埼玉支店 “埼玉”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

埼玉店・店長の杉崎です。

エクステリアというものは、とても分かりにくい商品の一つです。

「どのくらいの費用がかかるんだろう?」
「どういう風に作れば、暮らしやすくて素敵なエクステリアになるんだろう?」
「みんな、工事を頼むお店をどうやって選んでいるんだろう?」
「何からはじめたらいいんだろう?」

このホームページをご覧になっているということは、あなたはエクステリアもしくはエクステリアの計画そのものに不安・不安をお持ちのことと思います。

当店にご相談にみえる多くのお客さまに共通する不満があります。

「住宅会社(もしくはホームセンター、または近くのエクステリアショップ)で何度提案してもらっても、自分たちの思い通りのものが出てこない」

というものです。

「~エクステリア」「~外構」という、「エクステリア専門店」を掲げるお店でさえも、お客様がそのような不満を持ってしまうことは多々あります。

ここに、エクステリア作りの一番の難しさがあります。

「どこにエクステリア工事を頼んだら、価格を含めた自分の理想が100%満たされるのか」

この問い掛けに答えることの出来る「エクステリア専門店」があまりにも少ないためです。

私たちは、そんな「理想的な」エクステリアショップを作りたい、という思いで、10年前にオープン致しました。

以来、本物を求めるお客様、本当の満足を求めるお客様の支持をいただき、おかげさまで、さいたまで最も予約の取れないエクステリア工事専門店になることが出来ました。

エクステリア工事で失敗しないためには、絶対に押さえるべきいくつかのポイントがあります。

初めて工事される方は、もちろん一つも知らないことばかりでしょう。

「家は3回建てて初めて満足なものができる」といいますが、家はもちろん、
エクステリア工事だって3回も作り直せる方はまれです。

ほとんどの方にとっては「初体験」でありながら、失敗すると作り直すのが
とても困難なのが「エクステリア」なのです。

だから、「最初で最後」という思いで、出来るだけ時間をかけて
検討してから工事に入るべきです。

「外構工事はまだやるな!」

と、ちょっと刺激的な言葉で注意を促しているのはそのためです。

もちろん、住みながらエクステリアに手を加え、作り足していくという方もたくさんいらっしゃいます。

それも、スタートのときの設計が、将来の変化に対応できるようになっていればこそ、可能なことです。

なんの計画性もないままに「とりあえず」という気持ちで最初のエクステリアを作ってしまえば、二期工事の際にどこかを壊さなくてはならなくなります。

またその都度デタラメに手を加えてしまうため、どんどん統一感のない、
「つぎはぎ」なお住まいになってしまいます。

入居が迫っている・・・
ポストが付いていない・・・
駐車場が土のまま・・・

すぐにでも何とかしたい、というお気持ちはよく分かります。

ですが、ここであと数週間でもガマン出来れば、ムダな出費がなくなるばかりか、
現時点では想像もできないような、おしゃれで機能的で洗練されたエクステリアを作ることが出来ます。

わたしたちの設計・プランニングは、いい意味でお客様を裏切ります。

「まさかこんな素敵になるなんて思ってもみなかった!」

初めてご提案図面を目にされたお客さまは、異口同音にこうおっしゃいます。

別に私たちのプランニング力が並外れて優れている、というわけではないのです。

正しい手順で打ち合わせを行い、しっかりと時間をかけてご提案することが出来れば、お客さまの想像を超える提案をすることは、本来「エクステリア専門店」ならどこでも可能なのです。

そのためには、工事の相談や依頼をする前に、「正しいエクステリア計画の進め方」を
あなた自身が理解する必要があります。

当店では、初めてエクステリア工事を行う方でも分かりやすいよう、
エクステリア工事についての注意点や詳しい相談の手順などを独自に編集し、冊子にまとめました。

数量限定ですが、先着順で差し上げています。

店舗案内・施工可能エリア 埼玉支店

所在地 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越2丁目11-22
責任者(店長) 杉﨑 学
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア

