時代の流れに合わないものになります。

【4】オリジナリティー。

親和性と普遍性を優先させた場合、デザインが陳腐でオリジナリティーに欠けるものになることが多々あります。

これはデザイナーの経験値と引き出しの数による問題です。

結論を言いましょう。

エクステリア工事・外構工事に「正解」はあります。

価格やデザイン、プランを検討する前に、上記4点を踏まえたエクステリアを作るにはどうすればいいのか?

宇都宮、栃木という土地でも最高のエクステリア・外構を作ることは可能なのか?

こちらの冊子に全て書いてあります。

数量限定ですのでお早めにご請求下さい。

店舗案内・施工可能エリア 栃木支店

所在地 栃木県佐野市
責任者(店長) 皆川 裕
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア

【施工可能地域】
栃木県宇都宮市・佐野市・栃木市・壬生町・小山市・上三川町・下野市
茨城県古河市・五霞町・堺町
群馬県館林市・板倉町・明和町

【要相談地域】
栃木県鹿沼市・真岡市
茨城県結城市
群馬県太田市・大泉町・邑楽町

  • 施工可能エリア
  • 要相談地域

スタッフ紹介 栃木支店

ガーデンコンサルタント

皆川 裕の似顔絵

皆川 裕 (みながわ ゆたか)

生年月日 1973年6月11日
出身 東京都
血液型 AB型
家族構成 妻、長男、次男
  • ■ 自己紹介

    生まれも育ちも東京ですが、現在は茨城県古河市に家族4人で暮らしています。
    2人の子供はサッカーのクラブチームに所属。学校以外の時間はサッカー三昧で、私の休日も練習や試合の送迎で終わってしまうほどです。
  • ■ スポーツ

    私自身サッカーの経験はありませんが、小さい頃からスポーツは大好きで、小学校では柔道、中学では器械体操、高校ではラグビーと、様々なスポーツに挑戦しました。
    (3種目とも、今は怪我が怖くてやっていませんが・・・)
  • ■ 学生時代

    学生時代はツーリングにはまっていました。オートバイにテントと寝袋を積んで
    北海道の雄大な自然を見て回ることや、旅先での様々な出会いがとても楽しく、
    やみつきになりました。
    中でも一番の思い出はオーストラリアでのキャンプツーリング。メルボルンから
    エアーズロックまで往復6,000km、砂漠の中の一本道をひたすら走り続けたことや、満天の星空の下でキャンプをしたことなど、今でも鮮明に覚えています。
  • ■ 趣味

    運動不足解消にと、妻のすすめでサーフィンを始めたのが36歳。始めて経験した
    その日から魅力にとりつかれてしまい、翌日には用具一式を購入したほどです。
    大洗や鹿島近辺の海でやることがほとんどですが、いつか海外の海でも挑戦して
    みたいと思っています。
    仕事の関係で半ば強制的に始めたゴルフも、回数を重ねるうちに自らすすんで
    行くようになりました。とはいえスコアは良くならず・・・。
    コンスタントに100を切れるようになるには、まだまだかかりそうです。
    料理はあまりしませんが、なぜか中華料理だけは得意で、キッチンには私専用の
    中華鍋とお玉があります。特にエビチリは家族に好評で、よく子供達からリクエストされます。
  • ■ 仕事

    ハウスメーカーでの営業職を10年間経験後、営業指導や販売支援のコンサルタントに従事。仕事を通じて、たくさんの方々のお住まいづくりに関わってきました。
    「お客様のご期待に応えることだけに留まらず、ご期待を超えるサービスを提供できてこそプロフェッショナルである」という信念のもと、よりよいサービスの提供に向け、日々邁進してまいります。

ガーデンコンサルタント

小野 裕美の似顔絵

小野 裕美 (おの ひろみ)

生年月日 2月20日
出身 福島県
血液型 O型
家族構成 夫、長女、次女、母、猫
  • ■ 自己紹介

    福島県いわき市の農家の長女として生まれました。
    小さい頃から家の中よりも外遊びの方が好きな子供で
    畑や田んぼ・川・山が遊び場です。
    畑では泥んこ遊び、田んぼでは刈り終わった藁を基地にして
    遊び、川で泳ぎ、山では化石採掘(笑)
    近所の同級生のお母さんに家が泥だらけになると
    出入り禁止を言い渡されたほど(笑)
    男の子と遊ぶことが多かったです。

    外で遊べない日は家の間取り図を書いたり、
    迷路を書いたりしてました。こんな家に住みたいな~と
    15LLLDDKぐらいの間取りを書いた記憶があります(笑)
    今思うと設計するというのがこの頃から好きだったのかも
    しれません。(ちなみに叔父二人は元建築士。後から知ったのですが
    父も建築士になりたかったらしいです)
  • ■ 趣味

    昔趣味だった音楽を、最近また始めました。

    活動の場は2つあり、
    1つ目のバンドは、j-pop中心で年数回ライブイベントなどに
    出演したりしています。

    2つ目は、月に一度二度、老人ホームなどの
    施設でボランティアで歌う慰問バンドです。
    1960年代中心の曲を歌っています。
    おじいさん・おばあさんが笑顔になることにやりがいを感じます。
    また、高校生の時にやっていたクラリネットで
    ジャズにも挑戦中です。意外とおじいさん・おばあさんに受けるんです(笑)
  • ■ 家族サービス

    仲良しママ友の影響で数年前からキャンプを始めました。
    毎年1回から2回はキャンプに行っています。
    キャビンやログハウスではなくテントを張る本格的なキャンプです。
    自然を直に感じながら過ごす時間は最高です。
    子供のために始めたキャンプでしたが、
    今は煮込み料理やオーブン料理など凝った料理に挑戦しはじめ、
    大人の方がはまってしまっています(笑)
  • ■ エクステリアへの思い

    20代後半にベランダガーデニングにはまり、
    30代に家を建て庭を作りました。
    でもその頃はエクステリアそのものの存在を知らず、
    外構工事も業者任せにしてしまい後から後悔することに。
    そんな頃、偶然エクステリア業界に入るきっかけに恵まれ、
    エクステリアの奥の深さに一気にはまってしまい、
    気づくと10年経ってしまいました。

    途中、東日本大震災という想像外の大変な出来事がありましたが、
    今まで沢山のお客様と出会えたことが私の大切な財産となっています。
    庭を造るということはスーパーでお買い物するような単純なことではありません。
    10年・20年・・と使う空間です。しかも毎日。
    私の使命は今まで培ったノウハウを最大限に生かし、
    お客様と一緒に形にしていくことだと思っています。

    私のようにハウスメーカー任せ・人任せにして後悔し、
    庭を造り直すお客様を沢山見てきました。
    ですので家を建てる前から是非お庭のことも考えてご相談頂きたいです。

    『お願いして本当によかった。』という
    最高のお言葉をもらえるよう、私自身これからも
    視野を広く持ち、日々勉強・研究しお客様へ還元してまいります!