人工芝

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

人工芝を取り入れて、いつまでも変わらない美しさをお庭に

人工芝とは、天然の芝を模したシート上の芝のことで、丈夫で幅広い年齢層に好まれる外観なので、スポーツ用のスタジアムでの使用やランドスケープの景観向上以外でも、室内のキッズスペースに取り入れている施設もあります。また人工芝はお庭の悩みを解決してくれるアイテムとして、一般家庭でも多く普及するようになりました。そのお悩みとはお庭の強敵「雑草」です。雑草はお庭をちゃんと管理していても生えてくるので、あまり使っていないお庭はさらにボウボウで荒れ放題になってしまいます。雑草をそのままにしておいて良いことは一つもありません。フェンスや花壇の緑石に絡みついて劣化・変色させたり、茂みは蚊や害虫の格好の住処となります。それに、雑草だらけのお庭を目の当たりにしてはお庭に出ようとする気も起きませんね。ここでは自然な雰囲気も感じられるお庭の優等生・人工芝の構造や魅力、真似したくなる施工事例をご紹介します。また天然芝と人工芝で迷われている方は、それぞれのメリットとデメリットを比較して検討することも大切です。まずは天然芝と人工芝のメリット・デメリットについてご説明します。

DESIGN POINT 2

天然芝のメリット

  • 天然芝は人工芝に比べ、初期費用を抑えられる
  • 四季の変化を感じられる
    春から秋にかけて緑が楽しめ、冬は芝が枯れて茶色く変化します。この変化を四季を感じるものとして楽しまれている方もいらっしゃいます。
DESIGN POINT 3

天然芝のデメリット

  • 天然芝は水やりや芝刈りなどの日常的なお手入れ以外にもメンテナンスが必要
    天然芝は数年に一度「エアレーション」と言って、土の中に空気を入れて、土をほぐす作業を行う必要があります。それに加えて、除草剤の散布など維持管理にも手間と費用がかかります。
    天然芝がつくり出す美しい景観は、たゆまぬ努力によって成し遂げられるのです。手間を惜しまず、楽しくお庭づくりをされる方には向いているかもしれません。

しかし人工芝はそうした天然芝のデメリットをカバーしています。

DESIGN POINT 4

人工芝のメリット

  • 場所を選ばない恒久的な美しさ
    コンクリートや粘土質の柔らかい土質の敷地でも使用できます。お庭によっては日照条件の悪い空間もあり、そこでは思うように天然芝は育ってくれません。人工芝に日光は関係ないので、施工した日からずっと美しい緑がお庭に広がります。また癒樹工房で使用している人工芝は、天然芝と見間違えてしまうほど美しく、クッション性にも優れています。
  • 定期的なメンテナンスがいらない
    天然芝は乾燥に弱いので乾燥する時期には水やりは欠かせませんし、よく生育する時期は月に1~2回は芝刈りをしないと芝が伸びきってしまいます。人工芝ならそのような手入れからは開放されるので、お休みの日も芝の手入れに時間を裂くことなく、緑の芝を楽しめます。メンテナンス要らずで、ランニングコストがかからないというのは大きなメリットでしょう。(人工芝にもメーカーが設定する寿命はあります。大抵は7~10年を設定しています)
DESIGN POINT 5

人工芝のデメリット

  • 天然芝に比べて初期費用がかかる
    人工芝そのものも費用に加え、防草シートや固定するためのピンなど人工芝に付随する材料にも費用がかかります。しかし人工芝は導入コストはかかりますが、天然芝の導入コスト、ランニングコストを含めて比較すると、3~5年で天然芝にかかる総コストの方が上回るという結果が出ています。長い目で見たときに人工芝はコスパに優れていると言えるかもしれません。
DESIGN POINT 6

