ガーデンリフォーム工事施工事例集

バリアフリーで快適で暮らしやすい憩いの和モダンエクステリア〜所様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

家の顔とも言える玄関前は和モダンなイメージに

細割タイル貼りの門袖は、タイルの茶とポスト・表札の黒の組み合わせで凛とした和の雰囲気を出しました。建物の外壁がシンプルな塗り壁調なので門袖が引き立ち、また建物にアクセントが出来たことでお互い邪魔をすることがなく統一感が出ています。そして隣には乱形石を使用した天然石貼りの門袖。この門袖があることで全体が単調にならずに高級感が生まれました。段差があった玄関までのアプローチはバリアフリーにリフォームして手すりをつけ、歩きやすくなりました。
建物と道路の間の細長いスペースはピンコロ石を積んで花壇に。玄関前に花壇があると草花の成長や季節感を毎日感じることが出来ますね。夜には表札の照明と石貼りの門袖を照らすアップライト、花壇に埋め込まれたポールライトの暖かな光があたりを照らし、夜の歩行も安全で心に安らぎを与えてくれます。夜遅い帰宅でも暖かなに光が出迎えてくれるでしょう。

DESIGN POINT 2

既存のウッドデッキとテラスを繋げて広々空間へ

雑草が生えお手入れが大変だった主庭は、雑草対策も兼ねて乱形石やレンガを敷きテラスを作りました。既存のウッドデッキと庭は区切らず、段差を少なくし繋いだことによって一体感が生まれ、広々とした憩いの空間に変わりました。ひと続きになっていたデッキフェンスを一部カットしたのでリビングからデッキを通りすぐにテラスへ出られます。「天気がいいのでちょっと外でお茶を♪」とそのまますぐにお庭へ出られますね。イエローの乱形石は明るく洋風なイメージ。ウッドデッキの色とも合っているので、すっきり明るい印象です。
ウッドデッキから駐車場へもすぐに出られるようになり、テラス・駐車場・ウッドデッキを容易に行き来することが出来、使いやすいお庭になりました。すべてがフラットな空間で、歩きやすさにも配慮しています。
駐車場からテラスへは曲線の園路を。ピンコロで縁取り、リンクストーンという樹脂舗装材を使用しました。園路の両脇には道路からの視線を遮るための角柱を設置。手前と奥に設置することにより奥行き感が出て広く見えます。またこの角柱は照明が埋め込まれているので夜も雰囲気も素敵に演出してくれます。

 

Client Voice お客様の声

感想文

インターネットで癒樹工房さんとの出会いにより、長年の夢が叶い喜びを味わっています。実物のないサービスのため、当初は不安がありましたが、期待値を超える出来栄えに満足しています。

具体的には、

①要望を十分にくみ取り、想定を超えるサービスの提供があったこと。
②バリアフリーに徹してくださったこと。
③屋根のない生活の場を実現したこと(リビング・ウッドデッキ・庭・洗濯干場の段差の解消による空間の広がり等)。
④約束の図面通り工事を施工したこと
⑤現施設のウッドデッキ、カーポート、植栽を有効に生かしていただいたこと
⑥設計担当、工事監理、職人さんの知識・技術の確かさと人柄の良いこと
⑦特にメインの職人(小泉さん)が一貫して担当していただき、豊富な経験と確かな技術、丁寧な仕事ぶりに安心しておまかせできたこと。

等々があげられます。

設計ご担当の新井さんへ最初に次の要望をお伝えし、ご提案をいただくことになりました。その要望(キーワード)は次の通りです。

①解放感と安全性については解放感重視
②バリアフリー
③統一感、現家屋・施設との調和
④ぬくもり、温かみ、くつろぎの実現
⑤樹、緑への憧れ
⑥健康の追求、庭木から草花へ
⑦現有施設の有効活用

新築でないため、各種の制約、例えば玄関へのアプローチのスペースがほとんどないとか道路と家屋の間にスペースがないなどの障害がありましたが、上記のキーワードと各種の障害を見事に解消したご提案を頂き、イメージ通りの外構と庭が実現できました。

ともあれご近所からの多数のお褒めのことばを頂くほど、ハード面は癒樹工房さんが立派に構築していただきましたので、今後は維持管理する私がソフト面は自分の手で創造の喜びを味わいながら5年先、10年先に個性的な庭造りができることを楽しみに励みたいと思います。
引き続きアドバイスをよろしくお願いいたします。

将来への夢をプレゼントしてくださった新井さん、尾崎さん、小泉ファミリーと経営幹部の人材育成にかける熱意とそれに応える社員のモチベーションに心から敬意を表します。

ありがとうございました。

所 和男