ガーデンリフォーム工事施工事例集

自然を感じられるモダンエクステリアによって、ますます愛着の持てる空間に~牧様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

モダンとナチュラルを繋ぐRC杉板調のデザインウォール

「お庭でのびのび過ごしたい」、「愛着の持てるお庭にしたい」と多くの方が願うことですが、実際ご新築の計画を立てる時には、お庭づくりについて深く考えることができず、エクステリア工事を行ってしまうことはよくあることです。
牧様も同じように感じておられました。牧様邸では、「のびのび過ごせて、愛着の持てるお庭にしたい」という本来の願いを叶えるためエクステリアリフォームを行いました。

駐車場の奥にあるお庭は仕切るものがなく、前面の私道から見えてしまう状態。また家と家が密集しているので、プライバシーを保つためには目隠しするものが必要でした。さらに2階のバルコニーの柱がお庭の中にあり、この柱を違和感なく隠すことも求められていました。のびのび過ごすことができないお庭だと愛着もなくなってしまいます。愛着が湧くお庭にするためには、周囲の視線を気にすることなく、居心地が良い場所であること、お手入れが簡単で綺麗な状態を維持しやすいことが必要です。
そんな牧様のご希望を叶えるため駐車スペース側の隣地境界は、デザインウォールで目隠しをつくり、周囲の視線が気にならないようにしました。駐車スペースはRC杉板を再現したタイルでデザインウォールを造作。このRC杉板というのは、コンクリート壁の表面に杉の板目を付ける工法のことで、綺麗な板目を表現するのは非常に難しいと言われています。しかし牧様邸では、タカショーのセラウォールRC杉板というタイルを使用し、杉板の木目とコンクリートが持つ重厚な雰囲気を再現しながら存在感のあるエクステリアをつくり上げています。
RC杉板はモダンなエクステリアとマッチするだけでなく、植栽のナチュラルな雰囲気とも好相性です。
牧様邸に元々ある植栽とも調和していますね。既存の植栽は高さがあるので、存在感のあるRC杉板調のデザインウォールとバランスが取れています。
L字に曲げたRC杉板調のデザインウォールの隣にはアルミ製の角柱を立て、バルコニーの柱を隠すように配置しました。同じシルバー系なので、違和感なく溶け込んでいます。一見クールなアルミの角柱もRC杉板調のデザインウォールによって、柔らかな印象に。自然を感じられるモダンなエクステリアがプライバシーを守ります。

DESIGN POINT 2

快適な空間で愛着が増すガーデンスペースに

RC杉板調のデザインウォールとアルミの角柱の後ろはご家族がくつろぐためのガーデンスペースです。ガーデンスペースは高さのあるフェンスと左官仕上げのデザインウォールで囲い、プライベートな空間をデザイン。デザインウォールもフェンスも白でカラーを統一しているので、高さがあっても圧迫感を感じにくくなっています。
牧様邸では、真砂土を敷いて雑草対策をしてありましたが、年月と共にヒビが入ったり、苔が生えてしまい、お庭への愛着を失わせる原因になっていました。また掃き出し窓の前はコンクリート製のステップが付いていますが高低差があり、使いにくい状態でした。これらの状況を解決するために、お手入れがしやすいタイルを使ってテラスを造作。テラスの部分は雑草が生える心配はありません。またタイルテラスと室内との高低差を少なくしたことでお庭へ出やすくなります。
このタイルテラスに使用したのは淡いグレーのタイル。白いタイルよりも汚れが目立ちにくいというメリットがあります。さらに60cm角の大きなタイルを使うことで、空間全体が広く感じられます。
タイルテラス以外の部分は防草シートを敷き、化粧砂利を敷き詰めました。タイルテラスに加えて化粧砂利で雑草対策も万全です。
既存の植栽がガーデンスペースに日影をつくり、柔らかな日差しの中でほっこりした時間を過ごすことができます。
プライバシーも確保され、お手入れの手間も少ない快適なお庭になれば、もっと外で過ごしたいという気持ちになりますね。これからもますます愛着が持てるお庭になっていくことでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

我が家は15軒で持っている私道の奥にあり、公道からの人目につくことはありません。そのため、最低限の外構で済ませておりましたが、年月とともにまさ土はひび割れ、コケは生え、愛着の持てない庭となっておりました。
さずがに重い腰を上げ、ネット検索しますと評判のよさそうな癒樹工房さんが目に止まりました。
理想と予算で揺らぐ私達の気持ちを何度もヒヤリングして下さり、最終的に提案されたプランは私達素人では思いもつかない素敵なものでした。
まずは壁ですが、RC杉板仕上げ風のタイルの壁は高さを出したにもかかわらず圧迫感を与えず、周囲とも調和をしています。また壁を作ったことにより今までは私道からまる見えだったプライバシーも保たれました。
次にタイルテラスですが、今回タイルは名古屋モザイク60角のグレーを選択しましたが、これが大正解でした。
2階グレーチングのベランダからもれる光で昼間はとても明るいテラスとなりました。でも白いタイルと違い、汚れはさほど目立ちません。
また夜はテラスの足元に忍ばせたライティングでとても素敵な雰囲気になります。
昼と夜で違う顔を見せてくれるタイルテラス、これからどのように活用しようかワクワクしているところです!
今回お世話になりました西村様、福知様、職人の方々、本当に素敵な外構となりましたことに感謝申し上げます。

牧 宏至