新築エクステリア工事施工事例集

アールをふんだんに取り入れた柔らかいお庭~北見様邸~

garden-reform-kitami001
garden-reform-kitami002
garden-reform-kitami003
garden-reform-kitami004
garden-reform-kitami005
garden-reform-kitami006
garden-reform-kitami007
garden-reform-kitami008
garden-reform-kitami009
garden-reform-kitami010
garden-reform-kitami011
garden-reform-kitami012
garden-reform-kitami001-サムネイルgarden-reform-kitami002-サムネイルgarden-reform-kitami003-サムネイルgarden-reform-kitami004-サムネイルgarden-reform-kitami005-サムネイルgarden-reform-kitami006-サムネイルgarden-reform-kitami007-サムネイルgarden-reform-kitami008-サムネイルgarden-reform-kitami009-サムネイルgarden-reform-kitami010-サムネイルgarden-reform-kitami011-サムネイルgarden-reform-kitami012-サムネイル
画像一覧を開く

アール(円弧)を取り入れたデザイン。

施主様のご希望を元に、壁や花壇、階段など全体にアール(円弧)を取り入れ、白を基調としたお色を選択することで柔らかなデザインに仕上げました。
特に階段はアールを上手く出すために蹴上げ部分のレンガを立たせることで、滑らかな円形になりました。

 

土留めの壁にはロートアイアンのアクセント。

道路とお住まいに高低差あるため、土留めの壁が間延びした印象にならないようにロートアイアンのアクセントでメリハリを出しました。
ロートアイアンのアイテムの下には壁の色より一段濃いタイルを貼り、色のコントラストを出すとともに泥はねによる汚れ防止になっています。

 

ナチュラルな雰囲気を演出するアルミ製のポール

スムーズに移動出来るように、2枚の壁の間は約1.2mほどを確保。壁の隣にはアルミ製のポールを取り付けることで、ナチュラルなアクセントになりました。

 

グリーンの色合いが素敵な「ヴァリオネオスキンイレギュラー」。

アクセントになっているグリーンのポストは「ヴァリオネオスキンイレギュラー」。
表札にも近い色を選択し、統一感を出しています。

 

階段にはタイヤが乗り上げない工夫。

ゆったりとした作りの駐車場ではクラック(ひび割れ)防止の為に入れたレンガのラインが車の動線を指示。
お庭へと続く階段の一段目はアール状に角をとって、タイヤが乗り上げないようにしてあります。

 

ポスト蛇口の部分には縦のラインでアクセント。

1cm角のタイルをたくさん貼り付け、大きな縦のラインを作ることでより印象的に仕上げました。
立水栓と壁を一体化させると使い勝手もデザインもアップするのでオススメです。

 

ピンコロで仕上げた花壇人工芝のスペース。

丸く造作したピンコロ花壇と土間の間は、ローメンテナンスが嬉しい人工芝のスペースに仕上げました。
お水はポールに取り付けた立水栓から供給。
駐車場とお庭に高低差があるので、立水栓も全面と奥に取り付けています。

 

Client Voice お客様の声

5月、やっと完成を間近にしたマイホーム。ですが、ハウスメーカーの外構の提案は殺風景のコンクリートの打ちっぱなしのもの。これまでせっかくこだわってきた新築だからこそ、外構にもこだわりたい!…と、業者さんを探していたときに見つけたのが癒樹工房さんでした。
 早速問い合わせ、現在のエクステリア工事の状況をお話ししたところ、まだ契約をしていないのにも関わらず、何度もハウスメーカーへのアドバイスをいただきました。そして、ただの相談にも関わらず、いつも丁寧で明るいお人柄の表れるメールに、信頼してお願いできる業者さんだと確信し、拙宅の外構をお願いすることにしました。
 2回目の打ち合わせの時に提案していただいた完成予想図は、まさに私たちが理想に描いていた姿で、すぐに心奪われてしまいました。ですが、実現のためには予算が全く足りません。理想を諦めなければならないのかと思っていましたが、諦めなかったのは担当の小林さんでした。何かと予算に収まるよう熱心に何度も何度も打ち合わせを重ね、そのたびに図面を作り直していただき、本当に親身になっていただきました。お陰で図面も予算も納得にいくものとなり、決定したのが6月のことでした。
 そこでさらにありがたかったのが、毎月5件だけということです。すでに他のお客様のスケジュールが入っていたにも関わらず、駐車スペースがない我が家が不便だろうと工事中のお客様に相談いただいて、一部先行工事をしていただいたことです。入居が5月末にも関わらず、車を使えずに不便極まりない状況だったので本当に助かりました。
 お盆を過ぎ、いよいよ工事が始まると、泥が盛ってあるだけで雑草だらけだった庭が綺麗に、そして玄関周りが少しずつ図面とそっくりに変化していく姿が日々の楽しみでした。作業は猛暑の日差しの中、お一人で本当に丁寧にいただきましたし、私たち夫婦の環境の変化に併せて、細やかなお心遣いとプランの変更、そしてご厚意を盛り込んでいただきました。小林さんと作業をしてくださった土屋さんには、本当に感謝しています。
 そしてついに完成!暖かみのある曲線のシルエットと色使いに大満足です♪通行人の方でつい足を止めて見て行かれる方も多く、近くに住む実家の両親にも「素敵になったね、お願いしてよかったね」と言われています。自慢のエクステリアとなりました!まだ花壇には何もありませんが、朝、雨戸を開けるたびに思わず笑みがこぼれ、これからどのように草花を植え、緑をどのように増やしていくかとても楽しみです。癒樹工房さん、本当にありがとうございました。

北見