Garden Channel

オープンタイプのガーデンルームで爽やかな風を!

ガ-デンル-ムは、家族に新たな生活の楽しさやリズムなどを生み出す素敵なアイテムです。そして新たにガーデンルームを設えることで、お庭に一部屋リビングが増えるような感覚で、使用する用途も広がります。
またオープンタイプのガーデンルームでは、開放感があり爽やかな風を感じることができますよ。
このようなガーデンルームの素敵な施工例をご紹介しますね。

 

愛犬のドッグガーデンルームに変身!

ガーデンルームのタイルテラスから外に出ると天然芝のスペースが広がる愛犬との憩いの空間を設えた清水様邸のご紹介です♪
ココマという製品のガーデンルームは、お庭とリビングとをつなぐアイテムです。

ココマのガーデンルームの特色として内部が大変に広々としています。自転車を置くスペースなども十分に取れますし、テーブルや椅子などをセティングして寛ぐこともできますよ。オプションとなりますが、ガーデンルーム内にセットした家具などの日焼けを日除けを設置することで守ることも可能です。
気になる隣家などの視線も腰壁タイプでカーテンを引くことでゆったりと周りを気にせずに過ごすことができます。
愛犬の生活スペースとしても活用でき、夏場も日陰を腰壁や日除けなどで作ることができますので愛犬にとっても快適です。

自然石を模したべ-ジュ系の擬石で腰壁の側面を貼りナチュラルな雰囲気が演出できました。雨水対策なども左右の柱に取り付けている雨樋によって安心です。
夜間には、ロールスクリーンを下ろすとリビングなどの光もシャットダウンできます。 また隣地との境には、コニファーと枕木とを緑のカーテンとして配置していますのでアイストップ効果となっていますね。

愛犬のケアのためのアイテムである立水栓を近くに設えていますので、使い勝手のよい環境となっています。オレンジの温かい色合の陶器製の立水栓のカバーには、ワンちゃんをかたどった一品の蛇口を取り付けてあり楽しいですね。
愛犬の散歩後の汚れを落としたりシャンプーをしたりする場所としても活用できます。
洗い出しのスペースは、砂利で四方を囲ってあり勾配もつけていますので流れた水も砂利のスリット部分にしみ込みます。
ガーデンルームとタイルテラス、天然芝などで愛犬が駆け回れる素敵なエクステリアとなりました。

 

デッドスペースがガーデンルームに!

奥行きが2m程のお庭に素敵で機能的なガーデンルームを設えた津久井様邸のご紹介です♪
デッドスペースとなっていた境界ブロックのギリギリまでを活用して第2のリビングを完成させることができました。

傾斜地に建てられているためガーデンルームからの眺めを楽しむことができますね、またコンクリートの擁壁にべ-ジュ系の塗装をしブラウン系のランダムなレンガを貼ったので洋風でモダンにアレンジできました。レンガはタンブル加工という角を削る加工をしていますのでアンティークな雰囲気も感じられますね。
またレンガを壁の下段だけ貼っているので、高さのある壁が安定感のある意匠性の高いものとなりました。

 

オープンテラスタイプのガーデンルームには、横長のテーブルを設置してあり季節の花鉢や小物、また洗濯物の作業の時などにも重宝しますね。
またガーデンルームは、リビングの床の高さとほぼフラットな状態にしていますので、よりリビングが広がったような空間となります。家族や友達とお茶や軽食を楽しむこともでき憩いの時間も増えそうです。
ガーデンルームの外のオープンテラスには、折り戸パネルを通って行き来が可能で雨天時の吹込みなどに対しても安心です。
洗濯物干しや内部にとりつけた日除けなどは、どちらも取り外しが可能ですので雰囲気を変えてガーデンルームを活用することが可能なものとなっています。
またパネル材は、ポリカーボネート板で紫外線をほぼ100%カットできますので日焼けなどについても心配がありません。
夜間には、ライトをガーデンルームの上部に取り付けていますので光が隅々まで届き風を感じながら憩いの時間を過ごすことができますね。

 

気になる視線をガーデンルームでカット!

リビングルームで過ごす時に気になる道路からの視線をガーデンルームを設置することでカットした坂本様邸のご紹介です♪
クリアマットの窓と腰壁が設置されているガーデンルームで、安心の憩いの時間を過ごすことができますね。

生木の板材を腰壁には、アクセントとしてL字に施工して貼っています。ブラウン系の建物やタイルのアプロ-チともマッチしていて統一感がありますね。
またガーデンルームをややセットバックさせて設えることで、花壇を作ることができさまざまな下草や植栽でよりナチュラルな空間となりました。また花壇があることで道路側の泥はねなどから壁を守るという効果もあります。

ガーデンルームの部材などは、ダ-ク系の柿渋色でまとめポストや機能門ともマッチしています。

ガーデンルームの内部は、床面をタイルと真ん中が人工芝になっておりお子様と一緒に遊ぶ時にも優しい空間となっています。またリビングルームから見ても緑の部分が見えてナチュラルな雰囲気を楽しむことができます。人工芝の施工では、転圧した砂や砂利、防草シートなどを下に敷いていますのでお子様が転んでも痛くなく、水遊びなどの時の水たまりもできませんので安心です。

オプションとなりますが、屋根材の下の部分には日除けを取り付けており夏場でも風を感じながら涼しく過ごすことでできます。
タイルでベンチを設えてあり、ゆっくりとこし掛けて寛いだり様々な小物などを置いたりするのにもピッタリですね。


細身の立水栓や水受けをガーデンルームのコーナー部分に設えました。タイルをくりぬいて設置した水受けは、白い化粧砂利が敷いてあり爽やかで涼しげな雰囲気となっています。またシンボルツリーには、落葉樹を植えており夏場になるとさらにガーデンルームの内部を隠してくれますので快適です。

 

ホームページには他にもガーデンルームの施工例がございますので、ガーデンルームをお考えの方は是非参考にしてくださいね☆

☆エクステリア・外構工事のプロショップ☆~毎月5件だけのプレミアムガーデン~癒樹工房(ゆうきこうぼう)