ガーデンリフォーム工事施工事例集

毎日ワクワク感に満たされるナチュラルモダンファサードと癒しのガーデン〜久枝様〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

木々だけのオープン外構から、木調ゲートが出迎えるインパクトのある外構へ

「キッチンからの景色がもっと素敵だったら…」築10年を目前にお住まいに手を入れたい、と思い描いていたという奥様。子育てもゴールが見えて来て、年を重ねる前にその景色を変えたい!という思いから、満を持して踏み切ったのが、お庭や駐車場などのリガーデン。
手始めにさまざまな業者に要望を出してみたものの、予算内、希望通りではあるものの、ピンと来るような「何か」を感じず…。ふと立ち止まってみて、癒樹工房を思い出して下さったようです。

施工前の外構は、塀やフェンス等で閉ざすことなく木々だけで構成されたオープン外構。そのため、通りからの目線がお部屋の中にまで通り抜けてしまい、室内でもお庭でも人の視線が常に気になってしまいます。さらに、植栽だけというとナチュラル風ですが、室内からの景色は特色に乏しく、外観はというと、家の顔となるファサードとしてのインパクトに欠けていました。
そこでプランナーから提案されたのは、開放感を残しながらも、ポイント的な目隠しを施し、縦横の木調ゲートやカーポート、そしてハッと目に焼き付くようなデザインウォールにより空間をダイナミックに間仕切ったデザイン。オープン外構とクローズ外構、それぞれの良い所を取り入れた、ハイブリッドなプランです。
もちろん、景観だけでなく、機能的な動線やさりげない目隠しによって生まれるリゾートホテルのような寛いだ景色も奥様の心を掴んだ様子。ただ単に機能が備わっているだけでなく、心ときめくような「何か」、ワクワクするような遊び心がこのプランには詰まっているようです!

DESIGN POINT 2

上質なルーフ空間が視覚的な寛ぎに誘うカーヤード

久枝様邸の生まれ変わった外観でまず目に飛び込んでくるのは、木調ゲートがダイナミックに交わるエントランス。「ホームヤードルーフ フレーム」(タカショー)が創り上げる直線的でモダンなラインは、淡い色味の外壁を深みのある木目の柱と梁がキリリと引き締めます。
隣には同シリーズの2台分のカーポートも佇みます。こうした大型の構造物を設置すると、家がその存在感で雰囲気負けしてしまう例もよくありますが、ゲートとの連続性があるだけでなく、建物の意匠的な建材の色味とも合わせることで、外観全体が自然な一体感に包まれます。
カーポートの天井材は、一方には光を取り入れる透明感のあるポリカーボネート、もう一方には天然石模様のアートボードがあしらわれ、夜にはダウンライトが温かな光を灯します。
その気品溢れるカースペースの奥には、お庭へのエントランスが新たに誕生。真っ白なデザインウォールとモザイクタイルが繊細な表情を浮かべる花壇、耐火煉瓦タイル貼の門柱が出迎える、まるで隠れ家レストランのような門構えがご家族を出迎えます。

DESIGN POINT 3

癒しのデザインウォールを中心に展開する憩いのガーデン

以前はまっすぐ区切られていたお庭とガレージとの境界、この空間を驚くほどゆとり溢れる空間に生まれ変わらせたのが、お庭側に斜めに食い込むように切られたレイアウト。シンボリックに配された塗り壁には、飾り棚やボーダータイルもあしらわれ、すっきりと空間を仕切っています。
もちろん、この塗り壁は通り側からの目隠しにもなっているのですが、背面、つまりお庭側にまわると、さながらリゾートホテルのようなデザインが施されています。額縁のように凹凸を付けた壁面には立体的なモザイクタイルが表情豊かに貼り合わされ、手前にはベンチも。
腰掛けるというよりは、修景としての役割を担うこのベンチ、夜は座面の奥のライトがライン状にモザイクタイルを浮かび上がらせ、その神秘的な景色が非日常的な空気感を演出してくれます。
ほどよく視線をカットしながら、ワクワクするような唯一無二の眺めが味わえるリゾート風のデザインウォール、今までお庭に興味が無かったというご家族も「ホテルのよう」とその景色を楽しんでいらっしゃるとか。

