Gardem reform
No. 028
プライベートガーデンを海外のオシャレなランドスケープのように~島田様邸~
Before 施工前

公園の近くという立地でしたので、背の高い樹木が見える借景をうまく活かして海外のランドスケープのような景観になるようデザインしました。アウトドアリビングとして使えるように、掃き出し窓前は極力装飾を入れない広々としたテラス空間としました。夜は間接照明によって、ふんわりと灯りが広がります。比較的お手入れが簡単な植物と、経年変化によって見応えが増す素材を掛け合わせ、島田様にピッタリなプライベートガーデンになりました。

お客様からのご要望

  • 庭をリビングのように使いたい
  •  昼も夜も楽しめるようにしたい
  •  無機質な素材とシンプルな植栽でローメンテナンスにしたい
  •  既存の植栽に合ったガーデンにしたい
After 施工後

海外のランドスケープをイメージしたガーデンスペース

ガーデニング文化が進んでいる海外では、ガーデンスペースはリビングなどの室内の主要なお部屋から連続した空間ととらえ、そこで健康的な暮らしをするという考え方があります。この海外のガーデンスペースの考え方を取り入れ、島田様邸もリビングとガーデンスペースを連続させ、アウトドアリビングとして安らげる空間にしました。無機質な印象のRC風タイルで壁面をデザインし、植栽スペース際には大きな平板の飛び石と砂利を敷き、ダイナミックかつスタイリッシュな印象に。既存のタイルテラスの長所をより活かした構成としました。公園に面した位置にある島田様邸はウリンのフェンスでガーデンスペースを囲い、室内にいても室外にいても外からの視線が気にならないようにしました。

経年変化が楽しめる素材で時間が経つほど味わい深いお庭を

既存の50cm角の大判タイルが引き立つよう、RC風のタイルとコールテン鋼にウリンのフェンスを掛け合わせました。無機質のコンクリートと自然素材の木材という反対の素材を組み合わせることで、冷たい印象と温かい印象が両立した独特な雰囲気を演出しています。そこにコールテン鋼というサビをサビで防ぐという金属をもってくることで、より個性をプラスしました。すべて耐候性に強い素材なので、メンテナンスが要らず経年変化を楽しむことができます。

お庭をリビングのように使うことができるアウトドアリビングという発想

ガーデンスペースにはベンチをつくり、外の風を感じながら静かに読書をしたり、ご家族やご友人と一緒に食事を楽しむことができるようにしています。屋外なら匂いや煙が気になる料理も思いきり味わうことができますね。そこには自然と会話が生まれ、笑顔が溢れる時間になることでしょう。

植栽は借景を取り入れてお庭をより奥行きのあるものに

海外のガーデンスペースの特徴として緑が豊かであるという点があります。しかし日本では敷地内を森のような木々でいっぱいにするというのは現実的ではありませんね。植栽を敷地内に植えるという方法は一般的ですが、周囲に緑が見える場合は、“借景”という考え方もあります。島田様邸では家の前にある公園の樹木の景色をガーデンスペースの景色として取り入れ、庭に大きな樹木を植えなくても緑に囲まれたような空間にしました。ウリンのフェンスやコールテン鋼のサビパネルが水平線を隠す額縁のような機能をもたらします。ガーデンスペースの植栽はあえて背丈のあるものは植えず、下草をメインにセダムなどの多肉植物や、コンフーサやドラセナなど常緑のものをメインに配置。植栽の背景にはサビパネルを設置して、色彩をウリンと連動させつつ緑がより引き立つようにしました。サビパネルは重たくなりすぎないように四角いくり抜きを入れ、ほどよい抜け感と立体感を出しました。

ライティングは直接光源が目に入らないものを選んで柔らかい印象に。

サビパネルの裏には照明を設置していますので、夜になるとこの切り抜きから光が漏れる仕掛けになっています。ベンチの座り面に設置されたLEDバーと、丸いカバーを被せた照明をバランス良く配置し、お庭全体が程良く明るくなりました。間接的に反射して照らされた灯りが、夜のガーデンスペースを優しく包み込みます。

お客様からのお喜びの声はこちら