新築エクステリア工事施工事例集

自然石とタイルが紡ぐ南国風エクステリア〜中神様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

沖縄の雰囲気漂う南国アプローチ

ハウスメーカーのシンプルな外構プランでは満足できず、エクステリアのデザインを探っていた中神様。お打ち合わせの際に伺った沖縄への思いをプランに込め、自然石とタイルでつくった開放的なテラスをファサードにデザインしました。南国のマテリアルをふんだんに使ったアプローチは、見ているだけで気持ちが沖縄に向かってしまいますね。
アプローチに使用した自然石は、沖縄で産出されている琉球石灰岩。この自然石は、古くから沖縄で道の石畳や石垣、首里城にも使われている歴史ある自然石です。沖縄生まれの自然石がお住いを琉球情緒あふれる温かなファサードを演出してくれていますね。

 

DESIGN POINT 2

2枚のデザインウォールから香る琉球エッセンス

沖縄の情緒はデザインウォールからも感じ取れます。白を貴重としたシンプルモダンな壁には、笠石タイプの琉球石灰岩をプラスしています。さらにデザインウォールには沖縄の陶器と琉球ガラスを融合させた「陶と琉球ガラスの表札」をセット。沖縄の海のように青い色調が、なんとも爽やかな表札ですね。自然石と陶器とガラス、3つの要素が絡み合ったデザインウォールは、中神様の思いがこもった逸品です。
オフホワイトの自然石とイメージがマッチするように、奥の空間に使用したタイルも控えめなカラーをチョイスしました。異素材でありながらも色味を工夫することで、エクステリアに一体感が生まれますね。タイルは60cm×60cmの大きなサイズを使っています。一枚一枚が通常のタイルよりも大きので、コンパクトな空間であってもダイナミックな印象を抱かせてくれます。またリビングルームへ向く視線をさり気なくカットするため、等間隔に植栽を植えました。葉が茂れば、より大きなアイストップになってくれます。

 

DESIGN POINT 3

光の向きを変えて穏やかなファサードに

夜のお庭を明るく照らすガーデンライトも、光が強すぎたり歩く人の視線に入ってくると、かえって快適さが遠のいてしまいます。今回使用したアッパーライトは、快適さを追求するためにデザインウォールや植栽にヘッドを向けて直接的な光を感じないようにアレンジしました。アッパーライトは角度を調整できるので、植栽の影をデザインウォールい映したり、枝葉をくっきりと浮かび上がらせたり、様々な楽しみ方が可能です。夜を彩るライトに照らされ、琉球の自然石とタイル照らすもより柔らかい雰囲気を纏っています。タイルテラスの床面にはグランドライトをセット。柔らかな光で空間を包み込むかのような演出を施しました。

Client Voice お客様の声

感想文

ハウスメーカーで家を建てましたが、そこで提案していただいた外構計画がとてもさみしいものでした。インターネットで癒樹工房さんをみつけて、時間をかけてやっていただけそうだな、という印象を受けてお願いしました。
外構に対して強いこだわりやイメージがあまりなかったのですが、提案していただいた内容が素敵で、初めに提案していただいた案をもとに進めていただきました。自分達では考えていなかった案で、気に入っています。特に、琉球石灰石を使った提案は、よく沖縄に旅行に行く私達にはうれしい提案でした。大きなタイルを利用したテラスも素敵です!全体的に家ととてもマッチしていて、これから緑を増やしていくのが楽しみです。
ハウスメーカーと別の業者にお願いするにあたり、配管や家側のメンテナンスに対する考慮が必要で、連携に不安がありましたが、ハウスメーカーの担当の方とうまく連絡を取っていただき、大きなトラブルなく完成できて、ありがたく思っています。
ありがとうございました!!

中神