ガーデンリフォーム工事施工事例集

黒のお住まいに柿渋のアルミが映える、次世代の和モダン~松吉様邸~

garden-reform-matsuyoshi001
garden-reform-matsuyoshi002
garden-reform-matsuyoshi003
garden-reform-matsuyoshi004
garden-reform-matsuyoshi005
garden-reform-matsuyoshi006
garden-reform-matsuyoshi007
garden-reform-matsuyoshi008
garden-reform-matsuyoshi001-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi002-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi003-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi004-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi005-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi006-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi007-サムネイルgarden-reform-matsuyoshi008-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

和モダンなセミクローズエクステリア

松吉様邸のお住まいはシックで渋めのカラーを使っているので、エクステリアにも渋めのカラーを取り入れ、和モダンかつスタイリッシュなスタイルで統一しました。また木目調の玄関ドアに合わせて、木目のアイテムを使い、モダンな中に和の趣を加えます。落ち着きのあるエクステリアをデザインしました。

見知らぬ人が玄関などの生活動線に侵入するのは、落ち着きませんね。ポスト、表札、インターホンを取り付けた機能門柱は道路境界のギリギリに設置し、人が不必要に侵入するのを防止しました。ポストはスタイリッシュでカチッとした印象のものを選定。ポストの裏には、ピンコロ石で縁取ったシンボルツリーのスペースを造作しました。花壇には黒のピンコロ石を使い、和モダンなイメージに。黒いピンコロ石は植栽の緑が引き立って見えます。ここに植えたシンボルツリーが成長すれば、玄関へと向かう視線を逸らすアイストップ効果が期待できます。植物を育てる楽しみもご提案させて頂きました。

表札はステンレスヘアラインのものを選び、書体をくずした漢字とアルファベットの組み合わせで和モダンな雰囲気を演出。シンプルながらもシャープな印象のファサードになりました。
小さなこだわりですが、スタイリッシュな機能門柱に合わせて、立水栓を選んでいます。松吉様邸のエクステリアは、全体的に丸みを帯びたものは使わず、新しい和モダンのスタイルを追求したスタイリッシュなアプローチになりました。
プライバシー・防犯対策として、機能門柱を道路境界ギリギリに設置し、要所には目隠しを造作しています。道路から玄関や家の内部が見えてしまうのを防ぐため、玄関前に縦格子のアクセントを設置しました。格子には隙間があり、透けて見えてしまうように感じますが、縦格子のデザインは奥が見えにくく、プライバシーの保護に繋がります。
リビング前には縦格子と同じ色の可動式の扉を設置しました。その時々の天候や気分に応じて簡単に配置を変更できます。生活スタイルに合わせて移動できる扉によって、プライバシーが守られ、生活が豊かになります。
また道路側には縦格子と同じアルミ素材で小さなアイテムを造作しました。外部コンセントも取り付けてあるので、外で電化製品を使う際や物を置きたい時に便利です。

道路側に敷いた自然石の平板はサビ色が混じっているものを使用。色幅のある天然石がスタイリッシュなデザインの中に和モダンな雰囲気をプラスします。
黒い天然石は重厚感があり、和モダンなエクステリアにぴったりな色ですね。

Client Voice お客様の声

小林さん、土屋さん、
この度は素敵な施工をしていただき、本当にありがとうございました。私たちは、他社さんとの比較検討なしに。フィーリングで癒樹工房さんに外構をお願いすることを決めました。主には、ホームページでの情報になり、あすが、施行例や施工後のレビュー等を拝見するによい印象を受けました。実際、小林さんにお会いして、私たちの希望を早速図面にしていただき、私たちの想像を遥かに凌駕する夢のようなイメージをご提案してくれました。
 施工が始まると、作業はもちろんテキパキやっていただき、天気にも恵まれ、思っていたよりちょい早めにできた印象を受けました。作業後半には、何となく小林さんがほのめかしていたサプライズ的なものも見え隠れしているのがありありとわかり、楽しく作業過程を見つつ完成を迎えることができました。
 過程も完成も今後も楽しみな外構を行っていただき、ありがとうございました。そして、またよろしくお願いします。

松吉