グランドライト

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

虫が来ないエクステリアライト

エクステリアライトで綺麗にライトアップして、風が気持ち良い季節には、お気に入りのお庭で夜も優雅な時間を過ごしたい!・・・だけど、外に出ると気になるのが虫の存在。ライティングはしたいけど、照明でお庭を明るくしたら、虫が寄ってくるかもしれないと不安に感じる方は少なくありません。虫が苦手な方なら尚更ですね。だからといって真っ暗なお庭では楽しむこともできません。快適なガーデンタイムを過ごすためには、虫の習性を知り、適切な照明選びをすることが重要です。
そもそも、なぜ虫はライトに集まってくるのでしょうか?
実は、虫が空を飛ぶとき、紫外線が発生する場所に向かう習性があります。蛍光灯は人の目には見えませんが、発光するときに紫外線を発生させます。蛍光灯を使用したライトがあると、そこに虫が集まってきてしまうのです。「紫外線!?虫は明るいところが好きなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、虫は私たちが明るいと感じるものを同じように見ているのではありません。虫は紫外線を見て、それを頼りに飛んでいます。
と言うことは、紫外線を発生させないライトを選べば良いということになりますね。
そのライトとはLEDライトです。(全てのLEDライトが紫外線を発生させないわけではありません。確認した上で、ライトを選ぶことが大切です。)現在、エクステリアに使われるライトはLEDライトが主流になっています。LEDライトを使って、夜のガーデンスペースを彩れば、虫を気にせず優雅な時間を過ごすことができます。そこは私たちには明るい空間でも、虫にとっては暗闇です。

では、どんなLEDライトを使ってナイトガーデンを楽しむことができるでしょうか?
そのひとつにグランドライトがあります。アプローチやデッキに埋め込み、床面を彩るエクステリアライトのことです。床から上方向に光るのが特徴で、タイルテラスやウッドデッキに設置してライトアップします。長時間点灯していても表面温度が上昇しないので、小さいお子様やペットを飼われている方も安心して使用することができます。屋外で使用するLEDライトですので、耐水性も抜群。また強化ガラスを使用しているグランドライトもあるので、誤って物を落としたりしても、大きな事故に繋がりにくく、安全性も考慮されています。
さらに自然石やタイルを使用したアプローチのライティングとしても設置されることが多くなってきています。並べて設置するだけでもきれいですが、あえて壁や立体物の近くに設置して間接照明のような使い方をしてもオシャレです。建物の外壁やデザインウォールをライトアップすれば、美しい光が壁面に伸びていきます。またグランドライトによっては、光の向きを変えることが可能です。壁面や立体物にのみ光を当てることができるので、眩しさを感じることはありません。グランドライトは電球カラーバリエーションが豊富なので、温かみのある電球色にしたり、青色の光で幻想的な空間にしたり、電球の色を変えれば空間のイメージを変えることができます。虫が来ないLEDライトで、ナイトエクステリアを楽しむことができるでしょう。

重厚かつ存在感のあるファサードで高級感を演出したエクステリア~中山様邸~
漆黒のアンティークレンガで彩るクローズエクステリア~北井様邸~