Gardem reform
No. 053
自宅で過ごす毎日がリゾート!「魅せる」と「隠す」を棲み分けた優美なヒーリングガーデン~今泉様邸~
Before 施工前

「屋外で寛ぎながらお酒を飲めるような空間が欲しい…」ご家族全員がお酒が大好き!なご家族がお庭に思い描いたのは、リゾートホテルで過ごすような寛ぎに満たされた空間。このリクエストにお応えした外構デザインは、思いきり「魅せる」そして、しっかり「隠す」ことで極上のリゾート風ヒーリングガーデン。
まるでバリのスパのようなテラスルームに足湯、優雅なココスヤシの揺れるセミオープンの外観…眺めては心癒され、腰掛ければ寛ぎに満たされる、世界にひとつだけのこだわりのエクステリアが完成しました。

お客様からのご要望

  • リゾート風エクステリアにしたい。
  • お庭はしっかりクローズにして、プライベートな空間にしたい。
  • 外でお酒が飲める寛ぎの空間が欲しい。
  • メンテナンスが掛からないエクステリアにしたい。
  • 足湯が出来るようにしたい。
  • ヤシを植えたい。
After 施工後

予算を抑えた中途半端なプランより、思い切って想定を超えたプランに!

お庭にこだわりたい奥様、できるだけ低予算で手のかからないお庭にしたいご主人、そのやりとりの行ったり来たりで、プランがなかなか前に進まない…。夫婦でイメージや意向がぴたりと合わない話はよくあります。今泉様邸も家は新築したものの、住宅メーカーから紹介を受けた外構業者とのプランが上手くまとまらず、中途半端な状態に。外構が何もなされずに止まったままになっていました。
一年の半分は海外で過ごすというご一家。そのため、お庭はメンテナンスフリーが大前提。それだけに、外構にどこまでお金を掛けるべきなのか?悩ましいものがあったのかもしれません。そんなご主人をその気にさせたのが、お庭をまるごと囲って完全なプライベート空間にしてしまう、思い切ったプランでした!更に外周はお手入れをほとんど必要としない、にも関わらず美しく優雅なリゾートを彷彿とさせるデザイン。
予算オーバーではあったものの、「それいいね!」と段々とご興味をお持ちになったお庭と外構は、ご家族の想定を超えた満足感に溢れる仕上がりとなりました。

「魅せる庭」にこだわった、ココスヤシが揺れるリゾート風ファサード

淡いピンクの外壁が柔らかな印象の瀟洒な洋館。角地に建つ今泉様邸を訪れると、まず目に飛び込んでくるのが、そのソフトな外観にピリリとスパイスを与える、大きく枝葉を広げた優雅なココスヤシの木。南国情緒溢れるその景観は、まるでリゾート地に訪れたかのようです。背後の琉球石灰岩があしらわれたデザインウォールはさらにその気分を高めてくれます!
周囲をぐるりと囲む連続した塗り壁からは、ドラセナやコルジェリネといった個性的な植栽が次々と現れ、目を退屈させません!壁高もお庭の前を除いては低めに抑えられ、シーンによって色味を変えた化粧砂利が「魅せる庭」を演出。明るくドライな空気感を演出しています。
注目したいのはお庭の美しさだけでなく、そこには一切、土の露出がないという点です。つまり、日々雑草のお手入れに追われることも無く、快適に四季を通じて綺麗な状態をキープできるお庭なのです。どれだけお金をかけて素敵なお庭を作っても、数か月で荒れてしまっては本末転倒。いかに手間をかけずに、綺麗な状態を保つことができるか?は、昨今のお庭づくりのキーポイントでもあるのです。
洋館でありながらも、リゾートライクなファサード…周辺の景色にもすっかり馴染み、早くもお洒落な「街の顔」として近隣の方からもご好評を頂いているようです!

「寛ぎ」と「癒し」にとことんこだわった、家族だけのヒーリングテラス

最初はお庭にジャグジーを入れたかったものの、スペースや搬入の問題で諦めた経緯がある今泉様。高い目隠し壁に囲まれたお庭には、ゆったりと構えた足湯が造られました。その内部はまるでバリの高級リゾートホテルにあるスパのよう。やわらかな色味のタイルと木目のアクセントタイルが調和するテラスは、ソファがゆったりと構え、足湯から上がれば、ここでのんびり寛ぐことができそうです。ほぼ室内のようなこのテラスフロアですが、光が全く入らない訳ではありません。バリのストーンレリーフのような意匠性の高い穴あきブロックやガラスの角柱からやさしい光が入り、夜はこれが艶やかな照明となって内部にほのかな光を灯します。
家の中にバーカウンターまで造ったというだけあり、ご家族皆さんがお酒が大好きな今泉様。屋外でもお酒を飲んで寛ぎたい…そんな夢を叶えたテラスでは、足湯に浸かりながら、お酒を楽しむ…そんな贅沢なひとときが日常になっているようです!

