デザインウォール(自然石)

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

高級感あふれる自然石で、デザインウォールをワンランクアップ

自然石を使ったエクステリアというとアプローチの敷材として使われることが多いイメージですが、さらに他とは違うエクステリアを求めてる方にオススメなのが、自然石を使ったデザインウォールです。自然石と言っても乱形石や方形石だけではなく、細い板状のボーダーの自然石まで様々です。自然石を使ったデザインウォールは存在感があり、高いアイストップ効果を期待できます。またどの自然石を使うかで演出できる空間も異なってきます。エクステリアで使用される自然石の特長をご紹介します。

  • 乱形石
    ランダムな表情によって、空間に柔らかさを加えます。マットな質感であれば大人っぽく、キラキラしたテクスチャーの乱形石なら華やかな印象に。温かみのある仕上がりがお好みの方は乱形石を選択すると良いでしょう。全体的に乱形石を貼っても良いですし、左官仕上げのデザインウォールの足下に貼るのもワンポイントになって素敵です。またデザインウォールの下部に貼ることで、泥の跳ね返りによる汚れを防止します。
  • 方形石
    シンプルモダンなエクステリアにマッチするマテリアルです。自然石ならではの重厚感はそのままに、スタイリッシュな空間にも溶け込みます。スマートな印象に仕上げたい時には方形石がオススメです。大判の方形石を使えば、迫力のあるファサードに。大きさによっても与える印象が変わります。
  • ボーダータイプ
    表面に凹凸があり、陰影が生まれるので、印象的な空間をデザインできます。デザインウォールの全面に貼れば、異彩を放ったファサードに。部分的に貼れば、景観のアクセントになります。リゾートホテルのようなラグジュアリーなイメージにしたい方にオススメです。一気にエレガントな雰囲気が高まります。

自然石は使う色合いによってもイメージが変わります。洋風なお住まいであれば、イエロー系やピンク系がマッチしますし、和風なお住まいであれば、黒系のシックなカラーが合うでしょう。
お住まいやエクステリアのイメージによっても使うカラーを選択する必要があります。
またお住まいを彩る自然石はライトアップによって更なる魅力を発揮します。昼間とは違った魅力で見る人の心を掴んで放しません。とりわけボーダーの自然石は凹凸が大きいので、陰影が生まれ、ゴージャスな雰囲気が漂います。
デザインウォールをエクステリアに取り入れたいとお考えの場合は、夜の照明計画も考慮に入れると良いでしょう。より印象的なファサードになります。
アイストップ効果のあるデザインウォールなら見せたくないものから視線をそらすことが可能です。
どうしても道路からお庭が見えてしまう、しかもそのお庭の奥にはリビングの大きな窓が・・・なんてことも。そんな時デザインウォールをお庭の手前に配置すれば、自然とデザインウォールに視線を集めることができるので、周囲の視線を気にする必要はなくなります。
この他にもデザインウォールは様々な効果を発揮します。
敷地の広さの関係上、どうしても道路と玄関の距離が短い場合があります。そのような場合、デザインウォールを玄関と道路の間に設置することで奥行き感のあるアプローチにデザインでき、プライバシーの保護にもなります。しかし玄関ドアを隠そうと大きなものを作ると圧迫感が生まれるので、大きさや高さに配慮が必要です。
素材や色合いも重要なポイント。選ぶ素材によっても圧迫感を和らげることが可能に。道路からの視線をカットしながら華やかなアプローチをつくれるので一石二鳥です。アプローチやお住まいとデザインを合わせれば、統一感のある仕上がりに。
高級感あふれる自然石を使ったデザインウォールでお住まいやエクステリアをワンランクアップさせてみるのはいかがでしょうか?

目隠し・飛び出し防止・美観の三拍子揃ったデザインウォール〜山田様邸~

無添加にこだわった住宅のエクステリアは天然素材をふんだんに 〜久保田様邸~

エレガントなエクステリアで安心も美しさも~𠮷川様邸~