Gardem reform
No. 033
シックなお住まいに自然の豊かさをプラスしたプレミアムガーデン~井上様邸~
Before 施工前

エクステリアにこだわりたいとお考えだった井上様は、ハウスメーカーからの提案では満足出来ずにいました。家もエクステリアも一生ものですから、ありきたりのものではなく、他とは違う差別化されたものをご希望されるのも当然のことです。プレミアムなエクステリアにするために、シックなお住まいからイメージを膨らませ、デザインに落とし込んでいきました。自然の素材にこだわったアプローチは重厚な雰囲気をまとい、緑豊かな空間は癒しを与えてくれます。自然が作り出す表情は見る人を飽きさせません。高台からの景色が楽しめるガーデンスペースはご家族の憩いの場に変身しました。

お客様からのご要望

  • 周りと差別化するエクステリアにしたい
  •  高台からの景色を楽しみたい
  •  緑化対策で植栽をたくさん入れたエクステリアプランにしたい
After 施工後

アプローチはインドネシア原産の天然石をふんだんに

井上様邸の中で目を惹くのは黒の天然石でつくったアプローチです。アプローチにジャワ鉄平というインドネシア原産の天然石をふんだんに使いました。マットな質感がシックな雰囲気のお住まいと調和します。雨で濡れた時の表情が美しいのもこの石の魅力です。クランクしたアプローチによって玄関に辿り着くまでの道のりが伸び、景色を楽しむ時間が長くなります。そして乱形石と方形石の組み合わせで、デザインに変化をプラス。同じジャワ鉄平のピンコロ石で駐車場までラインを伸ばし、アプローチとの繋がりをつくります。デザイン性のある車止めを使用し、駐車場もシックなイメージに。玄関に向かう階段は歩行性を良くするため、人が歩く部分にはタイル舗装を施しました。グランドライトや人感センサーのライトを入れることで夜の歩行を安全なものにします。お子様と手を繋いで歩くことを考え、踏面はスペースを広く取りました。階段脇にも植栽を入れ、自然を感じながら玄関まで歩くことができます。

デザインウォールと植栽で空間に立体感を

デザインウォールにも天然石を使い、正面のフォーカルポイントに。ランダムな色調が特徴でもあるボーダーの天然石がファサードを彩ります。また空間にリズムを加えるため、デザインウォールは高さを変えました。デザインウォールの周りには花壇をつくり、植栽でお住まいを飾ります。自然素材は植栽との相性も抜群です。シンボルツリーのヤマボウシが季節の訪れを教えてくれます。井上様邸の前を歩く方も季節の移ろいを楽しめますね。オープンなスペースに背の高いものを配置することで、空間に立体感が生まれ、ファサードの表情が豊かになります。天然素材を使っているファサードに合わせた表札は鳥がデザインされたナチュラルな雰囲気のものをセレクト。重厚で落ち着いた雰囲気の中に、遊び心で可愛らしいアイテムを入れました。また黒と白のコントラストで表札が引き立って見えますね。

ウッドデッキ×タイルテラスで高台の景色を独り占め

井上様邸のお住まいは高台に位置していますので、窓からの眺めはまさに絶景。この眺めを大切にしたいと考えておられる井上様のために、外の景色を何倍も楽しめる空間をご提案させて頂きました。ガーデンスペースには、掃き出し窓からそのまま出られるウッドデッキを設置し、その先にはタイルテラスを造作。LIXILの樹ら楽(きらら)ステージ木彫という人工木のウッドデッキを選定しました。天然木のような繊細な色ムラや陰影の濃淡、木質のリアルなゆらぎを表現した商品です。人工木はささくれが出ないので、お子様を安心して遊ばせてあげられます。またウッドデッキには手すりを設置していますが、目隠しは設けず、高台からの景色を眺められるようにしています。夜の時間は綺麗な夜景を見て、安らぎの時間を過ごすことができるでしょう。この土地に家を建てて良かったと思える瞬間かもしれませんね。タイルテラス側にはデザインウォールで目隠ししていますが、完全に閉鎖するのではなく、スリットとガラスブロックを使い、光を取り入れられるようにしました。目隠しのデザインウォールには立水栓機能を付けたので、利便性もバッチリ。夏はお子様のプールを出したり、バーベキューを楽しんだり、様々なアクティビティに対応できるガーデンスペースになりました。

お客様からのお喜びの声はこちら