DESIGN POINT 4

動線の改善やメンテナンスを楽にするデザインワーク

今後は手のかかるメンテナンスは軽めに抑えて行きたいお庭。その半分は芝生をやめ、タイルテラスとしています。たくさん植えられていた木々の多くは伐採。かといって緑をすべてゼロにしたわけではなく、お手入れしやすい植栽ゾーンだけに限定しています。
草花もやはり植え替えやすい花壇だけに植え付け、屈んで作業する地植え花壇は奥行きを狭くして、お手入れの楽な形状に。水やりもお庭の入口に新設した門柱に立水栓を設置したので、動線としても快適に作業ができそうですね。
綺麗なお庭を保つことができるよう、さまざまな配慮が感じられる久枝様邸の新しいお庭、奥様も今ではキッチンから毎日眺めては、ホッと心癒される日々を送っていらっしゃるのではないでしょうか?

Client Voice お客様の声

感想文

気が付くと庭への不満、素敵な庭へのあこがれを持ったまま7年程経ち、子育て期間のゴールも見えてきました。
まずは外構業者さん選び。知人の紹介などで2社からご提案と見積りをとりましたが、希望を伝えてそのままのものをご提示頂いたにもかかわらず、何かピンとこない。予算もそれなりにかなりのもの、、、それから3年が経過。このまま人生後半になって終わっていくと思うと早く決断しなくては!と強く思いました。
癒樹工房さんのネットの施工例を発見。カタログ請求し、直ぐに分厚いカタログが届き、素敵な実例と「お客様からのお便り」の生の感想に見入る。その後こちらの手違いと勘違いで癒樹工房さんとしばらく連絡がとれず。連絡とれないので再び業者さん探し。良心的な業者さん見つかり、こちらの要望に叶う予算通りのご提案して頂く。それなのに打ち合わせが心から楽しめない。何か物足りない。。癒樹工房さんが頭をよぎる。高そうだし予算的にムリかもしれないけどカタログで見た施工例、長文で丁寧な文字で書かれた「お客様からのお便り」の中の数々の言葉が強く印象に残り諦められない、その間も雑誌やネットで情報収集しながら外構工事するなら悔いのないものにしたい!と思っていろいろ施工例を沢山見た。再度思い切って無料相談の電話をする。五十嵐さんに自宅までお越し頂き思いの丈を聞いてもらい、癒樹工房さんの方針やこだわりもお聞きしました。我が家にはどんな提案をして頂けるのか?と期待がふくらむ。そしてご担当者として飯野さん登場。とても話を真摯に受け止めてくれた。
後日、想像を超えた完成度の高いご提案に対面することになる。皆様が仰るとおり予算オーバーの壁にぶち当たる。もちろん予算内のプランも頂き、決断の時。どうしても叶えたくなる気持ちが湧いてくる。自分達が叶えたかった庭はコレなんじゃないか!人生一度キリ。後悔したくない。そして迷いなく契約させて頂き待ちに待った工事が始まった。外構工事の匠の矢作さんは工事期間中とても丁寧にかつ段取り良く進めて頂き、庭の変化に驚きの毎日でした。木の伐採からお庭全般に渡っての大変な工事をご担当して頂きありがとうございました。タイル職人の匠の加賀さんに作って頂いたタイルのテラスや造作のモザイクタイルはとても素敵でお気に入りの癒しの眺めとなりました。左官の匠の職人さん、カーポートのプロの職人さん、我が家の工事に携わって頂いたすべての方に感謝しております。丁寧な工事をありがとうございました。そして植木職人の匠の林さんには最後に魔法のように庭に息を吹きかけて頂きました。
その匠の職人さん達を率いて理想のお庭が出来上がるまで指揮を取って頂いたのが飯野さんです。飯野さんはこちらの思いに寄り添って下さる方。気軽に本音を相談できる雰囲気を作って頂いたのが、本当に有り難かったです。
カーテンを開け、お庭を眺めて過ごす日が来るなんて夢でしたが、その夢が現実となり素敵な日常が始まりました。家族も初めは庭には興味ないと言っていたのに今では「夜のライトアップされた眺めはホテルみたいだね!」と言っています。
我が家は癒樹工房さんにお願い出来て本当にラッキーでした。初めに見た分厚い施工例のカタログから感じたワクワク感は本物でした!五十嵐さんと飯野さんをはじめ、癒樹工房の皆様、素敵なお庭を考えてくださり、ありがとうございました。そして完成したお庭はイメージパースを頂いた感動をさらに上回る唯一無二の新しい景色です。
大切に使わせていただきます。
本当にありがとうございました。

久枝里実