Garden Channel

憩いのプライベートスペ-スを壁で!

家族の憩いのスペ-スをお庭に持ちたいと思った時に気になるのが道路やお隣などからの視線です。そのような気になる視線をカットしてくれるのが様々な壁です。角地などでは、2方向から視線に晒されることがありますがデザインウォールなどで視線などをカットすることが可能です。
リビングなどの窓を全開にしても壁があると視線を気にする必要がなくなりゆったりとした時間を過ごすことができますよ。
そのような憩いのプラベ-トスペ-スを壁で設えた施工例をご紹介します。

 

欧風の壁で道路からの視線をカット!

ホワイト系の建物に合わせて真っ白な外壁を設え気になる道路などからの視線をカットした鈴木様邸のご紹介です♪
内側の壁には、アンティークレンガを配置し優しいべ-ジュ系の色合が魅力的ですね。また床面のナチュラルなオレンジ系の濃淡が美しい乱形石とも良くマッチしています。

リビングから見えるランダムなアイテムの色調が楽しいエクステリアとなりました。また壁には、黒のロートアイアン製のアイテムが配置されています。シックで高級感のある飾り棚や外灯なども憩いの場所に華やかさをもたらしていますね。
直線と曲線を壁にデザインして造作していますので、軽やかな雰囲気の中にも意匠性の高さが感じられます。道路などからの視線を気にすることなく美しい白壁に守られて家族などとの憩いの一時を楽しむことができますね。

 

角地に素敵な壁で安らぎのクローズエクステリアに!

安定感のあるデザインウォールで角地の2方向からの視線などから守られた安らぎの空間を設えた土野様邸のご紹介です♪
高さを確保したホワイト系の壁で圧迫感を感じさせないクローズエクステリアとなりましたね。

メインスペースである主庭には、デッキを淡いべ-ジュ系の大判タイルで設え清潔感を保ちながら管理もしやすいものとなっています。またリビングの窓を全開にしても道路などからの視線が気にならないのがうれしいですね。
以前のお住いから移したシンボルツリ-のカエデを見ながらゆったりとした憩いの時間を持つことができます。白い壁やタイルデッキが土の面で汚れないように化粧砂利を植栽スペースに敷き詰めており雨の日なども安心です。ローメンテナンスで美しさをしっかりとキープできるのがうれしい空間となりました。

木目調のゲート門とホワイト系の塗り壁でファサ-ドをシンプルモダンなデザインとしています。口金式ポストや表札などは、壁にマッチしたステンレスシルバーのスタイリッシュなものを設置しています。ブラック系のタイルで壁と対象的に配置された床面には、スロープを緩やかなに造作しており子供や高齢者の家族にも安心のアプローチとなりました。

 

個性的な素敵な壁で主庭を囲ったエクステリア!

通りからの視線をカットできるようにスクリーンブロックを使用し個性的な壁にした大場様邸のご紹介です♪
プライバシーと壁による圧迫感などを一挙に解決して、素敵な空間のあるエクステリアとなりましたね。

メインの中庭は、道路からかなり近い距離にありますので視線をカットできる物が必要でした。高い壁やフェンスの場合には、視線をカットできても採光性や採風性に問題が起こり圧迫感などをどうしても感じることになります。
その点で程よく隠せるスクリーンブロックを積み上げるというアイデアが採用されました。個性的で素敵な壁からは、光や風が通りますので開放感も感じることができます。

床面は、木目調のタイルでデッキにしリビングルームからもフラットに出入りができる安らぎのプライベ-ト空間となりました。
デッキの上には、テラス屋根を設置していますので洗濯物を干している時に雨に降られても安心でき機能的ですね。

内庭が狭くならないようにデザインウォールなどをセットバックし道路の境界線から少し奥に造作しています。その空いた場所にテラス屋根の柱を配置しましたので、タイルデッキの場所にはみ出さずより広く内庭を使用することができるようになりました。
また花壇状にピンコロ石で囲い植栽を植えて化粧砂利で覆いましたので、季節の花々でファサ-ド部分も華やかな印象となりました。

 

べ-ジュ系の優しい色調の壁でクローズエクステリアに!

外からの視線をまったく気にかけずに過ごせる優しいべ-ジュ系の壁で包まれたエクステリアを設えた小宮山様邸のご紹介です♪
床面のホワイトのタイルデッキと淡い色の壁とがマッチしエクステリアに高級感を出すとともに統一感も高めていますね。

タイルデッキと壁の間の土の面には、雨が浸透するように化粧砂利を敷いていますので見た目も素敵で雨の日に泥が跳ねて壁を汚すこともなく綺麗に保つことができますね。庭のコーナー部分は、芝生を敷いていますのでタイルデッキが汚れることもありません。

デザインウォールや壁は、何枚も重ねてあるようにデザインしていますので圧迫感をあまり感じることがありません。また壁と壁の間には、強度を持たせるように目立たない控壁を造作しています。そのために壁同士が互いに支え合うような設計となっています。
敷地の内部だけでなく外側も楽しめるように、植栽スペースを壁の外側に設えています。壁の外側のシンボルツリーの高木を落葉樹にしましたので、四季ごとに違った表情を楽しむことができますね。またその足元には、下草を植えており雨の時に道路などに土が流れるという不安がなくなりました。機能面での安心感と様々なアイテムの一体感を感じることができるクローズエクステリアになりました。

このように敷地をぐるりと囲い様々な場所からの視線をカットしてクローズタイプのエクステリアにすることが可能です。フェンスなどでも適しているのですが、どうしても隙間などからの視線が気になる場合には、壁で覆うことをおすすめします。壁の内部には、レンガやタイル、ガラスブロックなどを配置することで変化を楽しむことができ開放感にもつながります。また様々な植栽を配置することでナチュラルな空間にすることもできます。

ホームページには他にもさまざまなプライベ-ト空間を造る壁の施工例がございますので、是非参考にしてくださいね☆

☆エクステリア・外構工事のプロショップ☆~毎月5件だけのプレミアムガーデン~癒樹工房(ゆうきこうぼう)