プラスG

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

「プラスG」で空間デザイン!豊富なパーツで理想のエクステリアを実現

 

住宅街を歩くと、いろいろなデザインの外構が目に入りますね。最近は、外構のデザインに力を入れる方がたくさんいらっしゃいます。外構はデザイン性だけでなく、機能性も兼ね備えていると嬉しいものです。そのような希望を実現するアイテムに「プラスG」があります。

 

住宅用建材メーカーLIXIL(リクシル)が販売している「プラスG」は、柱を中心にしてパーツを組み合わせるエクステリアのアイテム。パーツの種類が豊富で、組み合わせも多彩です。和風・洋風どちらの雰囲気の外構にも対応できますよ。「プラスG」で、理想のエクステリアを実現しませんか。

 

 

  • DESIGN POINT 2

    プラスGってどのようなもの?

 

プラスGは、屋外の空間を「間取る」ことを目的に作られているアイテムです。家を建築するとき、柱を立ててから屋根や壁を作りますよね。プラスGも、まず骨組みの柱を作り、屋根や間仕切りのパーツを取り付けます。

 

プラスGのパーツは多種多様です。パーツの組み合わせで玄関前、駐車場、ガーデンテラスなど、外構のさまざまなアイテムを形作ることができます。最近では、お庭で家族と過ごしたいと希望される方は少なくありません。プラスGを取り入れると、屋外でありながらもプライベートな空間を作れます。

 

屋外スペースの面積や形は、お宅によってさまざまです。クローズ外構にしたいけれど、面積が狭いからオープン外構にすると決めている方はいませんか?プラスGには、省スペースでも設置可能なアイテムもあります。採光や風通しも考えられていますので、室内の日当たりも考慮できますよ。

 

外構を決めるときは、防犯性が低くなっている場所がないかも十分に検討しましょう。敷地内で安心して過ごせて、不審者が侵入しにくい外構を作りたいものです。プラスGは、防犯面にも考慮したアイテムが多数揃っています。

 

プラスGは同じアイテムを使っていても、設置する場所や植栽などの組み合わせによってイメージが変わります。施工例を見て印象の違いに驚かれる方もいるほどです。それでは、次にプラスGの構造を見ていきましょう。

 

DESIGN POINT 3

・プラスGの構造

 

プラスGは、柱の「Gフレーム」を骨組みにして、目隠しとなる「Gスクリーン」、屋根となる「Gルーフ」、その他のアイテムを組み合わせて作られます。

 

プラスGに使われている柱やフレームは、サビに強いアルミ形材。耐久性が高いのが特徴です。目隠しパネルや屋根には、ポリカーボネートが使われています。ポリカーボネートは、ガラスやアクリルに比べて高い強度を持ち、割れにくい素材です。

 

Gフレームの基本となる柱のサイズは9cm×9cmとコンパクト。Gフレームの基礎を施工できるスペースがあれば、スペースの狭い場所にも対応できます。また、柱と柱をつなぐフレームに角度を付けられますので、プラスGは傾斜地や変形敷地でも設置が可能です。左右30度まで対応していますよ。

 

Gフレームの柱と柱を接続するフレームは9cm×15cmを基本にして、さまざまなサイズがあります。カーポートには、奥行きのある太いフレームを取り付けるなど、設置する場所に適したアイテムを選べます。

 

Gスクリーンには、ポリカーボネートのパネル、縦や横の格子、つり引き戸など、目隠しのアイテムが豊富にそろっています。デザイン性と機能性を兼ね備えたパーツを選ぶことができるでしょう。

 

Gルーフは、4 タイプあります。屋根を付けたい場所に合わせて選択できます。門扉から玄関まで屋根を付けたり、自転車置き場に雨除けの屋根を付けたり、細かな対応も可能です。

 

次に、プラスGを施工するメリットを見ていきましょう。

 

 

DESIGN POINT 4

・プラスGのメリット

 

プラスGのメリットは、空間を自由に仕切れて、拡張性があることです。玄関ゲートのみの施工から、玄関から駐車場までつながったエクステリアを造作することもできます。既存のプラスGへ後からアイテムを付け足すこともできるのですよ。

 

エクステリアのアイテムをいろいろなメーカーから取り寄せて作る場合、統一感が無くなってしまうかもと心配される方もいます。プラスGは、エクステリアに必要なパーツがそろっていますので、統一感のあるエクステリアも可能です。

 

エクステリアをプラスGで統一するだけでなく、目隠ししたい場所など部分的に取り入れる方も多いです。サイズ展開はさまざまですので、場所に合わせたアイテムを見つけられるでしょう。プラスGを造作するとエクステリアに高低差が生まれて、メリハリを付けることもできますよ。

 

