横浜南支店 “横浜”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

なぜ、どれだけ検索しても「これだ!」という外構&エクステリア工事店が見つからないのか???

癒樹工房・横浜南支店の原田です。

エクステリアとインテリアは対義語の関係にあります。インテリアが家具や調度品、カーテンなど室内のもの全てを指すのに対して、エクステリアは、門柱や塀・車庫・表札から郵便受けまで、家の外側に存在するもの全てを指します。

最近よく見かけるようになった、ガーデンルームはもちろん、サンルーム・カーポートのような大型なものサイクルポート・インターホンなどの小さなものにいたるまで、また、坪庭や植木・芝生などの緑もエクステリア(外構工事)の一部です。

当店では、お一人お一人のお客様に出来るだけ多くの時間と力を注ぎたいというスタンスを貫き通し、下請け工事を一切行わず最初から最後まで自社スタッフでお客様に対応しております。ご相談、プランニングに始まり、毎日の現場での施工管理を経てそして、お客様のご満足の声をお聞きする完了日まで誠心誠意お客様とともに進んでいく、この当店のスタイルには多くのお客様のご賛同をいただき「エクステリア・外構工事の専門店」として10年以上になりました。有り難いことに「一番予約の取れないお店」という名称もいただいております。

エクステリア(外構工事)は、実は住宅建設工事以上と言っても過言ではないぐらいに奥が深く難しいものなのです。なぜなら、エクステリア(外構工事)のデザイン・設計は100人のお客様がいれば100通りのプランが生まれます。お客様の好みが人それぞれ違うように十人十色、そしてそのプランに、お客様のエクステリア(外構工事)に対するご希望や家族構成までが加味されるのですから、簡単なわけがないのです。ですから、最初のプランニングをないがしろにすると、工事終了後に不満が生じることになりかねません。

・デザインはとても気に入っているのに、残念なのは車庫入れがとてもしにくいこと。

・物置と防草シートを設置し忘れた。家の外観と門扉からのアプローチの調和がとれていない。

・動線は使いやすいけれど、テラスと花壇のデザインが横浜らしくなくて気に入らない。

・エトセトラ。

これらのご不満の大きな原因はプランニングの段階で
お客様のコンセプトがまとめきれていないことにあります。

多くの時間とお金をかけてこんなにご不満が生まれるとしたら工事をした意味がありません。

とりあえず要望を聞いて設計しただけのプランではお客様にご満足いただけるだけのエクステリア(外構工事)が出来るはずがありません。

一番重要なことは「お客様の要望を叶えるデザイン」ではなく、「お客様の想いを汲み取ったデザイン」をいかにエクステリア(外構工事)に反映させ施工するかだと考えています。そして、エクステリア(外構工事)には、お客様の生活スタイルや敷地状況、周辺道路やお庭の方角など、様々な要因が複雑に影響し合っていっそう難しいものとなりますが、横浜南支店は求められている深い知識と多くの経験を持っています。

横浜といえば日本中の人々が華やかで洗練されたイメージを思い浮かべ、淡い憧れに似た感情を抱くのではないでしょうか。横浜には、景色の美しい公園や観光名地などがたくさんあります。そんな美しく魅力的な横浜の景観に合ったエクステリア(外構工事)が施工できたらとエクステリアプランナーとしての夢も膨らみます。

私たちにご相談をいただいた場合、お客様の好みやご意向を十分にお聞きしていきます。それが、工事終了後のお客様のご不満をなくすのに一番必要なことだと考えているからです。ですから、お客様の思いを汲み取るために多くの時間を費やし、横浜南支店は最初のお打ち合わせで最低でも1時間半以上のお時間を頂戴します。各々のお客様にご満足いただけ、且つそれぞれに最適なデザインをプランニングするのには多くの時間が必要だということをご理解いただけるとうれしいです。


横浜南支店では、独自で編纂した冊子「間違いだらけの外構工事」を無料で配布しています。工事のご相談やご依頼をする前にぜひご覧ください。数量限定ですのでお早めにどうぞ。

店舗案内・施工可能エリア 癒樹工房 (ゆうきこうぼう) | 横浜南支店

所在地 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台3-3-12
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア

【施工可能地域】
青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区・藤沢区・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市・茅ヶ崎市・平塚市・大磯町・海老名市・寒川町・綾瀬市・大和市・川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・野木町

  • 施工可能エリア
  • 要相談地域

スタッフ紹介 横浜南支店

ガーデンコンサルタント

の似顔絵

(はらだ れいこ)

出身 兵庫県
血液型 O型
家族 夫、ラブラドールレトリバーBob(ボブ)
  • ■ 「きっかけ」

    エクステリアデザイナーになったきっかけは、主人の両親と二世帯住宅で
    暮らし始めて庭を任されたことからです。
    木を植えたりハーブを育てたり、自己流のガーデニングを楽しんでいましたが、
    本格的な知識を学びたくて、
    「町田ひろ子アカデミー ガーデンプランナー科」に入学しました。
    そして、学校卒業と同時に応募したガーデンデザインコンテストに入選し、
    デザインした通りの庭を会場に作り上げました。
    エクステリアデザイナーとしての初めての庭づくりでした。
  • ■ 「私の事」