【施工可能地域】
さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・所沢市・加須市・東松山市・春日部市・狭山市・羽生市・鴻巣市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・吉川市・ふじみ野市・白岡市・伊奈町・三芳町・滑川町・川島町・吉見町・鳩山町・南埼玉郡・宮代町・杉戸町・松伏町

【要相談地域】
深谷市・飯能市・日高市・毛呂山町・ときがわ町・嵐山町・越生町・小川町

  • 施工可能エリア
  • 要相談地域

スタッフ紹介 埼玉支店

ガーデンコンサルタント

<店長>杉崎 学の似顔絵

<店長>杉崎 学 (すぎさき まなぶ)

生年月日 1976年4月2日
出身 埼玉県岩槻市
血液型 A型
家族
  • ■ 自己紹介

    こんな仕事をしていながら、バリバリの文化系&インドア系です。
    小学校のころの夢は模型店の店長。
    ガンプラ・ミニ四駆の世代ですので「プラモデル売って生活できるなんて、素晴らしすぎる!!」って思ってました。
    今でも、限定品のガンプラが出たりすると思わず買ってしまいます。

    中学校に上がり読書に目覚めてからは「芥川賞作家」が夢に。
    なんて無邪気で無謀な夢を見てたことでしょう・・・すごい本を読めば読むほど、まだまだ作家にはなれないなあと痛感します。
    村上春樹は昔から大好きで、ブックオフに並ぶのを待たずに本屋さんで定価で買う数少ない作家の一人です。
    エッセー、旅行記、翻訳モノも含めて、ハードカバーと文庫、両方揃ってます^^
    おすすめはやはり「風の歌を聴け」と「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」でしょうか。
    島田荘司、京極夏彦、福井晴敏、東野圭吾、伊坂幸太郎、石田衣良も新刊は必ずチェックします。
    深い感動とか驚きのある本が好きですね。
    仕事柄、ビジネス関係の本もかなり買ってしまいます。
    読み終わるペースよりも買うペースの方が常に勝っており、本棚は常に満室。
    空き待ちの本が床にうず高く積み上がっていて、部屋の中は大変なことになっています。
  • ■ 趣味

    大学生の頃まではエレキギターでしたが、社会人になって初めてのボーナスでMartinのD-18を買って以来、ずっとアコースティックギターを弾き続けています。
    クラプトンのアンプラグドなら半分くらい、山崎まさよしなら30曲くらい弾けます。
    ギターを習いはじめてからはソロギター(メロディーと伴奏を一緒に弾くこと)に目覚めて、仕事の合間に弾くのが習慣になりました。
    岡崎倫典のオリジナル曲や昔のスタンダードナンバーのアレンジものソング(「やさしく歌って」や「Your song」、「Sweet Memories」など)が特に好きです。
    ロックより癒し系の曲に惹かれるのは大人になったからでしょうか・・・?
    希望の方にはエクステリア完成記念に一曲弾きますよ(笑)

    ライブもよく見に行きます。自分がやっていることもあって、生ギターやピアノのアマチュアのライブが好きですね。
    小さな会場で目の前で見れるのが醍醐味です。生の楽器の音にはとても癒されます。
    演奏は出来ませんが、JAZZも大好きです。
    女性ヴォーカルものが結構好きで、森川七月や青紀ひかりはドライブの定番になっています。
    コットンクラブで見たHalie Loren(ヘイリー・ロレン)のライブは最高でした。
    仕事中のBGMはサックスのトリオが多いですね。(ピアノだと眠くなってしまうので・・)
    コルトレーンやスタン・ゲッツは、急き立てられているようで仕事がはかどります(笑)

    昔から好きなB'zのライブには毎年のように行っています。
    こちらは年々チケットが入手しにくくなってしまいましたが・・・。
    行くたびにすごいパワーをもらえます。
    大げさですが、プロの仕事とはどういうものかを教えてもらいました。
    斉藤和義のライブにも毎年必ず行ってます。
    弾き語りとロックの融合のようなスタイルが素晴らしく、歌の素朴さが逆に曲と演奏の良さを際立たせています。
    Superflyも大好きで、あの圧倒的な歌声を生でどうしても聞きたく、ファンクラブに加入しました。
    本当に歌が上手い歌手が少なくなっている時代ですが、彼女の声は本物ですね!
  • ■ スポーツ

