千葉支店 “千葉”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

千葉支店・店長の高橋です。

このホームページに辿り着いたという事は、
これから生まれ変わるお庭に想いを馳せてわくわくしている事と思います。

ウッドデッキを作ってバーベキュー、芝生の上で昼寝。家庭菜園もしたいし、ガーデンルームも欲しい。
どんなアプローチにしようか、どんな植物を植えようか。
せっかく建てた夢のマイホーム。エクステリアにも想いが膨らんでいきますね。

しかしながらそんな夢いっぱいのエクステリアでも失敗してる方はたくさんいらっしゃいます。

なぜかといいますと、家と違ってエクステリアは設計の自由度が高い工事です。
考える人によってデザインされるエクステリアは千差万別です。
ここで重要なのは「お客様の要望を全部叶える」ではなく、「お客様の想いを汲み取り、デザインする」という事です。
30分くらいでとりあえず要望を全部聞いて設計しただけのプランは必ずしも良いものにはなりません。

・デザインはいいけど、使いにくい。

・家のデザインと合っていない。

・使いやすいけど見た目がカッコ悪い。

せっかくお金をかけたのに、これでは工事をした意味がありませんね。

私はお客様と向き合って、どれだけ「想い」を汲み取れるかが何よりも重要だと考えています。
そのためお客様との最初のお打ち合わせには最低でも
1時間半、長い時は3時間ほどお時間を頂きます。

お客様の好みや、生活スタイル、敷地状況、道路やお庭の方角。設計を考える上で、
様々な要因が複雑に存在しています。
それらを踏まえてようやく必要なものや、最適なデザインが見えてくるのです。
この時間をおざなりにするか、しないかで工事が「失敗」に終わるかが決定する
と言っても過言ではありません。

お客様との共同作業で完璧なデザインを作るためには「時間」がかかると言う事を知っておいて下さい。

エクステリアという言葉はインテリアの対義語として生まれた言葉ですが、家の中にあるインテリアと違って、住む人以外からもずっと見られる部分になります。
エクステリアデザインがしっかりしていれば、家をさらに引き立たせる役割も担っています。
家に帰るのが楽しみになり、週末はお庭でガーデニングをしたり、デッキの上でゆっくり過ごしたり。

家の中にいても外の緑に癒しを求めたり、インテリアとは違った癒しの住空間を演出できれば生活に彩りを添える事ができます。

エクステリアにとって必要不可欠な要素として「緑」があります。
コンクリートで固められた駐車場でも、少しばかりの「緑」があればそこには
「ゆとり」や「癒し」が生まれます。
見た目の問題だけではなく、落葉樹は、夏には葉を茂らせ、
家に影を落とし涼しくし、冬には葉を落とし、
家の中には陽を取り入れるという機能的な意味もあります。
木々を見て四季を感じることができるのも日本人の特権です。
少しだけ自然を切り取り、お庭に配置してみてはいかがでしょうか?

良くある言葉かもしれませんが「家庭」という言葉は「家」と「庭」があって初めて成り立つものです。
どちらかが良くても悪くてもバランスが悪いものになります。
お客様の夢や想いが詰まった作品として、「家」と「庭」の調和がとれたお庭を、そして長い間大事にされるようなエクステリアをデザインしていこうと思っています。


もっと詳しく「エクステリア・外構工事」のことを知りたい方へ。
当店では、初めてエクステリア工事を行う方でも分かりやすいよう、エクステリア工事についての注意点や詳しい相談の手順などを独自に編集し、冊子にまとめました。
数量限定ですが、先着順で差し上げています。

店舗案内・施工可能エリア 千葉支店

所在地 〒276-0036 千葉県八千代市高津688-28
責任者(店長) 高橋 輝匡
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア

【施工可能地域】
千葉市・流山市・野田市・松戸市・柏市・市川市・浦安市・我孫子市・白井市・鎌ヶ谷市・船橋市・習志野市・八千代市・印西市・成田市・栄町・佐倉市・酒々井町・四街道市・八街市

【要相談地域】市原市(一部)

