ウッドデッキでつくる秘密基地〜鈴木様邸〜

建売住宅のご新築をお引越しされる前にリガーデンした施工事例です。道路側に面したリビングルームは丸見えでカーテンが開けられない状態でしたが、ウッドデッキとウッドフェンスによってナチュラルテイストにカバーされました。

[×]

ウッドフェンスは隙間を狭く設定してあるので、室内の様子は外からでは見せません。また前庭は日除けになるものがなかったので、ウッドフェンスを設けることで視線と日光を適度に遮断することが可能に。フェンスに寄り添うように植えたシンボルツリーも見事な樹形ですね。

[×]

ウッドフェンスを沿うようにお庭の奥へと進んでいくと、上空をタープに覆われたウッドデッキのエリアが見えます。ウッドデッキの前には木製のステップがありますが、その踏面部分には人工芝が敷いてありますね。見た目に美しいだけでなく、滑り止めの効果も期待できそうです。

[×]

広々としたウッドデッキと日光からデッキを守ってくれるシェードのコンビは、見ているだけでワクワクしてきますね。まるでキャンプにでも来たかのような開放感がお庭で味わえるなんて、お子様にとってはまさに最高のエクステリアになりました。

[×]

ウッドフェンスの手前は人工芝を敷いてナチュラル感をアップさせています。

[×]

ウッドフェンスの裏側には棚を設け、ちょっとしたアイテムやガーデニンググッズを置くことが出来ます。

[×]

ウッドデッキと同じ木材で作られたベンチの下は、収納スペースとして活躍しています。アウトドアグッズや防災グッズなど、外においておきたい物もベンチの下にしまうことでスッキリと収納でき、見た目も美しく保つことが出来ますね。

[×]

ウッドデッキは家を包み込むように作られているので、リビングルームの掃き出し窓から敷地の奥まで、段差ゼロで行き来が可能です。昇り降りを減らすことで使い勝手は抜群ですよ。

[×]

ウッドデッキで目を見張るアイテムは、家の入隅に取り付けたガーデンシンクです。広々としたウッドデッキの上ではバーベキューなどで楽しみたいものですが、意外と忘れがちなのが水回り。外で使った汚れたお皿や調理器具などは家の中には入れたくないですよね。洗い場が完備されていれば全てがお庭の中で完結するので、ガーデンシンクの登場によってお庭の価値が飛躍的にアップすること間違いなしです。

[×]

お引越し前は玄関の脇には壁やテラス屋根などはなく、隣地境界線上にブロック塀があるのみでした。このままでは家族の一員であるワンちゃんも快適な新生活を送れませんね。手を加えたのはテラス屋根と目隠しのための壁とフェンスです。これらのお陰で日光や風にも強い、落ち着いたスペースが誕生しました。

[×]

家のデザインにぴったりフィットするように特注で作ったテラス屋根にこれまた特注のタープを組み合わせることで、ワンちゃんの生活はとっても快適。適度な隙間があるデザインウォールもあるので、通りの人や車を気にすること無くお昼寝も出来ますね。

[×]

前庭はウッドフェンスから漏れた室内の灯りが外を照らしているので、たくさんの光源は不要です。シンボルツリーのみアッパーライトの暖色系の光で染め上げ、特別感を演出しました。

[×]

何気ない貝殻もウッドフェンスに引っ掛けるだけで、物語のワンシーンのように見えるから不思議ですね。

[×]

ウッドデッキの内部では、等間隔に配置したマリンライトが煌々と光っています。背の高いウッドフェンスと上空を覆うタープ、温かな光のお陰で、本当にキャンプに来ているかのような気分になりますね。

[×]

夏の日差しと一緒にウッドデッキで遊ぶお子様たち。沢山の思い出がお庭で出来そうですね。

[×]

工事が始まる前はコンクリートがメインの前庭でしたが、ウッドデッキとウッドフェンスを取り付けたことで、印象は大きく変わりました。

[×]

日光と視線から屋内をガードしてくれるウッドフェンス

建売住宅のご新築をお引越しされる前にリガーデンした施工事例です。道路側に面したリビングルームは丸見えでカーテンが開けられない状態でしたが、ウッドデッキとウッドフェンスによってナチュラルテイストにカバーされました。

ウッドフェンスは隙間を狭く設定してあるので、室内の様子は外からでは見せません。また前庭は日除けになるものがなかったので、ウッドフェンスを設けることで視線と日光を適度に遮断することが可能に。フェンスに寄り添うように植えたシンボルツリーも見事な樹形ですね。

ウッドフェンスを沿うようにお庭の奥へと進んでいくと、上空をタープに覆われたウッドデッキのエリアが見えます。ウッドデッキの前には木製のステップがありますが、その踏面部分には人工芝が敷いてありますね。見た目に美しいだけでなく、滑り止めの効果も期待できそうです。

 

ウッドデッキは家族みんなの遊び場

広々としたウッドデッキと日光からデッキを守ってくれるシェードのコンビは、見ているだけでワクワクしてきますね。まるでキャンプにでも来たかのような開放感がお庭で味わえるなんて、お子様にとってはまさに最高のエクステリアになりました。

ウッドデッキと同じ木材で作られたベンチの下は、収納スペースとして活躍しています。アウトドアグッズや防災グッズなど、外においておきたい物もベンチの下にしまうことでスッキリと収納でき、見た目も美しく保つことが出来ますね。

ウッドデッキは家を包み込むように作られているので、リビングルームの掃き出し窓から敷地の奥まで、段差ゼロで行き来が可能です。昇り降りを減らすことで使い勝手は抜群ですよ。

ウッドデッキで目を見張るアイテムは、家の入隅に取り付けたガーデンシンクです。広々としたウッドデッキの上ではバーベキューなどで楽しみたいものですが、意外と忘れがちなのが水回り。外で使った汚れたお皿や調理器具などは家の中には入れたくないですよね。洗い場が完備されていれば全てがお庭の中で完結するので、ガーデンシンクの登場によってお庭の価値が飛躍的にアップすること間違いなしです。

 

ワンちゃんのスペースにはテラス屋根を設けて住みやすくリフォーム

お引越し前は玄関の脇には壁やテラス屋根などはなく、隣地境界線上にブロック塀があるのみでした。このままでは家族の一員であるワンちゃんも快適な新生活を送れませんね。手を加えたのはテラス屋根と目隠しのための壁とフェンスです。これらのお陰で日光や風にも強い、落ち着いたスペースが誕生しました。

家のデザインにぴったりフィットするように特注で作ったテラス屋根にこれまた特注のタープを組み合わせることで、ワンちゃんの生活はとっても快適。適度な隙間があるデザインウォールもあるので、通りの人や車を気にすること無くお昼寝も出来ますね。

 

ウッドフェンスの隙間から漏れる灯りが幻想的に前庭を染める

前庭はウッドフェンスから漏れた室内の灯りが外を照らしているので、たくさんの光源は不要です。シンボルツリーのみアッパーライトの暖色系の光で染め上げ、特別感を演出しました。

ウッドデッキの内部では、等間隔に配置したマリンライトが煌々と光っています。背の高いウッドフェンスと上空を覆うタープ、温かな光のお陰で、本当にキャンプに来ているかのような気分になりますね。

 

鈴木様感想文