    バイクの大型免許を取得してから、カワサキのゼファー750、ヤマハのXJR1300と乗り継ぎ、ついにDUCATIになりました。
    DIAVELという、2気筒でリアタイヤが240もある”いかつい”バイクです。
    やっぱり大型の加速はやみつきになりますね!
    前回は250ccでのツーリングだったので、もう一度このバイクで北海道にいきたいものです。

    秋田店を立ち上げた頃からゴルフにハマりました。
    いくら練習してもなかなかうまくならないところが醍醐味ですね(^^;
    ベストスコアは79。ごく稀にこのスコアが出ますが、もう数年更新していません・・。
    平日の休みはゴルフ場に出かけていますので、どこかでお会いするかもしれませんね!

    学生の頃はウィンタースポーツが大嫌いでした。
    しかしひょんなことから初めたスノーボードの魅力にすっかりとりつかれてしまい、
    一時期はシーズン券を買って毎週3日くらい通ってました。
    飛んだり跳ねたりするより、猛スピードで山を駆け下りてくるのが最高です。
    バイクに近い爽快感がありますね。

ガーデンコンサルタント

西村 研吾の似顔絵

西村 研吾 (にしむら けんご)

生年月日 1972年1月20日
出身 鹿児島県
血液型 A型
家族 妻、娘、こむぎ(猫♀)
  • ■ 自己紹介

    大学卒業後、某大手ハウスメーカーへ入社。全国約1000人の同期とともに
    独身寮にて社会人生活をスタート。設計部へ配属となるもひたすら青焼きと製本の日々。
    先輩の手伝いと雑務の1年間を送りました。
    早く自分で担当物件を持ちたいと思うのも束の間、担当物件を持つようになってからは
    仕事仕事の毎日。気がつけば10年以上経っていました。
    ハウスメーカーの規格住宅にずっと物足りなさを感じており、
    もっと既成概念にとらわれない自由な建物を設計するために設計事務所へ転職。
    そこでは、建物だけではなく家具から外構・造園まで全てを自分で担当しました。
    ここでの経験が私をエクステリアデザイナーへと導いています。
  • ■ 好きなもの

    自然なもの。まっすぐよりも湾曲したゆるやかな優しい形状。
    自然界にはまっすぐなものはないと言われています。
  • ■ 休日の過ごし方

    週に1度は夕食を作ろうと決めていますが、なかなか目標どおりにはいかないものです。
    それ以外は半日かけて本屋をはしご → コーヒー →子供と銭湯
    → ビール → 焼き鳥 → 子供と就寝
    というなさけない1日で終了します。
  • ■ 癒樹工房について

    私たちの普段の生活には、小さな『癒し』がたくさんあります。
    ただ、ほとんどが気づかなかったり、気づいても『!』と感じていないのではないでしょうか?
    でも、小さな『癒し』こそが、微かですが日々を彩り豊かにしてくれるものと考えています。
    疲れて家に帰る途中、遠くにちらっと見える我が家。『癒し』を
    カタチにする仕事を丁寧に表現する。それが癒樹工房の庭づくりです。

ガーデンコンサルタント

川崎 啓右の似顔絵

川崎 啓右 (かわさき けいすけ)

生年月日 1976年3月31日
出身 岡山県笠岡市
血液型 B型
家族 独身
  • ■ 自己紹介

    小さな頃から絵を描くのが好きで、デザイン系の仕事が出来ればいいなと思い最初に飛び込んだのがハウスメーカーの業界でした。仕事をこなすうちに家の外の部分、つまりエクステリアに興味が移り、全くの未経験ながらエクステリアデザイナーとして転職。
    CADで図面を仕上げる方がこの業界では一般的ですが、もともと絵が好きなのと直接ペンで作り上げた図面のほうが温かみが感じられると思い、当初から一貫して手描きにこだわっています。
    現在では一般のエクステリア工事にとどまらず店舗の外装やランドスケープなど分譲地全体のデザインも手がけています。これからも、自分のデザインしたお庭でたくさんのご家族が笑顔で過ごして頂けるようなデザインを作り出していきたいと思っています。
  • ■ 学生時代

