新築エクステリア工事施工事例集

ウッドと石に包まれた、落ち着いたアースカラーが彩るオープンエクステリア〜角田様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

木と乱形石に包まれた、安らぎのオープンエクステリア

ハウスメーカーからのシンプル過ぎる最低限のエクステリアプランに愕然とし、エクステリア業者を探し始めた施主様。ちょうど娘さんご夫婦のご新築のお庭を施工していたのが当社だったので、ご紹介をいただきプランニングをいたしました。シンプルでありながら温かみの感じるファサードは、これからの新生活を彩る象徴として長く愛されることでしょう。毎日通るアプローチは落ち着いた色調の乱形石でデザインしました。青やグレーがかったランダムなカラーリングは、長年住んでいても飽きのこない表情を見せてくれます。

自然石と相性のいい左官仕上げのデザインウォールには門まわりに必要不可欠なアイテムを1ヶ所に凝縮しました。オープンエクステリアの不安点は不特定多数の人が玄関まで簡単に来れるという点なので、訪問者を道路境界線近くで一旦足を止めさせるためにインターホンなどの目的物を玄関からできるだけ離してあります。

ネームプレートや門灯などは、主張しすぎないシンプルで小さなフォルムのものを選びました。悪目立ちしないアイテムを選ぶことで、エクステリア全体を落ち着いて楽しむことが出来ます。LIXILの汎用材・プラスGで作った木目調のゲートがお客様をお出迎えしていますね。

木目調のゲートの足下は段差に合わせた花壇がデザインされています。段差を利用して作られた小さな花壇なので、それぞれ雰囲気の違う下草を植えても楽しそうですね。花壇の仕切りのピンコロ石は、階段のタイルの色に合うものを選びました。
ゲートには縦格子目隠しを取り付け、玄関の中が見えないようにしています。
今回のエクステリア工事によって、デザイン性もアップさせながら、生活を守る機能もアップさせることができました。

DESIGN POINT 2

石の小道が導く憩いのタイルテラス

乱形石の床面は、玄関へと向かうアプローチとガーデンスペースへと向かう小道の2ヶ所あります。こだわり派段差も石を積んで造作しているところです。自然石平板の側面が不揃いな表情を見せてくれるので、思わず見入ってしまうようなデザインになりました。

ガーデンスペースはコンパクトなタイルテラスが広がっています。アルミ形材の木目調フェンスのおかげで、椅子に腰掛けるとちょうど外からすっぽり姿が隠れますね。お気に入りのガーデンファニチャーで穏やかな時間を楽しむことができそうです。家の裏側にビルトインガレージがあるお住まいなので、こちらにもプラスGでゲートを設けています。正面の意匠とも統一。エクステリア全体をウッドテイストにデザインすることで、自然を感じられる穏やかな空間に仕上げました。

 

Client Voice お客様の声

感想文

このたびはとても素敵な外構に造って頂いた癒樹工房さん、職人さん達に大変感謝しています。本当にありがとうございました。
当初、ハウスメーカーさんに全ておまかせする予定でしたが、外構の図面を見せられ、土・コンクリート・金網フェンスといった感じであ然としてしまいました。家を建てる喜びもどこかへ去ってしまいました。ちょうどその時、横浜に住む娘の家で現在進行形で外構工事をしていたのが癒樹工房さんでした。早速娘に紹介してもらい千葉まで来ていただいたのが西村さん。家もまだ着工前で図面だけしかありません。しかも私達になんのアイディアもなく、ただ落ち着いたシンプルな外構というだけで、こんな感じはどうでしょう?と見せて頂いた時の感動。すぐその場で癒樹工房さんにお願い致しました。
金額面では、当初の予定より遥かに高くなりましたが、大変満足のいく外構に仕上げてもらえました。娘共々癒樹工房さんに感謝しております。ありがとうございました。

角田