新築エクステリア工事施工事例集

弧を描く美しいデザインウォールのナチュラルモダンなエクステリア~坂西様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

優しいプライベート空間を作り出すナチュラルなアプローチのエクステリア

芝生の庭で子供を遊ばせたりバーベキューをしたい、玄関前は目隠しをしてプライベート空間を造りたいとご希望だった坂西様。まず、玄関前のプライベート空間を作るにあたって自然な形で目隠しできるよう、曲面に造作したデザインウォールをリズミカルに配置したデザインをご提案させて頂きました。

さらにデザインウォ-ルには木調のアクセントをつけて優しさの中にも凛としたと雰囲気を。建物のバルコニーの木調と相まって一体感も生まれています。デザインウォールは手前と奥で弧を描きながら繋がるようなデザインに設えたことで、奥行き感も生まれています。それぞれのデザインウォールの前には、目を楽しませてくれる植栽スペースを設けたことによりナチュラルなアプローチに。楽しみながら歩き進め、四季も感じられる自然豊かな空間になりました。

アプローチは日常頻繁に行き来する場所であり、住まわれる方の気持ちを切り替えてくれる場所でもあります。日々繰り返される一日の始まりや終わりにどういう気持でそのシーンでを迎えられるかということは、とても重要なことです。アプローチの僅かな数十秒の空間体験によって、緊張がほぐれホッと安心できる気持ちになったり、ポジティブな気持ちになれたら。エクステリアは「カタチ」だけでなく、住まわれる方の「ココロ」にも作用されるものと考えます。

DESIGN POINT 2

機能性あるガーデンテラスとハーブ香る芝生のガーデン

お庭でバーベキューが楽しめるようガーデンテラスを設けました。ガーデンテラスには光が入る明るい半透明の屋根を設け、天候に左右されず趣味などを楽しむことができます。日よけ用のフックも取り付けましたので、夏の日差しをカットすることも可能です。またテラスを囲う腰高のデザインウォールには立ち水栓を備え、近くにはベンチを造作。並んで座って休憩や作業もでき、機能性と利便性を兼ね備えたプラスアルファのテラス空間になりました。

テラスはリビングとの繋がりを持たせるよう、リビングの床の高さとほぼフラットに。リビングの延長として、また第二のリビングとしてお使いいただけます。光・風・緑といった自然の恵みをふんだんに取り入れたテラスで、家族の団らんに安らぎを与えてくれることでしょう。

メインガーデンは芝生を敷き、ハーブ花壇を設け、緑も香りも楽しめる心地よい空間に。また、アプローチを通らずお庭へ行ける通路を作りましたので、お客様を直接お招きすることも出来ます。曲線のデザインウォールによって右へ左へと歩を進めことができ、様々なシチュエーションにも対応できるエクステリアになりました。

DESIGN POINT 3

街の人々の心に響くファサードと夜のライトアップ

道に面したファサードには植栽スペースを広めにとり、道行く人の目も楽しませ、気持ちを豊かにさせてくれるようなデザインのご提案をいたしました。また、お庭の植栽は目隠しのデザインウォールの圧迫感を軽減し、さりげなく視線をカット。夜になればライトアップにより柔らかな植物の陰影を浮かび上がらせ、風にそよぐシルエットが優しさと安心感を与えてくれます。ハーブなどの背の低い植栽には下面に配光するパスライトやポールライトで演出。全体の視線を低めにすることで庭に落ち着いた雰囲気を与えます。エクステリアの植栽やライトアップによって日々そこを通る街の人々の心にも安らぎを与えることでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

この度は大変お世話になりました。
この一年間「家を新築する」ために、どんな家にしたいのか、間取りは…ということについて長い時間と労力をかけて考えてきました。ところが「外構は?」となると、全く考えの中にはありませんでした。なんとなくフェンスで囲まれていて門がある、駐車スペースをどのように取ろうか、くらいでした。ハウスメーカーに頼むのではなく、地元の業者さんにお願いしよう、すぐにできるだろう、くらいにしか思っていなかったのです。
ところが新しい家ができて住み始め、外構をどんな風にしようかと考えだすと、いろいろな家を見るようになり、「フェンスと門」だけではないことを知るようになりました。そうなると、どうしたらいいのか、本当に困りました。地元の業者さんに自分達の漠然とした思いを伝えてもイメージ通りにはできないような気がする、では、どうしたらいいのか。そんなときに偶然、癒樹工房さんのHPを見て、カタログを取り寄せました。見ると、本当にたくさんの素敵なお庭の施工例があり、見ていくうちにこんな風にしたい、これもいい、こんなこともできるんだと発見がありました。また、癒樹工房さんの真剣にお客さんと向き合う理念にひかれ、お願いすることにしました。
 担当してくれた新井さんは、本当に親身になって話を聞いてくれました。こんな感じという曖昧なイメージを具体的なパースに示して提案してくれたので、何もない家の周りがこんなに素敵な庭になるのかととても楽しみになってきました。何度も話合いを重ねて、納得のいくイメージが出来上がるまで粘り強く付き合ってくれました。
 例えば、外の水道のところでは、ちょっと座って作業できたら楽だし、長靴を洗うのに水のはね返りが気にならないくらいの高さにしてもらえるといいなぁと思いつきも「こうしたら、できますよ。」とささっと絵にして、勝手な思いつきを便利なアイディアとして形にしてくれました。最終的にはテラスの腰高壁とつなげたので、空間に囲まれ感が出て、より過ごしやすい場所になりました。
 また、庭にはどんぐりが実る木を植えたい、花壇の一部をハーブ園にしたい、子供と一緒に庭づくりの一部を自分達でもやりたいので芝生は自分達で植えたいという要望に対して、木の種類や配置を考え、ハーブの中でも育てやすいものを植えてくれたり、芝生を植える場所の土の状態を見て、時期や植え方についてもアドバイスしてくれたりと、細かな要望にも丁寧に答えてくれました。
 これから春になり新緑の季節に合わせて庭に花を植えて楽しみたいと思います。今まではマンション住まいだったので、今度は新たな楽しみができました。敷地が広めなところに家を建てた利点が生かせそうです。
また、新井さんのこの設計で実際の工事をしてくれた職人さんもすごい。主に二人での作業でしたが、仕上がりがとてもきれい。ブロックの隙間に埋めたコンクリートが見事にきれいな平らになっていました。壁塗りの左官職人さんにもびっくり。ラウンドしている壁の下地の塗りが仕上げの塗りかと思うくらいきれいでした。下地を見て、仕上げとかんちがいし、「色が違うのでは?」と新井さんに確認の電話をしてしまったくらいでした。
今回、癒樹工房さんにお願いして本当によかったです。今度、何か困ったときには相談させていただきたいと思っていますし、知り合いで外構工事を考えている人には、癒樹工房の新井さんを是非オススメしたいと思っています。本当にありがとうございました。

坂西 秀紀・淳子・萌笑