ガーデンリフォーム工事施工事例集

3度目のリガーデンを経て完成した、テラス屋根+アーバンテイストのフェンスを駆使したアウトドアリビング〜川野様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

3度目のリガーデンで納得のガーデンライフに

過去に2回、既にエクステリア工事を行ってきた施主様ですが、いずれも100%満足のいくものではありませんでした。今回は前回までのエクステリア工事で造作されたものを上手に使い、改めてトータルコーディネートしたリフォーム事例です。ガルバリウム鋼板の壁面とマッチするシャイングレーのアイテムを用いて、エクステリアがアーバンテイストに仕上がりました。

立派な人工木のウッドデッキですが、道路の正面に単体であるためどうにも使いづらいのが現状でした。今回のリフォームの肝は、「あるものをより使いやすく」です。ウッドデッキの周りには渋めの乱形石でもう一段ステップをつくり、お庭の使いやすさを追求しました。

ウッドデッキの上には、上空をすっぽり覆うようなテラス屋根を取り付けました。屋根なしの状態だとくつろぐ際も洗濯物を干す際も不便を強いられてきましたが、屋根1つあるだけでウッドデッキの使い勝手は驚くほど向上しました。

主庭スペースで一番の変化は、縦桟のフェンスをウッドデッキ前に取り付けたことです。住宅地の道路に向かって造作物がない状態では、どんなに立派なウッドデッキでも人の目が気になってくつろげませんね。縦桟のフェンスであれば、角度によっては全く奥が見えず、プライバシーをしっかり守ってくれます。

 

DESIGN POINT 2

玄関まわりは安全面と考慮した前庭にリガーデン

玄関側のお庭も色々と変化があります。主庭とデザインを合わせてシャイングレーのカーポートを取り付け、アプローチには乱形石を使いました。玄関まわりと主庭は距離が離れていますが、使うアイテムやカラーを統一することで、どの角度から見ても一体感の感じられるデザインになっています。

カーポートはお住いの雰囲気に合うように、ソリッドなデザインが印象的なフラットタイプをチョイスしました。屋根のパネル材は熱線を吸収するタイプのポリカーボネート製なので、夏の暑い日における車内の温度上昇を防いでくれます。

カースペースの裏の空間が空いていたので、段差をスロープで解消してサイクルスペースにしました。何にも利用されていないデッドスペースはまさに無駄そのものなので、少しでも有効利用できるようお庭の全てを見直しています。

以前はお子様の転落が心配だった玄関ドア前も、デザインウォールを設けたことで不安が解消されました。ガラスブロックとロートアイアンのアイテムに彩られたデザインウォールは、圧迫感を感じさせないためにあえて低めに設定しています。

 

Client Voice お客様の声

感想文

この度は本当にお世話になりました。
外構 工事は今回で3度目になりましたがようやく満足できる仕上がりとなりました。最初に癒樹工房さんにお願いしていたら余計な費用もかからずにすんだのにと思うと…。
 プランを考える際にはお忙しい中、何度もお越しいただいて私達の希望に100%沿う内容にになるまで一緒にに考えていただきました。CAD図面も何度も作り直してくれました。おかげさまでプランは100%満足するものとなり極力2度の工事で使った部材も移設するなどして無駄にならないような内容を考えていただきました。
 工事中は、職人さんも一生懸命やっていただき途中で小さなトラブルが発生しましたがその際にも速やかに対応していただきました。また一番おどろいたのは尾崎さんが現場に足繁く通ってくれたことです。これまでの2度の工事では、営業担当がくることはありませんでした。
そのために仕上がりのイメージがずれることがありましたが、今回はそういう心配もありませんでした。
 予算的には決して安いものではありませんでしたがそれ以上の満足感を与えていただいた尾崎さん夫婦には大変感謝してます。
本当にありがとうございました。

川野隆之 彩乃