  • 施工可能エリア
  • 要相談地域

スタッフ紹介 千葉支店

ガーデンコンサルタント

高橋 輝匡の似顔絵

高橋 輝匡 (たかはし てるまさ)

生年月日 1980年4月4日
出身 北海道滝川市生まれ千葉県八千代市育ち
血液型 B型
家族 妻、長男、次男
  • ■ 自己紹介

    覚えていない位小さな頃から絵画教室に通っていました。
    結局高校卒業まで絵画教室に通い続け、そのまま大学受験までいきました。
    小学生の頃は父親の影響で釣りに目覚め、近所の川でバス釣りばっかりしていました。
    おかげでその頃は魚の絵ばかり描いていました。
    父親はカヌーまで買ってしまうほどの釣りバカでしたので川釣りに、海釣りに、なんでもやりました。
    前の職場の近くに運河があったので、夕方の休憩時間などは先輩と一緒にスズキを釣っていました。
    中学でギターにはまり、高校は行かずにギター作り職人になるんだ!
    と言っていましたがあたりまえのように周りの猛反対に合い、無事高校生になりました。
    今はあまり弾けなくなってしまいましたが、練習再開したいです。
    多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、ゲーム会社にデザイナーとして勤務していました。
    人と関わる仕事がしたい!という気持ちが強くなり、母親が昔から園芸関係の仕事をしている影響もあって、
    E&Gアカデミーのデザインコースに入学し。仕事をしながら学校に通っていました。
  • ■ 趣味

    フォルクスワーゲン、タイプⅡ、通称ワーゲンバスを所有しています。
    高校生の時からの夢で、結婚を機に購入しました。
    1966年式のオンボロですが、オンボロのおかげで修理を手伝ってくれる友人ができたり
    近所のおじいちゃんからも「昔乗ってたなぁ、懐かしいなぁ」なんて声をかけられます。
    長男が1歳の時にワーゲンバスで車中泊をしながら1週間ほど西日本を旅行しました。
    各地のワーゲン仲間や、旅先でお世話になった人等のたくさんの出会いを経験しました。
    そういう素敵な出会いを生み出してくれるワーゲンバスが大好きです。
    実はGOKIGEN SOUNDというアーティストの「ドライブ」という曲のPVに僕のバスが出演しています。
    よかったら見てください。あなたの町にも訪れるかも。
  • ■ DIY

    結婚してから住んだ家は築40年以上経ってるボロい平屋です。
    元々工作やDIYが好きなので、入居前に気合を入れて自分達でリフォームしました。
    大学時代の友人や友達の内装屋さんや左官屋と一緒に床を張ったり、キッチンにタイル貼ったり、
    壁一面ペンキ塗ったりと、とても勉強になりました。
    その後もダイニングテーブルや、パソコンデスクなど作って楽しんでます。
  • ■ 好きなもの

    ハンバーガーが大好きで、ヒマがあれば都内周辺のバーガー屋を巡り歩いてます。
    いわゆるグルメバーガーというやつですが、あまりに好きすぎて、
    ヒマな時は自分でバンズを焼いて自作のバーガーを研究しています。
    おいしいバーガー屋さんの情報などありましたら教えてください。
  • ■ エクステリアについて

    デザイン力、提案力を磨いて、いずれは「日本一のガーデンデザイナー」と呼ばれるようになるのが夢です。
    「高橋に任せてほんとによかった!」と言わせる自信があります。
    お客様の夢や希望を最高の形で叶えられるようなご提案を致しますので、ぜひ私にお任せ下さい。

ガーデンコンサルタント

内野 雄太の似顔絵

内野 雄太 (うちの ゆうた)

生年月日 1987年3月28日
出身 埼玉県所沢市
血液型 O型
家族 妻、長女、次女
  • ■ 自己紹介

    物心ついた頃から車と絵を描くことが大好きで、誰かが話し掛けてきても 気が付かない位、絵を描いているときは自分の世界に没頭していました。
    そもそも、車が好きになったのは車屋を経営している父の影響で、小学生位の頃には カーフェスティバルなどに連れて行ってもらって車の絵を描く為にその車種の細かい 特徴(ボディラインの基点や普通に写真に収めただけでは影になってしまう、バンパーや マフラーの形状、タイヤの模様など)をひたすら見たりしていました。
    今となっては何故そこまで没頭していたのか、自分でも分かりません(笑)
    しかしながら成人をしても絵と車が好きなのは変わらず、車関係のお仕事をさせて頂いたことも あります(実はそこからのご縁で癒樹工房での仕事をすることになります)。
  • ■ 趣味

