青いタイルのテラスとジュエルグラスが心に涼やかな風を吹かせる〜小田桐様邸〜

落ち着いたシンプルモダンエクステリア

2台分の大きなカーポートが印象的な小田桐様邸。既存物であるカーポートから逆算し、使い勝手のいいオープンエクステリアをデザインしました。シックな雰囲気のお住いとマッチするよう、デザインウォールやアプローチも派手すぎず落ち着いたフォルムに仕上げてあります。

[×]
アプローチの中心にはガラスの門袖壁が

アプローチは2つ作り、左側は自然石で作った道をデザインウォールに向けて直線的に造作しました。向かう先には自然石を積み立てたような擬石で彩られた美しい門袖壁が。モダンな雰囲気のポストが印象的です。

[×]

デザインウォールに組み込まれたアイテムで一番目を引くのは、割ったガラスを三枚合わせて造作したジュエルグラスです。クラックという斬新なデザインが人気の素材は、ライトが当たることでさらなる魅力が引き出されます。

[×]
クラッシュタイプのガラス板がスタイリッシュ

ジュエルグラスは光が当たると、中間のガラスに入ったクラックが乱反射し小さな光の粒がキラキラと眩しい光を放ちます。また、見る角度によって様々な表情も楽しめ、夜の庭を彩ってくれます。\r\n玄関へと続くアプローチは、洗い出しという技法で造作しました。駐車スペースのコンクリートとは色味が違い、特別感のある小道になりました。

[×]
garden-reform-oda005

デザインウォールの裏側は升が多く、あまり人が足を踏み入れない場所なので、コンクリートではなく白の化粧砂利を敷設しました。コンクリートではないので金額が抑えらえるのはもちろん、同系色の砂利に囲まれて升も目立たないという効果も付随します。もちろん下は土ですので、後から花壇や木をプラスすることも容易に可能です。

[×]
タイルデッキはプライバシーを重視

駐車スペース奥には様々なアイテムで囲まれたタイルテラスが広がっています。上部には日除けのためのオーニング、タイルテラス上の主役であるウッドフェンス兼ベンチに階段を降りた先にはサイクルスペース兼用の物置など、見どころが満載です。

[×]
garden-reform-oda007

階段の側面部分にはオーニングと同系色の美しいデザインタイルをアクセントとして貼りました。細かなアイディアですが、異素材が一つあることで雰囲気はグッと良くなります。

[×]
garden-reform-oda008

階段の右側には完成した日付とご家族の手形を残しました。こういったメモリアルパーツは年を経るごとに魅力が増していきますね。\\\\r\\\\n建物を背に立っているのはブルーが美しい補助蛇口付きの立水栓。水受けはタイルテラスをくり抜き、内部に同じく青のタイルを貼って造作しました。水受けは50cm×60cmと広く作られているので、洗い物もしやすくなっています。

[×]
garden-reform-oda009

お子様を抱いて仲良く記念撮影。お庭のメモリアルアイテムとともに、ずっと大事にしていきたい1枚ですね。

[×]
明るく安全なオープン外構

セミクローズガーデンなので、夜の安全のためにライティングは必須アイテムです。建物に取り付けた強力なライトを含めた3つの光源のおかげで、前庭の安全が守られています。

[×]
garden-reform-oda011

今回のお庭造りはカーポートは出来上がっている状態からのスタートでした。お住いとカーポート、それぞれの魅力を引き出させるデザインを目指し施工しました。

[×]

ガラスとアイアンの共演が美しいアプローチ

2台分の大きなカーポートが印象的な小田桐様邸。既存物であるカーポートから逆算し、使い勝手のいいオープンエクステリアをデザインしました。シックな雰囲気のお住いとマッチするよう、デザインウォールやアプローチも派手すぎず落ち着いたフォルムに仕上げてあります。
アプローチは2つ作り、左側は自然石で作った道をデザインウォールに向けて直線的に造作しました。向かう先には自然石を積み立てたような擬石で彩られた美しい門袖壁が。モダンな雰囲気のポストが印象的です。
デザインウォールに組み込まれたアイテムで一番目を引くのは、割ったガラスを三枚合わせて造作したジュエルグラスです。クラックという斬新なデザインが人気の素材は、ライトが当たることでさらなる魅力が引き出されます。
アプローチ横には黒のピンコロ石で造作した花壇株立ちの木を配置。アッパーライトも取り付け、外観の美しさとセキュリティを兼ね備えた大事なアイテムになりました。
デザインウォールの裏側は升が多く、あまり人が足を踏み入れない場所なので、コンクリートではなく白の化粧砂利を敷設しました。コンクリートではないので金額が抑えらえるのはもちろん、同系色の砂利に囲まれて升も目立たないという効果も付随します。もちろん下は土ですので、後から花壇や木をプラスすることも容易に可能です。

カースペース奥に広がる魅惑のプライベートスペース

駐車スペース奥には様々なアイテムで囲まれたタイルテラスが広がっています。上部には日除けのためのオーニング、タイルテラス上の主役であるウッドフェンスベンチに階段を降りた先にはサイクルスペース兼用の物置など、見どころが満載です。
階段の側面部分にはオーニングと同系色の美しいデザインタイルをアクセントとして貼りました。細かなアイディアですが、異素材が一つあることで雰囲気はグッと良くなります。
階段の右側には完成した日付とご家族の手形を残しました。こういったメモリアルパーツは年を経るごとに魅力が増していきますね。
建物を背に立っているのはブルーが美しい補助蛇口付きの立水栓。水受けはタイルテラスをくり抜き、内部に同じく青のタイルを貼って造作しました。水受けは50cm×60cmと広く作られているので、洗い物もしやすくなっています。