構造

人工芝の材質はポリエチレン、ポリプロピレンなので柔らかく丈夫です。通常はロール状のシートで販売されており、シートは透水性を確保するために等間隔に隙間(穴)があいています。
芝の見た目ですが、ホームセンターで売られているような格安のものはいかにもビニール素材の人工物といった外観ですが、人工芝専門メーカーの人工芝は本物と見間違うようなリアルな外観、質感を再現しています。本物そっくりにするため、芝の中にも枯れて色あせた芝を点在させ、雰囲気は天然芝そのものです。
芝の形はメーカーによってタイプが異なりますが、通常のI字と断面がV字に折れ曲がったV字タイプがあります。それぞれ特徴があり、I字だと常に重いものを同じ所に乗せていると次第に人工芝に癖がつき、芝が寝てしまいます。芝が寝てしまうのを解消するために作られた真ん中に芯が入ったV字タイプですが、このV字が経年劣化により数年後には真ん中から裂け、避けると枝毛のようにどんどん芝が細くなってきます。どちらも長所・短所がありますので、ご自身のこだわりや使い方を認識した上で選びましょう。
芝の長さもメーカーごとに違いがあります。芝高が20~40mmほどの違いがあります。20mmはゴルフのパターの練習にも使える長さで、スポーツジムでも採用されている長さです。40mmは一般的な芝高で、素足で歩けばふかふかしているのが特徴です。ご家庭の一般的な使い方を想定すると、40mmがベストな選択と言えるでしょう。

DESIGN POINT 7

施工法

人工芝の施工はプロにお任せするのがオススメです。お庭に施工する場合、しっかりした下地を施さないとデコボコした地面になってしまいます。また雑草対策が不十分だと人工芝のシートの中や脇から雑草が伸びてきます。(室内での施工はこの限りではありません)
簡単に思える人工芝の施工も、ちゃんとプロに頼れば問題なく快適な芝が楽しめます。

プロが行う施工の手順

  1. 入念に除草をして雑草をなくします。草の根が土の中に残っていると後々雑草が復活する可能性があるので、土も丁寧に掘り起こしてチェックします。
  2. 均した土の上に砕石をある程度の厚みで敷設し、ランマー(締固め用機械)で転圧し、平らにします。さらにその上に透水性を高め、且つ転んでも痛くないようにきめ細かい川砂を敷き詰めてこれも均します。
  3. 均した下地の上に防草シートを敷いていきます。雑草が伸びてこないよう、継ぎ目は重なるように二重に敷きます。
  4. 上記の下準備が整ってはじめて人工芝を敷きます。芝目が自然に見えるようにリビングルームなどからの視点から確認し、視線に芝目を向けるように敷設します。こうすることで人工芝特有の光沢感を抑制することができます。継ぎ目も素人では隠せませんが、技術のある職人ほどうまく継ぎ目を隠して敷いてくれます。人工芝や接着剤やU字ピンでずれないように固定するので、完成した人工芝の上でお子様が走り回ってもずれることはありません。
DESIGN POINT 8

人工芝の施工例

芝といえばお庭に敷くのが普通ですが、光や水を必要としない人工芝は施工する場所を選びません。ここでは代表的な使い方から、人工芝の材質を活かした施工法をご紹介します。

  • お庭に敷く場合
    お庭に広く敷く場合、気になるのは施工した造形物との接触面ですが、プロの施工ならめくれることなくぴったりと人工芝と造形物を寄せることが可能です。ポールのように棒状の物体も、その形に合わせて丁寧にカットするので、不自然な仕上がりにはなりません。

人工芝×タイルで用途に応じて使い分けるエクステリア~横山様邸~

  • 草目地として使う場合
    コンクリートのクラック防止のため等に設けられるスリット。ここにはリュウノヒゲ等を植えて草目地にすることもありますが、日照条件や手入れによっては下草の元気がなくなったり、逆にこんもりと育って美しさを損ねてしまう場合があります。そんな時も人工芝を代わりに使えば手間を掛けずに美しい緑のラインが出来上がります。最近では最初からライン状にカットされているものを販売されており、人工芝による草目地の人気が徐々に広がりつつあります。

モルタル造形でアンティークモダンなエクステリアに〜赤木様邸〜

  • タイルテラスに組み込む場合
    屋根付きのタイルテラスの中にも組み込めるのは、どんなところでも施工可能な人工芝ならではのデザインですね。階段の踏み面にも取り入れれば、面積が限られた空間も緑豊かな癒やしのスペースに変身します。

モダンなエクステリアに木目のタイルテラスが融合〜早川様邸~

DESIGN POINT 9

まとめ

人工芝は初期投資こそかかりますが大事に使えば、お庭を長くそして美しく飾ってくれる最高のアイテムです。「ガーデンライフを楽しみたいけど手間は掛けたくない」、「せっかくあるお庭を活用するきっかけが欲しい」そんな方には是非この人工芝をオススメします。