新築エクステリア工事施工事例集

ガーデンルームとウッドフェンスが主庭のプライバシーをカバー〜宮川様邸〜

garden-reform-miyagawa001
garden-reform-miyagawa002
garden-reform-miyagawa003
garden-reform-miyagawa004
garden-reform-miyagawa005
garden-reform-miyagawa006
garden-reform-miyagawa007
garden-reform-miyagawa008
garden-reform-miyagawa009
garden-reform-miyagawa010
garden-reform-miyagawa011
garden-reform-miyagawa001-サムネイルgarden-reform-miyagawa002-サムネイルgarden-reform-miyagawa003-サムネイルgarden-reform-miyagawa004-サムネイルgarden-reform-miyagawa005-サムネイルgarden-reform-miyagawa006-サムネイルgarden-reform-miyagawa007-サムネイルgarden-reform-miyagawa008-サムネイルgarden-reform-miyagawa009-サムネイルgarden-reform-miyagawa010-サムネイルgarden-reform-miyagawa011-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

堅牢でありながらも可愛らしいデザインで圧迫感を感じさせないファサード

敷地の目の前が駐車場という宮川様邸。リガーデン前は玄関が丸見えの状態。このままではプライバシーの確保は難しいので、デザインウォールに門扉、高めのフェンスでしっかりと敷地を囲いました。真っ白で美しいご新築の壁面にマッチするよう、新たに造作したデザインウォールも白を基調としたデザインにしてあります。
クローズエクステリアにすることで、セキュリティー面がアップするとともに安らぎも感じられるようになりました。アプローチが短いので、その分ほかの空間でフォーカルポイントをつくり、全体のバランスを整えました。門まわりはカラフルかつ自然の温かみのある素材をふんだんに使い、柔らかくナチュラルな印象を抱かせるようなデザインに。
ネームプレートやポストなどの必須アイテムはメリハリを出すために黒で統一し、シックな雰囲気をプラスしました。ロートアイアン製のネームプレートを彩る花のアクセントもさることながら、葉をイメージした門灯がとてもお洒落ですね。
アプローチの床面に敷設された平板は、すべて天然の石材を加工してつくられたものです。自然石そのままの色合いが、表情豊かに足下を彩ってくれます。

DESIGN POINT 2

メインガーデンには存在感抜群のガーデンルームと生活を守るウッドフェンス

リビングルームの掃き出し窓に隣接して造作したのはタイルテラスです。リビングとタイルテラスが繋がり、リビングが広くなったように感じられます。それを覆うように設置したのは、腰壁タイプのガーデンルーム。サイドスルー仕様なのでドアの開け閉めをすることなく、ガーデンスペースへの出入りが可能です。開放感溢れるゆったりとしたスペースが出来上がりました。
ガーデンルームの屋根には内部に日除けを取り付けることができ、夏の暑い時期でも快適にお過ごし頂けます。また日除けのシェードを広げれば、暑い日の日差しを遮断できるので、室内も心地よくなります。
腰壁の内部は、モザイクタイルのラインがワンポイントになっています。テーブルや立水栓も完備してあるので使い勝手は抜群です。オプションのロールカーテンを下ろせば、隣地からの視線を完全にカットされ、プライベートな空間が保たれます。開放感のある空間で、ご家族で食事をしたり、静かに読書をしたりと、お庭の使い方も広がっていきますね。
ガーデンスペースへの動線には枕木を敷いて、雨の日の足下のケアをしています。枕木はコンクリート製の擬木なので腐食や劣化はせず、いつまでも美しい木目を見せてくれます。
隣地との境界線にはアルミ製のウッド調フェンスを設置し、目隠しと隣地の経年劣化した塀を隠しています。乱形石で彩った床面の周りを囲むのは人工芝。メンテナンス要らずで、ガーデンスペースを明るくしてくれます。