ガーデンリフォーム工事施工事例集

使いづらかったお庭の問題を一気に解決してくれるエクステリアはアジアンテイストに!~原様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

お庭の可能性がグンと広がったリガーデン

老朽化した木製のフェンスの修繕がきっかけだったという原様邸のリガーデン。デザイナーとの数回の打ち合わせにより、ご家族がお庭に対して感じている不満や問題点が一つひとつ顕在化していきました。
一つは原様のお宅は階段を20段ほど上った高台に建っていますが、向かい側にある公園にいる人と目線が合い、部屋にいても庭にいても寛げず、ストレスを感じていた点です。視線を気にせず過ごせるプライベートガーデンをつくるために、既存のウッドフェンスを撤去し、目隠しフェンスを設置しました。原様邸に使用したガーデンフェンスはLIXILのジオーナフェンスというものです。このフェンスには採光パネルが使われていて、視線はカットしながらも、光を取り入れてくれます。ガーデンスペースも暗くなりません。

また最初からお庭に造りつけてあるテラスの広さが中途半端なことから何をするにも使いづらく、使う機会もあまりあかったそうです。サッカーを習っている小学生のお子さんも、せっかくのお庭でボールを蹴ったり、シュートしたりと遊びたい盛りですが、テラスで制限された広いとは言えない芝生エリアも使われていない状態でした。そこで考え出されたのがテラスと地面の高さを一定にするという大胆なアイディアです。高さを揃えるために6立米(りゅうべい)ほどの土をガーデンスペースに運んでいきました。6立米(りゅうべい)というのは2tトラックで約4台分の土の量に相当します。この土を運ぶだけでもかなり大掛かりなことが分かりますが、ガーデンスペースをフラットにすることで、限られた面積でも広々とした空間になり段差を気にせず、お庭を楽しめるようになりました。

さらにこの乱形石張りのデザインには既存のエクステリアに溶け込ませるための工夫が隠されています。既存のテラスとアプローチの間には芝生を敷いていますが、これはグランドカバーとしての役割に加え、デザイン面でも大きな役割を果たします。芝生がないと、テラスの方形石とアプローチの乱形石が隣り合うことになります。そうするとデザインとデザインがぶつかって、お互いの魅力を消してしまうのです。しかしデザインの間に芝生を挟むことで、それぞれのデザインが引き立ち、美しいガーデンスペースが完成します。既存のテラスとのメリハリが出て素敵な空間になっていますね。

DESIGN POINT 2

憧れのアジアンテイストを求めて、遊び心のあるものをチョイス

このリガーデンのもう一つのポイントが「心地よさ」の追求です。購入された時から植えられていた和のイメージを持つツゲの生垣などの植栽は洋風のエクステリアや建物にも合わず、どっちつかずのイメージであることを気にされていた原様。これも課題の一つでした。奥様が理想のイメージとするのは、アジアンテイストなガーデンスペース。そこで主木とカエデ以外は全て取り除き、全体を柔らかな流線形でデザインしました。

使う部材や石材などにタイやバリの庭にあるような色や素材感のものを選ぶことで、オリエンタルな雰囲気を演出しています。ガーデンスペースに足を踏み入れた時に、最初に目に飛び込むアプローチにはあえて個性的な色目のものを。最初のお話し合いの時に、淡く明るい色合いをご提案させて頂きましたが、「もっと遊び心を」というリクエストで、このサビ色とグレーの色がロットによって色差のあるちょっと面白い乱形石が選ばれました。

アジアンテイストのイメージに合わせ、テラスの屋根はアルミ地のものではなく、木目のものをセレクト。今回はタカショーのパーゴラポーチを使用しました。開放的なデザインでアジアンなイメージにも馴染むエクステリアアイテムです。また目隠しのガーデンフェンスもそれに合わせることで、建物やエクステリア全体と調和します。

そして少し細かい部分ですが、こだわりのポイントがあります。ガーデンスペースにある白い雨水枡が、デザインのイメージを損なう要素になっていましたが、オンリーワンのドットアートカバーというアイテムを使い、枡にカバーをすることで、景観に溶け込むようにしました。こうした小さな部分にまでこだわり、ガーデンスペースを造りあげていきます。
さらに玄関前の両側にはシンメトリーに南国感溢れるニューサイランという木を植えました。すらっとした直線的な葉っぱが特徴的で、見応えのあるカラーリーフとしても人気の植物です。足元にはゴロタ石をあしらってリゾート気分もアップ。ゴロタ石は駐車場のスリットにも入れ、細部に至るまでアジアンリゾートのイメージを演出しました。お庭の入り口に立つ白くプランターのような立水栓(ニッコー 立水栓ユニットユニコーンタイプ)はガーデンスペースのフォーカルポイント。立ったまま使えるので、使い勝手も抜群です。

DESIGN POINT 3

納得のいくお庭づくりによりご家族の楽しみも広がります

何度かプランも行き来し、工期も1ヶ月近くかかった今回のリガーデンですが、奥様からは「思い描いたようなお庭になりました」という嬉しいご感想を頂きました。今までは鉢植えが多かったガーデニングも、テラスのすぐ前に造った花壇に草花を植え込んで、本格的に楽しまれています。またご主人もさっそく会社のお仲間を招待してバーベキューをされたとのことです。これからもいっそう原様ご家族に合ったお庭の楽しみ方が広がりそうですね。

Client Voice お客様の声

感想文

外壁木材フェンスの老朽化による修繕を検討している際に、癒樹工房様のHPを見て資料請求させて頂いたのがきっかけでした。結果的にこの出会いにより、当初想像すらしていなかった、生活スタイルにマッチした使い勝手の良い過ごしやすく心地よい魅力的な新しい『庭』空間が完成出来ました事、心よりお礼申し上げます。

特にデザイナーの原田様、現場監督の梶原様には長い期間沢山のわがままや変更に真摯にご対応頂き、感謝申し上げます。印象深かったのは、我が家の生活スタイルや休日の過ごし方、趣味趣向を確認頂いた上で修繕しないといけない外壁フェンスを中心に、その箇所のみではなく、全体バランスをイメージしながら普段の困り事や不便さなどの改善ポイントや建売物件ならではの従来からの和と洋のテイストの矛盾などもご指摘頂きながら、ゼロベースから庭をプロデュース頂いた点です。

その際にご使用されていたデザイン画も、全体と個別を立体的に忠実に表現頂いていましたので、リアルにイメージしやすく、また変更部分を様々な角度から比較する事が出来、幾度と変更を繰り返す事となりましたが、納得のいくデザインコンセプトを完成する事が出来ました。その上で予算にあうメーカーや部材、施工手法を色々とご提案頂き、お蔭様で見事予算内に収める事ができました事も有り難い限りです。

実際の工事もデザインに忠実に丁寧に施工頂き、また細かい修正や追加変更にも柔軟に対応頂き、本当にすばらしい庭が完成し、大満足です。本当にありがとうございました。