    父の会社の関係で日本各地を転々。小学校2年生からは海も山も近い
    山口県に住んでいたことで素潜りや木登りが得意になり、
    日本海でウニを取り、柿の木に登ってはてっぺんから落ちて大切な顔に傷を付けたりと、
    好奇心旺盛なお転婆娘に成長しました。
    中学高校大学はテニス部で一年中真っ黒。大学時代に付いたあだ名は「マッスル」。
    今でも強力な力こぶは健在で、意外に力仕事が多いこの業界でも生きて行けております。
  • ■ 「好きな事」

    ・庭の土をさらさらふわふわの栄養たっぷりに改良することが大好き。
    始めたらご飯も食べずに夜までやっています。
    花苗を植え付けるまでの下準備は大切ですから。
    ・ヨガも好きで、寝る前の20分間ストレッチで全てが
    リセットされ朝の目覚めは最高です。
    ただ初めて3年になりますが未だに片足で1分間立てません。
    平衡感覚が壊れているようです。
  • ■ 「休日の過ごし方」

    ディズニーシーと宝塚が大好き。ディズニーシーは春に
    ガーデンツアーが有る事を知っていますか?
    会場内の樹木やハーブガーデンを見て廻るツアーですが奥が深い!
    剪定の仕方、花の選別、プロの仕事です。
    宝塚は別世界にはまってしまった。リフレッシュ出来ますよ~。
    また、季節の良い日は炭を起こして庭でこじんまりBBQをしています。
    炭で焼く焼き鳥と野菜は最高に美味しいです。
    キャンプ道具も全て持っていますが、熊が怖くて未だデビュー出来ません・・・。
  • ■ 「プランについて」

    私のライフスタイルの中には花や木が常に存在しています。
    リビングの少しのスペースにも観葉植物を置き、
    庭のバラやハープを摘んではキッチンや化粧台に飾ります。
    グリーンがそばに有ると心も身体もリフレッシュされますよね。
    そこで、プランを作るにあたって心掛けている事は、
    ライフスタイルに合ったご提案をすると言うことです。
    どこよりもお家がいいな!と思えるような素敵なプランをご提案致します。
    沢山おしゃべりしましょうね。

ガーデンコンサルタント

の似顔絵

(ふくち もとき)

生年月日 1978年1月15日
出身 埼玉県所沢市
血液型 O型
家族 妻、長男、長女、次男、犬
  • ■ 自己紹介

    元々私はエクステリアの工事を請け負う職人で、20年屋外の現場で様々な庭を作ってきました。それこそエンドユーザーこだわりの庭園から、原価が厳しく管理されたハウスメーカーのエクステリアまで多岐にわたります。最近は建売住宅の庭をメインに手がける職人が多く、私もそんな現場をこなす度に「その家に住む人の表情」が見えないことに疑問を感じていました。自分が手がけた庭は誰かを笑顔にできているのだろうか、と。
    そんな気持ちで日々の仕事を納めていた時に出会ったのが癒樹工房でした。ひとつの現場をこれだけ心血を注いで作るのか、と思うほどお客様の立場、今後のガーデンライフを考えて仕事にあたる彼らを見て、庭をこの手で作る者として身が引き締まる思いでした。
    以後、癒樹工房で数多くの現場を納め、たくさんのお客様の笑顔を見てきました。厳格な納期や原価管理も仕事を進める上で必要不可欠なことですが、最も大切にするべきはお客様の気持ちだと今は強く思います。
  • ■ 好きなもの

    最近新たに犬を家族に迎えて、一気に動物が好きになりました。もう子供達も大きいので自分が帰ってきてもわざわざ出迎えることなんてないんですが、自分が帰ってきた途端大喜びで玄関まで走ってくる様子を見ると、犬を飼ってよかったなって本当に思います^^
  • ■ エクステリアについて

    実際の現場では、常に完璧な状態では進みません。天気が優れない、材料が期日までに揃わない、時間が足りない・・・ひとつの不安要素もなく進められる仕事はありませんでした。ただ、あれがないから出来なかった、これが駄目だから上手くいかなかった、では信頼して仕事を任せてくれたプランナーや、なによりお客様に申し訳が立たない。今ある環境でどうすればベストなものを提供できるか、常に考えながら仕事を納めてきました。不安は尽きませんが、その不安を抱えてきたからこそ良いものを造作できてきたと思っています。
    今は現場管理の責任者として、職人時代に培った知識と技術をもとに各現場が正しく進んでいるか、最高のクオリティの庭を提供できるかを意識しながら日々の仕事をこなしています。