アールをふんだんに取り入れた柔らかいお庭~北見様邸~

garden-reform-kitami001

施主様とのお打合せで伺ったご希望を元に、あらゆる所にアール(円弧)を取り入れたソフトなファサードをデザインしました。柔らかなシルエットの白いデザインウォールが、引き込まれるような魅力を放っています。

[×]
garden-reform-kitami002

道路とお住まいの土の高さの差がかなりあるので、必然的に土留めの壁が目立つ形状になっています。壁がのっぺりと間延びしないよう、ロートアイアンのアクセントを取り付け、シーンにメリハリを出しました。

[×]
garden-reform-kitami003

2枚の壁の間は1.2mほどと、見せ場をたくさん作りながらも人の移動の妨げにならないよう、しっかりスペースを確保してあります。壁の隣にはアルミ製のポールを取り付け、ナチュラルさを感じられるようにしています。

[×]
garden-reform-kitami004

存在感のあるポストは「ヴァリオネオスキンイレギュラー」、カラーは爽やかな淡いグリーンをチョイスしました。ポスト内に開いた不規則な穴がイレギュラーの名前の由来です。表札も近い色を選択し、雰囲気を合わせています。

[×]
garden-reform-kitami005

ゆったりとした作りの駐車場にも柔らかさを兼ね備えた工夫がしてあります。お庭へと続く階段の一段目はアール状に角をとって、タイヤが乗り上げないようにしてあり、クラック防止の為に入れたレンガのラインが車の動線を指示していますね。

[×]
garden-reform-kitami006

ロートアイアンのアイテムの下には、壁の色より一段濃いタイルを貼ってあります。色のコントラストを楽しめるとともに、泥はねによる汚れ防止にもつながっています。

[×]
garden-reform-kitami007

ポストと蛇口の部分には1cm角のタイルをたくさん貼り付け、大きな縦のラインを作って見応えをアップさせています。立水栓と壁を一体化させると使い勝手、デザインともに向上するので、既存のものよりも一歩進んだ水周りをご希望の方にはお勧めです。

[×]
garden-reform-kitami008

玄関へと向かう階段の足元には、隠れミッキーが。大きさの違う円のタイルを使い、かわいく表現できました。

[×]
garden-reform-kitami009

駐車場後ろの壁も柔らかさにこだわりアール状にしました。ピンコロで仕上げた花壇も丸く造作し、シーンに温かさが出ています。

[×]
garden-reform-kitami010

ピンコロの花壇と土間の間には人工芝のスペースを入れました。人工芝はシート状のアイテムなので、アールの形に切り取ってうまく場に納めることが可能なので、デザインの幅が広がる商品です。

[×]
garden-reform-kitami011

階段はアールを上手く出すために、蹴上げ部分はレンガを立たせて作りました。こうする事で通常の横に積む施工法よりも滑らかに円を作ることが出来ます。

[×]
garden-reform-kitami012

お庭で水が必要な際は、ポールに取り付けた立水栓から供給が出来ます。駐車場とお庭に高さがあるお住まいなので、全面と奥に立水栓を2つ取り付けました。

[×]

アール(円弧)を取り入れたデザイン。

施主様のご希望を元に、壁や花壇、階段など全体にアール(円弧)を取り入れ、白を基調としたお色を選択することで柔らかなデザインに仕上げました。
特に階段はアールを上手く出すために蹴上げ部分のレンガを立たせることで、滑らかな円形になりました。

 

土留めの壁にはロートアイアンのアクセント。

道路とお住まいに高低差あるため、土留めの壁が間延びした印象にならないようにロートアイアンのアクセントでメリハリを出しました。
ロートアイアンのアイテムの下には壁の色より一段濃いタイルを貼り、色のコントラストを出すとともに泥はねによる汚れ防止になっています。

 

ナチュラルな雰囲気を演出するアルミ製のポール

スムーズに移動出来るように、2枚の壁の間は約1.2mほどを確保。壁の隣にはアルミ製のポールを取り付けることで、ナチュラルなアクセントになりました。

 

グリーンの色合いが素敵な「ヴァリオネオスキンイレギュラー」。

アクセントになっているグリーンのポストは「ヴァリオネオスキンイレギュラー」。
表札にも近い色を選択し、統一感を出しています。

 

階段にはタイヤが乗り上げない工夫。

ゆったりとした作りの駐車場ではクラック(ひび割れ)防止の為に入れたレンガのラインが車の動線を指示。
お庭へと続く階段の一段目はアール状に角をとって、タイヤが乗り上げないようにしてあります。

 

ポスト蛇口の部分には縦のラインでアクセント。

1cm角のタイルをたくさん貼り付け、大きな縦のラインを作ることでより印象的に仕上げました。
立水栓と壁を一体化させると使い勝手もデザインもアップするのでオススメです。

 

ピンコロで仕上げた花壇人工芝のスペース。

丸く造作したピンコロ花壇と土間の間は、ローメンテナンスが嬉しい人工芝のスペースに仕上げました。
お水はポールに取り付けた立水栓から供給。
駐車場とお庭に高低差があるので、立水栓も全面と奥に取り付けています。

 

北見様邸_コメント