アンティークなデザインウォールがガーデンルームをカバー〜津久井様邸〜

《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-01

傾斜地に建てられた建売住宅のリガーデンです。汚れてしまったコンクリートの擁壁を、レンガと塗装で洋風にアレンジしました。壁の下段だけレンガを貼る事で、壁の不安定感を無くし、ずっしりとした印象になりました。ランダムに貼られたレンガも動きがあり、古城のような雰囲気を出しています。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-02

玄関前も同じようにリフォームしました。既存のフェンスは取り外し、壁のデザインを延長する事で、建物に一体感が生まれました。道路の傾斜と逆方向に段差を付けたので、長い壁ですが圧迫感がありません。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-03

貼りレンガは角を削るタンブル加工を施してあるので、新品ですがどこか古めかしいアンティークの雰囲気が漂います。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-04

奥行き2m程のお庭・・・普通に考えると何も出来ないデッドスペースになってしまいそうですが、こんな厳しい条件こそまさにガーデンルームの真骨頂。境界ブロックギリギリまでデッドスペースを広げる事が出来るので、完成してみると驚きの広さです。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-05

透明のパネルで囲われた、完全にプライベートな空間が出来た事で、お庭の使い勝手が飛躍的に高まりました。洗濯物も早く乾きますし、冷暖房費にも貢献します。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-06

お子様の遊び場として、ご主人のくつろぎのスペースとして、奥様の食品庫として・・・一部屋増えるだけで、生活の幅がものすごく広がります。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-07

ガーデンルームの内部は選択物干や内部日除けも取り付けてあるので、利便性は抜群。不要な時はどちらも取り外しが出来るので、テーマにあった使い方が自由に変更出来ます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-08

パネルは紫外線をほぼ100%カットするポリカーボネート板を使用しています。長時間ココマ内で過ごしても紫外線にさらされませんし、内部に大切な家具を置いていても日焼けの心配もありません。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-09

床面は土上げしてリビングとの段差を極力小さくした上で、タイルを敷いてテラス状にしてあります。勾配を取ってあるので、側面から雨水が差し込んできても、奥の砂利の面に流れていきます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-10

水道も合わせてリフォーム。ココマの雰囲気に合わせて、鋳物の水栓をチョイスしました。隣に見えるのはライトです。ココマの天井にも5カ所のライトが付いており、夜は違った表情を見せてくれます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-11

擁壁とお住まいの間は色鮮やかな化粧砂利で敷き詰めました。お住まいの四方はコンクリートで固めるより、踏んだら音が鳴る砂利でカバーした方が防犯性が上がります。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-12

夜になるとガーデンルーム上部に取り付けたライトが効力を発揮します。等間隔に屋根部分に設置してあるので、隅々まで光が届いています。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-13

ココマは実はガーデンルームタイプとオープンテラスタイプを2つ、連続で取り付けています。オープンテラスからガーデンルーム内へ向かう際は、この折り戸パネルを通り内部へ入ります。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-14

奥のガーデンルーム内がメインですので、奥のテラスタイルはリビングの床の高さとほぼ同じ高さです。フラットに仕上げる事で、外と中の空間の垣根がなくなりました。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-15

オープンテラスタイプの腰壁の内側には横長のテーブルを取り付けてあります。小物や植栽、ティーセットなどを置いて、思い思いの時間の過ごし方が出来ますね。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-津久井様邸-16

施行前はどこにでもある、フェンスと壁だけのお庭でした。ご近所の方々は今回のリフォームで、お施主様以上に驚かれたようです。

[×]

アンティークな雰囲気が漂う洋風の外観に変身。

汚れてしまったコンクリートの擁壁をレンガと塗装で洋風にアレンジしました。
角を削るタンブル加工を施したレンガを壁の下段だけに貼り、古城のような古めかしい雰囲気に仕上げています。
既存のフェンスを取り外して壁のデザインを延長し、道路の傾斜と逆方向に段差を設置する事で、圧迫感を軽減しつつ建物に一体感が生まれました。

 

ココマはガーデンルームタイプとオープンテラスタイプを設置。

ガーデンルームのココマは異なるタイプを連続して設置することで使い方の幅を広げました。
オープンテラスからガーデンルーム内へ向かう際は、折り戸パネルを通り内部へ入ります。
ガーデンルーム内がメインなので、奥のテラスタイルとリビングの床の高さフラットに仕上げる事で、出入りがしやすく奥行きも感じられるようになりました。
また、オープンテラスタイプの腰壁の内側には横長のテーブルを設置。ご家族で思い思いの時間を過ごすことが出来ます。

 

様々な使い方が出来るガーデンルームで生活を豊かに。

境界ブロックギリギリまで使用したガーデンルームは、透明のパネルで囲われた癒しのプライベートスペースになっています。
内部は洗濯物干しや内部日除けが取り付けてあり、不要な時はどちらも取り外し可能なため使い方が自由に変更可能。
パネルは紫外線をほぼ100%カットするポリカーボネート板なので、紫外線や家具が日焼けする心配がありません。
洗濯物を乾かしたり、お子様の遊び場や勉強部屋として、ご主人のくつろぎのスペースとしてなど、様々な使い方が可能です。
また床面は土上げして勾配を取ってあるので、側面から雨水が入ってきても、奥の化粧砂利の面に流れていきます。
擁壁とお住まいの間に敷き詰めた化粧砂利は、踏んだら音が鳴るため防犯性の面でも優れています。
水道もココマの雰囲気に合わせて鋳物の水栓にリフォーム。
夜間もガーデンルーム上部に取り付けたライトが隅々まで内部を照らしてくれます。

 

お客様からのお喜びの声

お客様からのお喜びの声