新築エクステリア工事施工事例集

ご家族のカラーで彩るキャンバスのようなデザインウォールエクステリア~佐藤様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

曲線が美しい自然石アプローチ

佐藤様邸のアプローチは、思わず立ち止まって眺めてしまうほどアールが美しい石貼りの階段、そして真っ白なデザインウォールが印象的。このデザインウォールはキャンバスをイメージして造作しました。デザインウォールの中心にご家族を象徴する樹木やお花を飾れば、世界に一つだけの絵画が完成します。何を飾るか考えるだけで、楽しい気持ちになりますね。
夜はクロスライティングでデザインウォールが照らされ、道行く人の目を奪うような景観になります。また弧を描いた乱形石貼りの階段は一段のスペースを広くし、玄関までゆったりと進めるようにしました。駐車場部分と石貼りの階段は繋げず、アプローチ空間との間は人工芝で仕切っています。この空間を一続きにしてしまうとインパクトのある石貼りのアプローチにデザインの比重がかかり、エクステリア全体のバランスを損なうことに。石貼りの階段は宙に浮いてるようなデザインにし、そこに人工芝を入れることで適度な抜け感を出し、全体とのバランスを保つようにしました。

DESIGN POINT 2

見所満載のガーデンスペース

玄関ポーチとお庭までがフラットになるよう設計しました。こうすることで、敷地全体が広く感じられます。しかし、ただ空間を広く使うだけではありません。玄関前はご家族も来客の方も通るフォーマルなゾーン。その先はご家族でくつろぐプライベートなゾーンになっています。この二つのエリアをどのように分けるかがポイントです。佐藤様邸では塀などの構造物できっちり仕切るのではなく、植栽や木目の角柱でゆるやかにエリア分け。またガーデンスペースは“目隠しフェンス”、アプローチは“塗り壁”ということなる素材で目隠し。素材を変えて目隠しすることは視覚的に空間を分けるという効果があります。
床面は石貼りのポーチからそのままガーデンスペースのタイルテラスへと繋ぐのではなく、石貼りから飛び石、ピンコロ敷き、そしてプライベートゾーンのタイルテラスへと段階的に素材を変え、フォーマル空間からプライベート空間へ違和感なく進めるようにしました。間にある植栽や砂利が素材同士を繋ぐクッションに。アプローチから玄関ポーチまでのオープンなエリアに対して、ガーデンスペースの入り口は幅を小さく、また植栽や木目の角柱などの背の高いものに対して花壇などの背の低いものを配置することで、奥行きを感じられるデザインになっています。またガーデンスペースへの動線もまっすぐにするのではなく、斜めに入る動線をつくり、フォーカルポイントの立水栓や植栽を見ながらガーデンスペースへと進むことができるようにしました。
夜は植栽を照らすアッパーライトとブルーのグランドライトが日常の忙しさを忘れさせてくれる癒しのガーデンスペースになります。

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房さん、素敵な外構をありがとうございました!

我が家は駐車場の一角に家を設けた事もあり四方が丸裸。家だけがポツンと建ち周りのイメージが全く湧きませんでした。あるところで外構プランをいただいたのですが、ピンとこず色々と調べていましたら癒樹工房さんのHPに出会いました。どのプランも素敵でした。我が家もここでお願いしよう!と決めました。
国分太一似の営業の西村さんから今後の進め方や現地調査を済ませた後、温厚な設計の西村さんを紹介していただき、打ち合わせを幾度も重ね様々なプランを提案していただきました。
引っ越し後の工事スタートとなりました。何もなかった所が日に日に変わってゆく庭が楽しみでした。住宅作りでは難しかった”途中変更”も外構では叶えてくれました。現場監督の器量と職人さんの技量のあらわれです!!何より外構に対する思いを強く感じました。”何か気づいた事がありましたら遠慮せずに言って下さい。一生ものですから・・・”と。日が暮れると帰りを待ってくれているかのようなライトにも癒されています♡

佐藤