お客様からのお喜びの声はこちら

海外のエッセンスを散りばめた、センスあふれるリゾートガーデンの完成。

今泉様インタビュー
矢沢様邸インタビュー

癒樹工房でこだわりのお庭を手に入れられたお客様にお話を伺うインタビュー企画第十四弾。

今回は、お仕事柄一年の半分を海外で過ごされており、こだわりあふれるセンスをお持ちの今泉様のインタビューをお届けします。まさにリゾートホテルのようなお庭を手に入れられた今泉様に、外構リフォームに至った経緯や完成までのエピソードをお伺いします。

今回建てられた住宅もかなりのこだわりが詰まっていて、まるで海外のリゾートホテルのようですね。

日本と海外を行き来する生活が長かったので、もともとこの家には住んでいなかったんです。なので、お手入れもできていなくてボロボロだったのですが、今回しばらく日本に住むことになったこともあり、新たに建て替えることにしました。もともとホテルで過ごすのがとても好きだったので、快適で居心地の良い“リゾートホテルのような家”にしたいと思っていました。ただ、家の方向性ははっきりと決めていたのですが、外構のことはなにも決められないままどんどん家の工事が進んでしまって。家を建てる際にメインとして作ったインナーバルコニーも、空間はできたけれど中身がぜんぜんできていなくて、家が完成する頃にはまだ外構業者も決まっておらず焦っていました。

外構はもともとハウスメーカーさん紹介の会社で検討されていたとか。

ハウスメーカーから3社紹介してもらいました。もともとインナーバルコニーにスウィングベッドやジャグジーを設置したいと考えていたのですが、どこの外構業者もプランがなかなか出てこなかったり、返答がなかなかもらえなかったりで。外構が宙ぶらりんのまま家がいよいよ完成してしまって、家は完成したのに外側から見るととても殺風景で困っていました。

癒樹工房に行き着いた経緯とはどのようなものだったのでしょう?

実は、2年くらい前から癒樹工房さんのことは調べていて、カタログの資料請求もしていたんです。今回の外構を検討したときにもふと頭にはよぎったのですが、高いイメージがあったのでずっと寝かせておいたんです(笑)。主人からなるべく金額は抑えるように言われていたこともあって、なかなか言い出せずにいたんですが、3社とも駄目になってしまい本当に困っていたので、いよいよ主人に「実は……」と切り出して、癒樹工房さんにお電話してみることにしました。(奥様)

最初の電話のときに大体の予算やイメージをヒアリングしていただいて、1回目の打ち合わせをしていただいたのですが、もう次の打ち合わせのときには具体的なプランをもってきてくれました。そしたらそのプランが抜群に良くて。あれだけ費用は抑えるように妻に言っていたのに、気がついたらその場で「どうやって契約できますか?」と聞いていました(笑)。プランの完成度が高く、その前に打ち合わせしていた外構業者とはクオリティの面で大きく違っていました。(旦那様)

打ち合わせの印象について教えてください。

イメージしていた通りの方が来て良かったです。直近で家を建てていたので特にデザイナーさんやインテリアコーディネーターさん、家具屋さんなどと頻繁にお会いしていて、そこで思ったのは、その方の雰囲気とでてくるプランの雰囲気は同じだということでした。やっぱりオシャレな人はオシャレにやってくれる。担当いただいた梶原さんの雰囲気でプランが作られていて、とても良かったです。

担当者にはどんなイメージを伝えましたか?

家と同じでリゾートホテルみたいなイメージをお伝えしたら、どんなイメージかを深く掘り下げて聞いてくれました。ほかの外構業者にも同じように伝えたんですが、癒樹工房さんのようなストーンを使ったアイデアなどはなくて、ウッディなイメージのものしか出てこなくて。こちらの希望を無視してデザイナーさんがこうしたい、みたいな印象を受けることのほうが多かったので、最初のプランでできるかぎりこちらのリクエストを反映してくれているのがうれしかったです。(奥様)

海外と行き来する生活をしていることもあって、なるべくメンテナンスがかからないものを希望していました。最初は外構にどれだけお金をかけるべきなのかもよく分からいまま予算をお伝えしていたこともあり、結果予算オーバーしたプランではあったのですが、こちらの想像を超えたプランが気に入りました。(旦那様)

特にお気に入りの外構ポイントはどこですか?

インナーバルコニーにジャグジーをつけたいと相談したところ、足湯はどうかと提案してくれたのはすごく面白かったですね。今、コロナの影響もあり旅行にもなかなか出かけられないですが、家のなかでリゾートにいるような気分になれるのがうれしいです。我が家では月に2,3回友人を招いてハウスパーティをやるのですが、友人たちも皆とっても喜んでいます。夏はインナーバルコニーでバーベキューをしたり、足湯にお水を張ったり。ここでお酒を飲んでおしゃべりするのがとても楽しいんですよ。特に夏の昼間の時間帯が気持ち良くてお気に入りです。

家の顔でもあるココスヤシもとっても印象的です。完成後、周りからのリアクションはどうですか?

リゾートホテルを象徴するような植物を入れたいと思って、ココスヤシは直接ヤシの木屋さんまで選びに行きました。友人たちからは「リゾートホテルに来たみたい!」と驚いてくれます。ハウスパーティに来たお友達がSNSにアップしたり、通りすがりの人が足を止めて眺めたり。犬の散歩で通る人にも「素敵なお庭ですね!」と話しかけられることも増えました。

満足度はいかがですか?

癒樹工房さんにお願いして、とても満足しています。担当の梶原さんは工事の金額も一つひとつ丁寧に説明してくれて、予算の相談にものってくれたり、植栽選びにも一緒についてきてくださったり。途中、気になることがあってLINEをするとすぐ返信をくれて、夜遅くにも関わらず駆けつけてくださることもありました。しっかり向き合ってくださる真摯な対応にとても感謝しています。以前はほとんど外出をしている生活でしたが、最近は家で過ごすのが楽しくなりました。ほかにはない、自分だけのお庭を手に入れたいという方に、ぜひおすすめしたいです。

ありがとうございました!完成した今泉様邸ガーデンが、これからもご家族のライフスタイルに寄り添い続けることを願っております。

海外のリゾートホテルのような素敵なお庭を手に入れられ、以前よりも家で過ごすことが増えたという今泉様。まるで異国を訪れているかのような数々の演出が、これからも多くの訪問者を非日常の空間へと誘ってくれることでしょう。