可愛らしいデザインウォールで角地をデコレート〜金子様邸〜

角地に位置するご新築にお住いの金子様。ご新居を囲う2面を石材、白い塗り壁、植栽で彩り、安らぎと統一感を併せ持ったセミクローズエクステリアをデザインしました。形状の違う暖色系の自然石をアプローチやデザインウォールに組み込み、華やかさと温かみが感じられますね。

[×]

今回のケースのポイントは、道路境界線からお住いまでの距離が近く、また隣に郵便局があるため人の視線に常に晒されてしまう敷地形状です。高い壁で覆ってしまうと圧迫感を感じ、動線も確保しにくくなってしまうので、人の視線をある程度カットするアール状の壁を敷地のコーナーに据え、隣に植栽スペースを設けて人の視線を集めるアイストップの役目を与えました。この二つのアイディアが玄関にプライバシーをもたらしてくれます。

[×]

お庭のメインスペースは床面を乱形石をランダムにデザインし、ナチュラルテイストに仕上げました。金子様ご要望のカーポートも部材を木目調のラッピングを施したものを使用し、お庭の雰囲気にマッチさせています。

[×]

お庭の主役はこの植栽スペースの角柱です。レンガで作った角柱にクラシックなキャップを乗せて花台にも使える角柱は、道行く人の視線をあつめるシンボリックな雰囲気を出していますね。花壇は床面で使用した乱形石を積み上げて、一段高く造作しました。

[×]

お庭のコーナーに位置する壁はカーブしているので、2方向からの視線から玄関周りをカバーしてくれています。道路から玄関が近いため何らかの仕切りが必要ですが、動線の邪魔にならず圧迫感を感じさせないナチュラルテイストのデザインウォールは、この場に最適なアイテムですね。

[×]

デザインウォールの足元は床面とは違うタイプの棒状の自然石を貼り、可愛らしいアクセントにしました。この自然石はワンポイント以外にも道路からくる泥や埃などの汚れから壁の足元を守ってくれる役割があります。

[×]

デザインウォールを窓状に窪ませた部分には人気のマリンライトと軽やかな雰囲気のロートアイアン製のネームプレートを取り付けました。光源の近くに窪みのあるデザインがあることで、夜になると特徴的な影ができ、一層素敵な空間になります。マリンライトはポストと色を合わせ統一感を出しました。

[×]

壁の裏表にも床面は乱形石で彩られています。お庭のコーナーのツタ性の低木がデザインウォールに誘引されれば、より一層ナチュラルな雰囲気が出ますね。壁の裏側は郵便物の回収などの際に邪魔にならないようシンプルなデザインにしてあります。

[×]

手すりをつけたことで使用頻度の低くなった一方の動線は、ロートアイアンのチェーンで塞いでいます。道路境界線から数10cmセットバックしてあるために余ったスペースは細めの植栽コーナーとして活かしました。緑のラインが下方にあるだけで、お住いの雰囲気が変わってきますね。

[×]

メインの植栽スペースは二つに分かれているので、それぞれテーマを変えながらガーデニングが可能です。可愛らしい花を咲かせる植栽は左側にし、シックな雰囲気のものを右に配置、という使い方も出来ますね。

[×]

シンボルツリーの株立ちの木は左側の花壇に植えました。こちらは電気配線がある空間なので、植栽によって自然に機械的なものを隠すことが出来ました。花壇の土の面は化粧砂利を敷設することで、雨の日の泥はねを軽減させる効果があります。

[×]

お庭ではあまり水を常用しないので、水受けは設けずにシンプルな装いに。ワンポイントの植栽が可愛らしいですね。立水栓はウッドでデザインされたものをチョイスして、お庭のイメージの統一感を図りました。

[×]

角地のデメリットをメリットに逆転したセミクローズガーデン

角地に位置するご新築にお住いの金子様。ご新居を囲う2面を石材、白い塗り壁、植栽で彩り、安らぎと統一感を併せ持ったセミクローズエクステリアをデザインしました。形状の違う暖色系の自然石アプローチデザインウォールに組み込み、華やかさと温かみが感じられますね。
今回のケースのポイントは、道路境界線からお住いまでの距離が近く、また隣に郵便局があるため人の視線に常に晒されてしまう敷地形状です。高い壁で覆ってしまうと圧迫感を感じ、動線も確保しにくくなってしまうので、人の視線をある程度カットするアール状の壁を敷地のコーナーに据え、隣に植栽スペースを設けて人の視線を集めるアイストップの役目を与えました。この二つのアイディアが玄関にプライバシーをもたらしてくれます。

前庭を彩るナチュラルテイストのマテリアル

お庭のメインスペースは床面を乱形石をランダムにデザインし、ナチュラルテイストに仕上げました。金子様ご要望のカーポートも部材を木目調のラッピングを施したものを使用し、お庭の雰囲気にマッチさせています。
お庭の主役はこの植栽スペースの角柱です。レンガで作った角柱にクラシックなキャップを乗せて花台にも使える角柱は、道行く人の視線をあつめるシンボリックな雰囲気を出していますね。花壇は床面で使用した乱形石を積み上げて、一段高く造作しました。
お庭のコーナーに位置する壁はカーブしているので、2方向からの視線から玄関周りをカバーしてくれています。道路から玄関が近いため何らかの仕切りが必要ですが、動線の邪魔にならず圧迫感を感じさせないナチュラルテイストのデザインウォールは、この場に最適なアイテムですね。
デザインウォールの足元は床面とは違うタイプの棒状の自然石を貼り、可愛らしいアクセントにしました。この自然石はワンポイント以外にも道路からくる泥や埃などの汚れから壁の足元を守ってくれる役割があります。
デザインウォールを窓状に窪ませた部分には人気のマリンライトと軽やかな雰囲気のロートアイアン製のネームプレートを取り付けました。光源の近くに窪みのあるデザインがあることで、夜になると特徴的な影ができ、一層素敵な空間になります。マリンライトはポストと色を合わせ統一感を出しました。

コンパクトな花壇が特別感を演出

メインの植栽スペースは二つに分かれているので、それぞれテーマを変えながらガーデニングが可能です。可愛らしい花を咲かせる植栽は左側にし、シックな雰囲気のものを右に配置、という使い方も出来ますね。
シンボルツリーの株立ちの木は左側の花壇に植えました。こちらは電気配線がある空間なので、植栽によって自然に機械的なものを隠すことが出来ました。花壇の土の面は化粧砂利を敷設することで、雨の日の泥はねを軽減させる効果があります。
お庭ではあまり水を常用しないので、水受けは設けずにシンプルな装いに。ワンポイントの植栽が可愛らしいですね。立水栓はウッドでデザインされたものをチョイスして、お庭のイメージの統一感を図りました。

金子様邸_感想文