新築エクステリア工事施工事例集

フレームを自在に組み合わせた立体的エクステリア~梶山様邸~

garden-reform-kajiyama001
garden-reform-kajiyama002
garden-reform-kajiyama003
garden-reform-kajiyama004
garden-reform-kajiyama005
garden-reform-kajiyama006
garden-reform-kajiyama007
garden-reform-kajiyama008
garden-reform-kajiyama009
garden-reform-kajiyama010
garden-reform-kajiyama011
garden-reform-kajiyama012
garden-reform-kajiyama013
garden-reform-kajiyama014
garden-reform-kajiyama015
garden-reform-kajiyama016
garden-reform-kajiyama017
garden-reform-kajiyama018
garden-reform-kajiyama019
garden-reform-kajiyama020
garden-reform-kajiyama001-サムネイルgarden-reform-kajiyama002-サムネイルgarden-reform-kajiyama003-サムネイルgarden-reform-kajiyama004-サムネイルgarden-reform-kajiyama005-サムネイルgarden-reform-kajiyama006-サムネイルgarden-reform-kajiyama007-サムネイルgarden-reform-kajiyama008-サムネイルgarden-reform-kajiyama009-サムネイルgarden-reform-kajiyama010-サムネイルgarden-reform-kajiyama011-サムネイルgarden-reform-kajiyama012-サムネイルgarden-reform-kajiyama013-サムネイルgarden-reform-kajiyama014-サムネイルgarden-reform-kajiyama015-サムネイルgarden-reform-kajiyama016-サムネイルgarden-reform-kajiyama017-サムネイルgarden-reform-kajiyama018-サムネイルgarden-reform-kajiyama019-サムネイルgarden-reform-kajiyama020-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

洗練されたフレーム材でアーバンテイストなファサードに変身

広々としたアプローチを効果的に汎用材で区切り、外でも中でも暮らしやすいアーバンテイストなアプローチを実現しました。ただ素敵なだけではなく随所にデザイナーのセンスが光る演出に。全体的な色合いはお住まいとシンクロするようなアースカラーを用いました。デザインウォールはシンプルなフォルムと飽きのこないオフホワイトを選び、長く愛される佇まいに仕上げてあります。
変幻自在の汎用材、LIXILのプラスGを敷地の幅いっぱいに張り巡らせたので、その存在感は抜群。柱の一部を縦桟にすることで、見る位置によって奥を見えなくさせる防犯効果も期待できます。
リビングルームとお庭を直結する掃き出し窓の前と上部はすりガラス調の板材でしっかりガード。道行く人の視線や突然の雨からリラックス空間をやさしく守ってくれています。右側に縦桟、左側にシンボルツリーを配置することで、さりげなく壁に幅を持たせました。

DESIGN POINT 2

シンボルツリーとデザインウォールを光で包む夜の芸術

夜になると各所に設置されたライトが一斉に光りだします。デザインウォール下部の花壇に埋め込まれたアッパーライトは、門灯の役目を果たすだけでなく、取り付けられた各アイテムの影をデザインウォールに映し出しています。
お庭に植える高木は3本単位が良いとされています。高さ、種類の違う木々を不等辺三角形の位置に植えることで、お庭に立体感・奥行きが生まれるからです。そうすることで玄関への道のりが長く、楽しく感じられます。
それぞれの高木の下にアッパーライトを取り付けることで、陰影を楽しめる大人なお庭になりました。アプローチがこれだけ明るいので、門扉やフェンスで固めずと防犯対策はバッチリですね。
お庭の上部を走る梁材にもダウンライトを仕込んであるので、夜に家を空ける際も心理的に安心です。シンボルツリー下のアッパーライトは角度を調整できるので、木の影を建物に向けて照らしています。白い外壁のお住まいが夜には自然のキャンバスになるなんて素敵ですね。

DESIGN POINT 3

細部にまでこだわった珠玉のアイテム+デザイン

お庭にナチュラルテイストを織り混ぜたい場合は、何と言っても「木」と「石」です。今回はデザインウォール下部にピンコロ石の花壇を設けました。ウッド調のポスト、ネームプレート兼インターフォンカバーとの相性もばっちりですね。
玄関を開けても隣地からの視線が気にならないよう、玄関ドア前にはすりガラス調の板材を広めに組み込んであります。板材の右隣にはツル植物を誘引させるための目の細かいフェンスを設置したので、いずれは見事なグリーンカーテンが出来上がります。日々の水やりが楽しくなるアイディアですね。高木は常緑樹と落葉樹の2種類あります。今回は3本植えてあるので、それぞれの特性を活かした配置を心がけました。ご確認やお客様の目を楽しませるために、アプローチ付近に植えた木は落葉樹をチョイス。季節の移ろいが感じられ、日々小さな発見が見つかります。

Client Voice お客様の声

 今回は素晴らしい外構工事を手がけていただきありがとうございました。当初は家を建てたハウスメーカーそのまま外構工事をお願いしようとしていましたが、なんだかワクワクするような提案もなく迷っていたところ、ネットで癒樹工房さんを見つけた次第であります。
 実際の打ち合わせでは、金額の予算を考慮して打ち合わせを何度もして頂き、イメージに近い提案をしていただきました。途中で担当が杉崎さんに変わりましたが、今までの経験を元にデザイン性も兼ねそなえつつ、その中でも生活しやすい外構を提案していただけました。
 正直終わってみると予算も大幅にオーバーしていましたが、出来上がった外構はイメージ通りかそれ以上の満足できるものとなりました。毎日家に帰ってきた時や休みの日に家の中から外構を見た時の満足感を安心感をとても強く感じて生活できています。
 工事中でも打ち合わせ内容とずれていたり、不明な箇所はすぐに変更していただき提案通りの形となりました。金額だけを見ると高いなあと感じるところですが、毎日生活して過ごす環境として外構工事がこれだけ重要なものであると改めて感じました。完成に近づき、仕上がるたびに、不安感ではなく、最初に欲しかったわくわく感が増していったことを今でも覚えています。今回は本当にありがとうございました。

梶山