骨組みであるGフレームの色は9種類。単色や木目調など、建物の雰囲気に合わせて選べるラインナップです。和風や洋風どのような雰囲気にも合うアイテムがそろっていますので、組み合わせによって、そのお宅だけのエクステリアが実現します。

 

 

DESIGN POINT 5

プラスGを形作る商品のメリット・強みなど

 

プラスGはシンプルで、スッキリとしたデザインが魅力です。サイズ展開も幅広く、自由な発想でデザインを形作れます。プラスGを構成する「Gフレーム」「Gスクリーン」「Gルーフ」のメリットや強みをご紹介します。

 

DESIGN POINT 6

・Gフレーム

 

プラスGの骨組みとなるGフレームはサビにくく、耐久性が高い特徴があります。メンテナンスは簡単で、汚れが付いたら濡らした布で拭き取り、から拭きするだけでOKです。

 

Gフレームの中心は空洞になっていて、照明を埋め込んで配線を隠すことも可能です。その他に雨樋をGフレームと一体型にできるものや、空洞の中に雨樋を通すアイテムもありますよ。細かなところまで配慮されて作られたパーツは、プラスGのシンプルなデザインを崩しません。

 

柱とフレームのジョイント部分は、ネジ穴が見えない構造になっています。また、柱とフレームの接続部分に段差がないので、スッキリとしたデザインです。Gフレームと組み合わせるアイテムには、飽きがこないデザインでシンプルなパーツがそろっていますよ。

 

プラスGはパーツを組み合わせられるのが魅力ですが、Gフレームだけを玄関アプローチに施工する方も多いです。その他に、Gフレームとポストやインターホンを取り付けて、機能性門柱として施工される方もいます。玄関前をフレームで仕切ることで、シンプルながらも印象的になるので、人気が高いのですよ。

 

DESIGN POINT 7

・Gスクリーン

 

Gスクリーンは、目隠し用のアイテムです。ポリカーボネート製のフェンス、縦格子、ルーパー、タイルを貼ったデザインウォールなどがあります。隠す素材や面積で外構の印象が変わるので、プラスGの中でもGスクリーンはアイテム数が多いです。和風や洋風の雰囲気を決めるのも、Gスクリーンのアイテム選びがポイントになります。

 

ポリカーボネート製の目隠しフェンスは、光を通すため、リビング前など採光を確保したい場所の目隠しに適していますよ。夜間は、室内や庭に設置した光を通すので、外構の照明を最小限にすることもできます。

 

プラスGの縦格子やルーパーは、6段階の中から角度を選べます。風通しや、目隠しを好みに合わせられるのが魅力です。隙間のある格子やルーパーだけでなく、1面を壁にすることもできます。板壁タイプやタイル壁を選ぶと、重厚感のあるエクステリアになるでしょう。

 

Gスクリーンには、引き戸タイプの門扉もあります。Gフレームに設置する「つり引き戸」タイプなので、床面にレールを造作する必要はありません。引き戸タイプの門扉には、駐車場のフェンスに便利な「リニアつり引き戸」もあります。リモコンで作動する引き戸で、リニアモーターカーの原理と同じ磁石とコイルで動かします。動作が静かなので、早朝や夜間でもご近所を気にせず開閉できるのがメリットです。

 

DESIGN POINT 8

・Gルーフ

 

Gルーフは、Gフレームに取り付ける屋根のパーツです。プラスGで使われるのは、4種類。「フリータイプ」「カールーフタイプ」「ポイントルーフタイプ」「テラスタイプ」があります。

 

フリータイプは、骨組みへ自由にパネルを付けることができます。門扉から玄関までのアプローチに屋根を付けたり、駐車場まで雨に濡れないようにするなど、アレンジは自在です。

 

カールーフタイプは、駐車場の屋根です。カールーフは、エクステリアのアイテムで大きなものの1つですよね。大きなものだからこそ、エクステリアの印象を左右します。デザイン性の高いプラスGでお好みのカールーフが見つかることでしょう。

 

ポイントルーフタイプは、自転車置き場や玄関前など屋根を部分的に設置できるパーツです。木目パネルなどデザインはさまざまですよ。

 

お庭のテラスを作りたいときにも、プラスGはピッタリ。独立したテラスや、建物と一体化したものを作ることもできます。ポリカーボネート製の屋根は、紫外線をカットするので、日焼けを気にせずにテラスで過ごせるのが嬉しいですね。

 

 

 

プラスGは、お庭の空間をデザインできるアイテムです。エクステリアのデザイン性を高めるだけでなく、機能性も兼ね備えています。Gフレーム、Gスクリーン、Gルーフのアイテムを組み合わせて、理想のエクステリアを考えてみませんか。多彩なパーツから、ご自宅に合うアイテムがきっと見つかるでしょう。