Garden Channel

温かな色調のエクステリア!

エクステリア全体を温かな淡い色合にして優しい雰囲気にすることも可能です。ファサ-ドのデザインウォ-ルやアプロ-チ、花壇などを暖色系の色調の素材で設えナチュラル感を高めることもできますね。
天然芝や人工芝などを敷き詰めて季節の花々などを植えるとナチュラルな空間となります。そのような温かな色調の素的なエクステリアの施工例をご紹介します。

 

やさしく淡いカラーが素敵なデザインウォ-ル!

ピンクべ-ジュ系のやさしい淡い色合のデザインウォ-ルで優しい雰囲気のファサ-ドにした藤井様邸のご紹介です♪
建物のウッド調に合わせてデザインウォ-ルの横のポールやポストなどにも木調のアイテムを配置しています。

アプローチ部分にも枕木を配置しウッド調の統一感を出しています。デザインウォ-ルの足元には、さまざまなカラフルな花々や下草などでナチュラルな雰囲気となっています。ネ-ムプレ-トをガラスの素材で設えクリアでモダンに設えました。
淡い色合の中で門扉やポストをダ-ク系のアイテムで揃えファサ-ドを引き締める効果となっていますね。

アイアン製の門扉を抜けるとグランドピアノを模したデザインのアール状のアプローチが続いています。擬木の枕木とピンコロ石とで設えたアプロ-チがリズミカルな雰囲気ですね。擬木の枕木は、コンクリート製ですので腐食や劣化の心配もなくメンテナンスの心配も少ないものです。


プライベ-トガ-デンには、広々としたお子様の遊び場ともなっているアスレチックの空間を設えました。擬木の切り株状のものを配置し床面には、人工芝を敷き詰めています。下地処理に砕石や川砂などを重ねその上に人工芝を敷いていますのでお子様が転んでも安心なものです。
また人工木のウッドデッキを設えており遊んだ後にゆったりと寛げる空間となっています。

プライベ-トガ-デンのコーナー部分には、お子様が遊べるようにピンコロ石で囲った砂場を配置しています。まだ幼いお子様ですので、一緒に遊べる場があることで戸外でもしっかりと遊ぶ時間を取ることができますね。
砂場のすぐ近くにパンのしっかりとしたオリジナルの立水栓がありますので、遊んだ後に砂を洗い流したりガ-デニングの際の手洗いや水遣りをしたりするのにも便利です。砂場のそばの花壇には、さまざまな花や植栽を植えることで明るい雰囲気のお庭にもなりますね。

 

自然石のデザインウォールでラグジュアリ-に!

やさしい色合のデザインウォールをイエロ-系の乱形石とピンクべ-ジュの塗り壁で設えた内松様邸のご紹介です♪
西洋風の様々なアイテムで飾られたデザインウォールは、ファサ-ドのフォ-カルポイントともなっています。

デザインウォールには、オレンジの陶器風のポストや素敵なフォントのロートアイアン製のネ-ムプレ-トなどが配置され洋風の同色調の瓦を笠木に置いていますので統一感があります。
またデザインウォールのすその部分には、乱形石を貼りアクセントとしています。またその前面にコンパクトな花壇を配置し鮮やかな花々や下草などでナチュラル感を出しています。
淡い雰囲気のデザインウォールの隣にブラックのアイアン製のフェンスを設置することで引き締まったファサ-ドとなりました。フェンスには、隙間があり奥が見えますので奥行きを感じることができますね。
駐車場にもアプロ-チ部分と同様の乱形石を配置していますが、南米産のイエロー系の色鮮やかなもので明るい雰囲気を演出できますね。駐車部分には、ラインをピンコロ石で配置し割れ防止のためにコンクリート部分をいくつかに分割しています。それがデザインとなりモダンな印象の駐車場となりました。

プライベ-トガ-デンには、べ-ジュとオレンジ系のタイルでテラスを設えています。やさしい色合で明るい雰囲気ですね。
ア-ルのフロアービーズのステップ部分と直線的なタイルテラスでデザイン的にも変化がありその周りを花壇や人工芝を敷き詰めることでナチュラルな空間となっています。
リビングからもタイルテラスがフラットに移動できますので気軽に外でガ-デニングなどの時間を楽しむことができますね。

 

キュ-トなデザインウォールで明るく!

ホワイトのデザインウォールには、温かなオレンジ系のポストやイエロ-系の乱形石などでキュ-トな雰囲気のファサ-ドにした阿部様邸のご紹介です♪
またリーフ型のロートアイアン製の門灯は、ナチュラルなデザインでネ-ムプレ-トとの統一感がありますね。

広いファサ-ドには、グリ-ンの色が鮮やかな人工芝のスペースがありオレンジ系の様々なアイテムとの色合が素敵ですね。
人工芝は、下地処理をしっかりとできていますので、お子様が転んでも痛くなく安心して遊ぶことができます。また雑草の心配もなくメンテナンスフリ-なのでうれしいですね。
芝生のスペースとアプローチとの間にウッドポールを設置し空間を区切っていますので、ゆったりと過ごすことができます。ウッドポールと同じ汎用材で立水栓を設置し水受けには、花壇と同じレンガを使用していますので統一感があります。

夜間になるとエントランスでは、シンボルツリ-の足元にアッパーライトを配置していますので、風にゆれる葉陰などが壁面に写し出され幻想的な雰囲気となります。
またポストやネ-ムプレ-トがデザインウォ-ルの白い壁に浮かび上がりアプロ-チを歩いて進む時の道しるべ的な役割ともなっています。
昼間とは異なる魅力的なエクステリアとなりました。

 

ホームページには他にも素敵なさまざまなエクステリアの施工例がございますので、是非参考にしてくださいね☆
☆エクステリア・外構工事のプロショップ☆~毎月5件だけのプレミアムガーデン~癒樹工房(ゆうきこうぼう)