新築エクステリア工事施工事例集

伸縮門扉を使いながらも開放感溢れる前庭に〜橋村様邸〜

garden-reform-hashimura001
garden-reform-hashimura002
garden-reform-hashimura003
garden-reform-hashimura004
garden-reform-hashimura005
garden-reform-hashimura006
garden-reform-hashimura007
garden-reform-hashimura008
garden-reform-hashimura009
garden-reform-hashimura010
garden-reform-hashimura011
garden-reform-hashimura012
garden-reform-hashimura013
garden-reform-hashimura016
garden-reform-hashimura015
garden-reform-hashimura014
garden-reform-hashimura001-サムネイルgarden-reform-hashimura002-サムネイルgarden-reform-hashimura003-サムネイルgarden-reform-hashimura004-サムネイルgarden-reform-hashimura005-サムネイルgarden-reform-hashimura006-サムネイルgarden-reform-hashimura007-サムネイルgarden-reform-hashimura008-サムネイルgarden-reform-hashimura009-サムネイルgarden-reform-hashimura010-サムネイルgarden-reform-hashimura011-サムネイルgarden-reform-hashimura012-サムネイルgarden-reform-hashimura013-サムネイルgarden-reform-hashimura016-サムネイルgarden-reform-hashimura015-サムネイルgarden-reform-hashimura014-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

木目調のゲートが敷地の広さをより感じさせる

ベランダのナチュラルテイストなデザインに合わせ、敷地いっぱいに広がる大きなゲートは木目調の部材で造作しました。アコーディオン門扉で閉ざされながらも開放感を感じられるのは、お庭の内部に使った各アイテムのカラーの組み合わせがマッチしているからです。
奥に見えるお住まいに合わせてお庭で使うラインは直線を多用、全体的なデザインの統一を図りました。広く横に伸びるゲートの下には石積み風のデザインウォールとお車が並び、大人な空間を演出しています。
LIXILの汎用材、プラスGでしたらどのようなデザインの構造物も造作可能です。カラーも多数あるのでどんなお庭にも馴染み、配線も通せるのでライトを仕込んだりインターフォンを設置して機能門柱としてもデザイン可能です。
フォーカルポイント(見どころ)の一つでもあるデザインウォールは壁面を石積み風のタイルでデザインし、天端は違うタイプの石の平板をチョイスしました。つまみが特徴的なスクエア状のポストは施錠可能ですので、長期不在時でも安心ですね。メタリックな質感のネームプレートは、場にメリハリを生んでいます。
様々なお庭で活躍するこのポストは、ヴァリオネオシリーズ。シンプルで一切の装飾をしないプレーンなフォルムは、取り付けるデザインウォールに更なる上質感と存在感を生み出します。
大きなゲートの下部にはライトを2つ取り付け、アプローチと駐車スペースを上から照らすギミックと取り入れました。上下に奥とあらゆるところに光源があるので、夜のお帰りの際も安心ですね。

DESIGN POINT 2

アプローチの随所を彩る様々な表情の自然石

アプローチは造作物を排し、すっきりとした印象のデザインに。床面は自然石の平板と乱形石で彩り、独特なラインを強調してあります。右側の駐車スペースは間に草目地と芝生を挟み、全体的に固くなりすぎないようナチュラル感をプラスしました。
世界の各所から産出される乱形石は一つとして同じカラーがなく、飽きの来ないお庭の必須アイテムです。リズミカルでランダムな表情がお住まいを足下から引き立ててくれます。
黒、グレー系の色幅がモダンな雰囲気を醸し出す自然石のアプローチは玄関に向けて伸びています。道路境界から一直線にせずデザインウォールにぶつけてクランクさせることで、奥行きをさらに感じさせる効果があります。
黒系の自然石は水に濡れると色がいっそう暗くなり、普段とは違う雰囲気を味わえます。歩き慣れたアプローチも雨の日は一味違った表情が楽しめますね。
アプローチを玄関に向かって歩いて行くと、右手にピンコロ石でつくった花壇スペースが見えます。こちらもアプローチ同様、自然石で造作し色味も合わせてあります。シンボルツリーとして植えた株立ちの木は落葉ですので、季節の移り変わりを楽しむことができ、植栽を世話する楽しみも増えていきます。
夜のアプローチは点在するポールライトによって光に満ち溢れています。アプローチに沿うようにライトを配置してあるので、足下も安心です。

DESIGN POINT 3

木の温もりと香りを楽しむウッドデッキ

リビングルーム前のスペースに広々としたウッドデッキを造作しました。ウッドデッキを設置したことで、お庭に出る機会を増えました。デッキの下はコンクリートで舗装し、土の面を消しているので、雑草が生えてくる心配はありません。生木のデッキですので、木の香りが十分に感じられます。ウッドデッキ横にも植栽スペースを設けました。花壇の素材はデザインウォールと同じものを使用。こちらはピンコロ石の花壇とは違った種類の草花を植えてみるのもいいですね。リビングルーム、ウッドデッキ、芝生のお庭と、障害物がなく動線が一直線になっているのでとても使い勝手がいいお庭になりました。また、リビングルームから一目でお庭が見渡せるので、お子様を遊ばせていても安心の設計になっています。