スライド門扉とガーデンルームが紡ぐ理想のガーデンライフ〜板橋様邸〜

既存のカースペースと花壇を大幅にリフォームし、明るいカラーのセミクローズエクステリアが完成しました。見どころは何と言っても駐車スペースを削って造作したガーデンルームと縦桟のスライド式門扉のセットです。プライバシーを保ちながら開放感の感じられるメインガーデンは、つい長居してしまうリラックス空間へと変身しました。

[×]

道路から近い玄関はプライバシーを保ちづらい状態でしたが、アプローチ上に少しはみ出す形で造作したデザインウォールのお陰で人の目を自然に壁へと向かせる事が出来ました。アプローチは特別感を演出するために、明るいカラーの乱形石を使っています。

[×]

門扉を彩るアイテムは、ヨーロピアンテイストのモダンなタイプをチョイス。レンガの笠木に合わせたポストの口金カバーがよくマッチしていますね。植物を模したワンポイントが見事なロートアイアンの表札のカラーが空間を引き締め、色彩にメリハリが感じられます。

[×]

既存の階段には高さの違う2つの手すりをプラスしました。2つのラインのお陰でお子様からお年寄りまで、どのような身長の方も負担なく手すりを使用できます。

[×]

デザインウォールの裏は水回りも完備しています。場所をとりがちな立水栓も、壁と一体化させることでスッキリとした空間になっています。水受けもタイルの一部に組み込んであるのがポイントです。

[×]

既存の花壇は解体し、コンクリートで埋めました。カースペースだった場所をメインガーデンとしてデザインし直したので、駐車スペースを確保するための案です。

[×]

メインガーデンをしっかりとガードするのは、大きな縦桟のスライド式門扉です。縦桟タイプなので角度によっては奥がしっかり隠れるので、プライバシーの向上に一役買っています。門扉は吊り下げ式なので、サッシは足元になく転ぶ心配や破損の恐れもありません。

[×]

隣地からの視線もカバーできるよう、新設したブロック塀の上にはマットパネルタイプのフェンスを取り付けました。すりガラス状のパネルが敷地内をカバーしてくれるので、お庭は勿論リビングルームのプライバシーも確保できています。

[×]

お庭へと上がる階段はお子様も進みやすいよう蹴上を低く設定しています。高さ10cmほどの段差なので、お子様がお庭を走っていても安心ですね。

[×]

タイルの階段を上がると、人工芝のスペースが広がっています。土の面を設けずデザインしたので、お庭は清潔さを簡単にキープすることが出来ます。

[×]

ガーデンルームはスライドドアの付いているタイプとサイドスルータイプ、2種類のガーデンルームを連結して作りました。室内でくつろいだり屋根の下でお子様と遊んだりと、様々な使い方が出来るお庭になりました。

[×]

ガーデンルームからの眺めで分かる通り、主庭内は外からの視線は一切気になりません。風雨にも視線にも強い、プライバシー性抜群のお庭でお子様と心ゆくまで遊ぶことが出来ますね。

[×]

階段脇の壁は立水栓と砂場がデザインされています。土の面を区切ることで汚れは最小限に留まり、後片付けも簡単になっています。お子様にとっては砂遊びも水遊びもできるので、理想の遊び場になりました。

[×]

ガーデンルームの屋根に落ちる雨水は雨樋を通りタイルへと落ちますが、壁の脇に設けた砂利のラインを通り地面へと吸収されていきます。水が貯まることがないので、雨水による汚れやカビの問題も軽減されました。

[×]

夜はファサードはライティングの魅力を十分に堪能できる時間です。カンテラのようなレトロなデザインが可愛らしい門灯が、印象的な光で周囲を明るく照らしてくれています。

[×]

主庭には足元を照らしてくれるポールライトを点在させてあるので、夜でも安心してお庭でくつろぐことが出来ます。暖色系の柔らかい灯りが、優しい空間を作り上げてくれていますね。

[×]

もちろん、ガーデンルーム内も天井にライトを取り付けてあるので夜でも快適に過ごせます。夕食後の夕涼みにガーデンルームで静かなひと時を過ごしてみるのも、素敵な時間の使い方ですね。

[×]

施工前は一面コンクリートのみの殺風景な空間でした。大規模なリガーデンによって、見違えるようなお庭へと生まれ変わりましたね。

[×]

快適なガーデンライフに欠かせないスライド門扉とガーデンルーム

メインガーデンをしっかりとガードするのは、大きな縦桟のスライド式門扉です。縦桟タイプなので角度によっては奥がしっかり隠れるので、プライバシーの向上に一役買っています。門扉は吊り下げ式なので、サッシは足元になく転ぶ心配や破損の恐れもありません。
隣地からの視線もカバーできるよう、新設したブロック塀の上にはマットパネルタイプのフェンスを取り付けました。すりガラス状のパネルが敷地内をカバーしてくれるので、お庭は勿論リビングルームのプライバシーも確保できています。
お庭へと上がる階段はお子様も進みやすいよう蹴上を低く設定しています。高さ10cmほどの段差なので、お子様がお庭を走っていても安心ですね。
タイルの階段を上がると、人工芝のスペースが広がっています。土の面を設けずデザインしたので、お庭は清潔さを簡単にキープすることが出来ます。
ガーデンルームはスライドドアの付いているタイプとサイドスルータイプ、2種類のガーデンルームを連結して作りました。室内でくつろいだり屋根の下でお子様と遊んだりと、様々な使い方が出来るお庭になりました。
ガーデンルームからの眺めで分かる通り、主庭内は外からの視線は一切気になりません。風雨にも視線にも強い、プライバシー性抜群のお庭でお子様と心ゆくまで遊ぶことが出来ますね。
階段脇の壁は立水栓と砂場がデザインされています。土の面を区切ることで汚れは最小限に留まり、後片付けも簡単になっています。お子様にとっては砂遊びも水遊びもできるので、理想の遊び場になりました。
ガーデンルームの屋根に落ちる雨水は雨樋を通りタイルへと落ちますが、壁の脇に設けた砂利のラインを通り地面へと吸収されていきます。水が貯まることがないので、雨水による汚れやカビの問題も軽減されました。

板橋様邸_感想文