    やはり根の性格はインドアなのですが、アクティブすぎる父に幼少期から海に連れられて 小学校から高校生までボディボードやサーフィンをしていました。
    また、高校生の頃に初めて音楽に興味を持ち、よくライブにも行っていました。 聞いていた音楽がパンクロックというジャンルでしたので、ライブで羽目を外し過ぎて 靴を片方無くし、渋谷駅から所沢駅まで右足だけ靴下で帰宅したこともあります(;−w−)
  • ■ エクステリアについて

    私自身が、エクステリアを手がける上でやりがいを感じるのは自分でデザインしたお庭が 実際に形になり、それがお客様の人生の喜びや幸せを構築する為の要素になるということです。 「家」の意味の中には「生活の中心となる場所」という意味も含まれています。建物は勿論ですが、 庭がこれに属さないという根拠はありません。 敷地に存在するあらゆる場所がお客様の「生活の中心」となるよう、そして建物だけではなくお庭にも 拘りを表現することの意味を実感して頂く為に一生懸命お仕事をさせて頂きます。

ガーデンコンサルタント

梶原 正樹の似顔絵

梶原 正樹 (かじわら まさき)

生年月日 1990年06月26日
出身 埼玉県蕨市
血液型 O型
家族 独身
  • ■ 自己紹介

    小さい頃から虫が大好きで、外で遊ぶうちに草花や木々にも触れる機会が多い子供時代でした。近所の盆栽屋さんにも足繁く通っていた時期もあり(当然子供のお小遣いでは買えませんでしたが・・・)暇さえあれば盆栽の幹のうねりをいつまでも見続けていました。
    その原体験が私を植物の世界へと導き、農大で環境緑地を学ぶことになりました。
    学校の授業の中で一番印象的だったのは、なんといっても自分達で一から庭を作る実習でした。汗をかきながら自分の手で和風の坪庭を作る事は、教室の中で教科書や図面を見ながら勉強していては味わえない感動がありました。もちろん製作は初めてのことだったので出来上がった庭はとても拙いものでしたが、この授業がターニングポイントであったと思います。
  • ■ 趣味

    学生時代、勉強の息抜きはサーフィンでした。それまでは陸の自然一辺倒(?)だったので、試しに海にも挑戦してみよう!という考えがきっかけではじめました。やってみると意外とマリンスポーツと相性が合うみたいで、未だに時間を見つけては海に行っています。いつかパラグライダーとか空のスポーツも楽しめるようになったら、陸・海・空、すべての自然を楽しめるようになるのかな、なんて思います^^
  • ■ エクステリアについて

    大学卒業後は造園会社に入社し、お客様が思わず笑顔になれるようなデザインを心がけてお庭を作ってきました。家の完成の時よりも楽しみにしています、とお客様からお声を頂いた時はとても嬉しかったです。
    エクステリアは、同じものは世界に一つと存在しない完全オンリーワンのデザインとして出来上がります。同じ商品を選んだとしても、使う位置や魅せ方で全く異なる様々な顔を持ったお庭が完成します。
    無限とも言える選択肢・可能性がある中で、どれがベストな選択なのか。こればかりは正直言って私一人では分かりません。最も大切なのは優れたデザインよりも、お客様自身の「声」だからです。
    私の考えるエクステリアとは、「カッコ良いデザインを作ってお庭をつくること」ではありません。「お客様の声を十分に聞き取り、プランに反映させ、お客様の心と生活を豊かにする『手段』」であるからです。
    良いものを「売る」のではなく「一緒につくっていく」。こんな思いで、たくさんのお客様を笑顔にしていけたらと思っています。