タイルデッキ(異素材組み合わせ)

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

様々な素材を組み合わせてデザインされた魅力的なタイルデッキ

タイルデッキは通常タイルのみで作られますが、タイル以外の素材を組み合わせてデザインすることで様々な表情を見せてくれます。自然石を効果的に使ったデッキや、デッキ内部・階段の踏み面に人工芝を組み込んだデザインなど、見ているだけで楽しくなるようなデッキだと、外に出るのが楽しくなりますね。

 

DESIGN POINT 2

タイルデッキの目的

最初に書いたように、タイルデッキを造る目的は人によって様々です。

しかし一般的には室内からお庭への出入りをスムーズに行えるようにすることで洗濯物を干す時の動線を短くしたり、バーベキューなどお庭で食事をしたりお茶をする時に使用するという方が多くなっています。

その他にはお庭の大部分をタイルデッキにすることで土の面を無くし、雑草を生えてこないようにする目的で造るという方もいらっしゃいますよ。

雑草が生えてこないだけでお庭のメンテナンスが格段に楽になりますし、虫の発生も抑えることができます。

 

DESIGN POINT 3

タイルデッキの形状

目的に応じてタイルデッキのデザインも変わってきます。

タイルデッキの形状はスクエア型が主流で、設置する場所はリビングの掃き出し窓の前に設置されることが多くなっています。

しかし花壇やベンチなど他のガーデンアイテムと組み合わせたりL字型のタイルデッキを造る方もいるので、目的や状況に応じてデザインを決めていきましょう。

なおタイルデッキのサイズを小さめに造ってしてしまうといざファニチャー(外用の家具)を置こうと思っても狭くて置けなかったり、作業がしたいのに十分なスペースが確保できなかったりと使い勝手が悪くなることが多いので、余裕をもって少し広めに造るといいでしょう。

また小さなお子様やお年を召した方がタイルデッキを使用する予定がある場合には低めのステップを数段造作したり、手すりや柵を設置すると移動がしやすくなります。

 

DESIGN POINT 4

タイルデッキの素材

デッキを造るために必要な素材とはいったいどんなものなのでしょうか?

使用する素材はデザインによって異なりますが、使用されることが多いのはコンクリート、タイル、自然石です。

コンクリートのみのデッキは安く造作できますが、遠赤外線による輻射熱の影響で室内の温度が上がりやすくなります。

またコンクリートだけだと少し寂しい印象になりがちですので、現在ではコンクリートの表面にタイルを貼るデザインが主流となっています。

タイルにはシンプルなデザイン以外に木目調のものやメタリックに見えるもの、レザーや布に見えるものなど様々なデザインのものがあるので、好みやお住いとの統一感を考えながら選んでみましょう。

なおタイルはⅠ類(磁器質)、Ⅱ類(せっ器質)、Ⅲ類(陶器質)という分類があり、この3つを総称して陶磁器質タイル、セラミックタイルと呼んでいます。

焼成温度が高いⅠ類ほど吸水率が低く、より硬いタイルとして分類されますので、タイルを選ぶときは参考にしてみてくださいね。

また滑りにくいタイルなどもありますので、お子様が走ったり、雨の日でも安全なデッキを造りたい方はそういったアイテムを探してみるのもいいのではないでしょうか。

そしてタイルの次に人気なのが、表面に自然石を貼ったデッキです。

自然石の中でも特に人気なのが乱形石で、ナチュラルテイストのお庭やヨーロピアンテイストのお庭、シンプルなお庭のアクセントなどで採用されることが多くなっています。

カラーもイエロー、ピンク、ベージュ、ブラック系など様々で、自然石の華やかで優しい風合いがお庭を柔らかい印象にしてくれますよ。

しかし乱形石を貼る場合には気を付けなければいけないがポイントがあります。

それが乱形石の石貼りです。

乱形石の石貼りは職人のセンスと技術が問われる作業なので、下手な職人が作業をするとのっぺりとした美しくないデッキになってしまう可能性があります。

またデッキはアプローチよりも床面への視線が集まりやすいアイテムですので、乱形石を使用したい場合には施工前にその業者の施工例などをよく見て職人の腕を確認するようにしましょう。

不安な場合は実際に作業を確認して、気になる場合はその都度話し合ったり指示を出したりしてもいいですね。

 

DESIGN POINT 5

タイルデッキの解体作業

タイルデッキをデザインする時に考えてほしいのが、解体作業についてです。

タイルデッキには解体作業が大掛かりというデメリットがあります。

特にコンクリートを使用しているタイルデッキでは解体作業をするときに出る騒音も大きくなりますし、解体するためのコストも高くなります。

そのため、タイルデッキを造る場合には使用目的に合わせてベストなサイズを家族やデザイナーなどの専門家と一緒に考えるようにしましょう。

なお使用目的が見つからない場合には、実際に住んでみて「やっぱりタイルデッキが必要だ!」と思ったタイミングで造作しても遅くありませんよ。