新築エクステリア工事施工事例集

プライベートな空間に心地よい開放感を生むモダンエクステリア~高草木様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

直線的なエクステリアに柔らかさをプラス

高草木様邸のお住まいは直線的でスタイリッシュな印象を抱かせるお住まいです。スクエアなデザインのお住まいに合わせたエクステリアは曲線を極力使わず、直線を意識したデザインでつくりあげました。しかし気を付けないと直線的なエクステリアは単調になってしまったり、どこか冷たい印象を与えてしまうことがあります。そのため、ファサードのデザインウォールは手前と奥で色を変え、コントラストによる変化を楽しめるようにしています。またデザインウォールは高さを変え、空間にリズムを付けています。さらに木目調の角柱を絡めることで適度な抜けをつくり、圧迫感を軽減。手前の白いデザインウォールは一番最初に視界に入るので、天然石を思わせるタイルを貼り、デザインに変化を付けると共に、天然石のような温かみを再現しました。タイルを貼ったデザインウォールはお住まいの外壁のデザインともマッチし、優雅な雰囲気を演出します。デザインウォールの前には植栽のためのスペースを設け、青々とした葉によって直線的なデザインの中にも柔らかさを感じられるようにしました。また高さがある植栽はお住まいの魅力をさらに引き出してくれます。

DESIGN POINT 2

耐圧タイルでつくるアプローチでお住まいとの一体感を演出

玄関へと向かうアプローチは玄関ドアや外壁とグラデーションになるよう落ち着いたトーンのタイルでシックなファサードに仕上げました。そのアプローチに繋がるよう駐車スペースをデザイン。アプローチと駐車スペースがひとつになるようにすることでお住まいとのバランスが取れて、一体感が生まれます。しかし通常のタイルでは車の荷重に耐えることができません。そこでアプローチと駐車スペースには耐圧タイルという通常のタイルよりも厚みのあるタイルを使用しました。耐圧タイルならタイルの高い意匠性はそのままに、お車の出入りにも耐えることができます。また耐圧タイルの間にはアクセントとなる天然石をボーダー状に貼り、エレガントな雰囲気をプラスしました。

DESIGN POINT 3

開放感が感じられるプライベートガーデン

ガーデンスペースはプライベートな空間ですが、開放感を感じられるようフェンスは板材の隙間を大きくしました。そうすることで風や光も取り込むことができ、明るく心地良いガーデンスペースになります。またフェンスの板材の隙間を大きく開けることは他にもメリットがあります。それは死角をなくせるというメリットです。不審者は人目に付くことを嫌がりますので、あえて見せることは防犯対策としても有効です。
とはいえ、リビングなどリラックスする場所はプライバシーを保護する必要がありますね。そのため、高草木様邸ではリビングの前にデザインウォールを造作。またリビングからの眺めを考え、デザインウォールの内側はデザインタイルのラインと植栽で変化に富んだ景観をつくりました。シンメトリーな花壇がモダンな雰囲気を高めてくれます。形や色が異なる様々な植栽は見ていて飽きることがありません。窓から眺める景色に自然を感じることができます。さらにデザインウォールの手前にはグランドライトが設置されているので、夜になるとライトの光が壁面に伸び、植栽の影が踊ります。またガラスブロックからは柔らかな光が漏れ出し、高草木様邸の前を通る方も幻想的な景色を楽しむことができるでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

新築外構をどうするか悩んでいましたが、癒樹工房さんの初回訪問の際に、その場で我々の意図をよく汲んだプランが提示され、お願いすることにしました。契約後は綿密な打ち合わせをして頂き、決められた予算の中でより具体化されていき、大変楽しみにしていました。職人さんのトラブルや悪天候もあり、完成は遅れてしまったのは残念でしたが、できあがった外構は大変素晴らしく、お願いしてよかったと思います。特に風呂の外の坪庭は我々のイメージ通りかそれ以上の出来で大変満足しています。ありがとうございました。
高草木 陽介