    中学時代は、吹奏楽部でトランペットを吹いていました。自ら進んで入ろうと思ったわけではなく友達に誘われたから入部したのですが、意外と自分にあっていたのか3年間ちゃんと続けられました。
    文化系から一転して高校時代は先輩に誘われハンドボールへ。こちらも積極的な入部理由ではありませんでしたが最後まで打ち込むことができ、大切な思い出となっています。
  • ■ 趣味

    家では現在フレンチブルドッグを飼っています。犬を家に迎えると、やはり生活は犬中心となってしまいますね^^これまでは休日はあまり外出しなかったのですが、愛犬の散歩のために外出することが増えました。
    家を一日留守にする時は寂しくないように、犬の幼稚園に預けています。小型犬の身でありながらセントバーナードやシェパードなど大型犬にもグイグイいくので怪我をしないか少し心配ですが、当人(犬?)は心から幼稚園を楽しんでいるようで、毎回体力の限り遊んでいます^^
    仕事とリンクする趣味としては、文房具集めがゆるく長く続いています。最近は洗練されたスタイリッシュなアイテムから奇をてらった変わり種まで幅広いデザインの文房具が出ているので、お店に行った時はついつい文具コーナーに立ち寄って長居してしまいますね。
    ドライブ中に聴くのは、ジャズハウス系の曲が多いです。もう何年もトランペットを吹いていませんが、いつか時間を作ってしっかり演奏を学び直したいなと思っております^^

ガーデンコンサルタント

梶原 正樹の似顔絵

梶原 正樹 (かじわら まさき)

生年月日 1990年06月26日
出身 埼玉県蕨市
血液型 O型
家族 独身
  • ■ 自己紹介

    小さい頃から虫が大好きで、外で遊ぶうちに草花や木々にも触れる機会が多い子供時代でした。近所の盆栽屋さんにも足繁く通っていた時期もあり(当然子供のお小遣いでは買えませんでしたが・・・)暇さえあれば盆栽の幹のうねりをいつまでも見続けていました。
    その原体験が私を植物の世界へと導き、農大で環境緑地を学ぶことになりました。
    学校の授業の中で一番印象的だったのは、なんといっても自分達で一から庭を作る実習でした。汗をかきながら自分の手で和風の坪庭を作る事は、教室の中で教科書や図面を見ながら勉強していては味わえない感動がありました。もちろん製作は初めてのことだったので出来上がった庭はとても拙いものでしたが、この授業がターニングポイントであったと思います。
  • ■ 趣味

    学生時代、勉強の息抜きはサーフィンでした。それまでは陸の自然一辺倒(?)だったので、試しに海にも挑戦してみよう!という考えがきっかけではじめました。やってみると意外とマリンスポーツと相性が合うみたいで、未だに時間を見つけては海に行っています。いつかパラグライダーとか空のスポーツも楽しめるようになったら、陸・海・空、すべての自然を楽しめるようになるのかな、なんて思います^^
  • ■ エクステリアについて

    大学卒業後は造園会社に入社し、お客様が思わず笑顔になれるようなデザインを心がけてお庭を作ってきました。家の完成の時よりも楽しみにしています、とお客様からお声を頂いた時はとても嬉しかったです。
    エクステリアは、同じものは世界に一つと存在しない完全オンリーワンのデザインとして出来上がります。同じ商品を選んだとしても、使う位置や魅せ方で全く異なる様々な顔を持ったお庭が完成します。
    無限とも言える選択肢・可能性がある中で、どれがベストな選択なのか。こればかりは正直言って私一人では分かりません。最も大切なのは優れたデザインよりも、お客様自身の「声」だからです。
    私の考えるエクステリアとは、「カッコ良いデザインを作ってお庭をつくること」ではありません。「お客様の声を十分に聞き取り、プランに反映させ、お客様の心と生活を豊かにする『手段』」であるからです。
    良いものを「売る」のではなく「一緒につくっていく」。こんな思いで、たくさんのお客様を笑顔にしていけたらと思っています。