新築エクステリア工事施工事例集

木目調のテラス屋根と植栽でつくる快適エクステリア~行田様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

安らぎを感じるガーデンスペース

テラス屋根をご希望だった行田様。取り付けたのはLIXILの「シュエット」です。このシュエットは屋根としての機能はもちろん建物とのコーディネートができるアイテム。木目調のナチュラルなデザインは快適さも美しさも兼ね備え、植栽とも調和します。木目の風合いが安らぎを感じさせますね。
お子様の遊び場ともなるリビング前のタイルテラスはクラシカルなライムストーンを表現したタイルを使用しました。建物とマッチし、優雅な雰囲気を感じさせます。タイルテラスの周りは花壇をつくり、ガーデニングを楽しめるようにしました。ご家族の団らんの場が緑で溢れていると心が穏やかになっていきますね。
そしてガーデンスペースを囲うのはタカショーの「ベータフェンス」という流線型の柔らかいデザインが特徴のフェンスです。ツル性植物を絡ませればグリーンのカーテンに早変わり。道路向かいにある菜園からの目隠しもになります。

DESIGN POINT 2

優しい色合いのアプローチも緑を感じる空間に

道路側からの入り口は広く取り、そこからゆるやかなアールを描くことで玄関までの道のりに奥行きを感じさせます。床面はアプローチの表情が豊かになるよう、大きさの異なる石を貼りました。この石は乾いている時は優しい色合いですが、濡れると鮮やかな色になり、独特な風合いを楽しめます。アプローチの隣は自転車スペースに。玄関に近いので便利ですね。この自転車スペースには、アプローチに使用した石よりも大判のものを使い、空間を仕切っています。石と石の間には天然芝を敷き、緑のアクセントをプラスしました。フェンスの後ろには樹木を植え、自転車スペースの目隠しに。
またデザインウォールの後ろは土のスペースを残し、行田様が植物や樹木を植えるのを楽しめるようにしました。ここに樹木が入ることで、雑木林のようになり、雑木林を抜けた先にはご家族でくつろぐタイルテラスが広がります。これから樹木の成長が楽しみですね。