ガーデンリフォーム工事施工事例集

擁壁と乱形石に包まれた癒やしのセミクローズエクステリア〜岡崎様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

白いデザインウォールと乱形石でエクステリアのスタイルを大きくリノベーション

せっかく日当たりの良いお庭があっても、隣地や道路からの視線が気になってはゆっくりくつろぐことは出来ませんね。目隠しとして植えていた植栽の代わりにデザインウォールを造作し、プライバシーを確保できるエクステリアにリフォームしました。デザインウォールの内側は乱形石で彩られた別世界になっています。

 

DESIGN POINT 2

プライバシーをプラスするデザインウォール

既存の土留の上に幅の広いデザインウォールを造作することで、プライベートな空間が生まれました。人の通り、隣地からの視線を意識して、右側のデザインウォールはコンクリートブロック2つ分高く設定しています。白いデザインウォールはそのまま90度に曲がって隣地境界線もカバーしているので、完全にお隣さんを意識せずにお庭でリラックスできますね。
デザインウォールが白一色ではのっぺりした印象になってしまうので、メリハリをつけるために方形の自然石のタイルシートとガラスブロックでデコレーションしました。シンプルながらも、飽きの来ないデザインになっています。
デザインウォールの手前のデッドスペースはピンコロ石でしっかりと区切り、細長い花壇状に仕上げています。色とりどりの草花が育てば、既存のコンクリートカラーの土留も目立たなくなることでしょう。

 

DESIGN POINT 3

玄関周辺の気になるポイントもデザインウォールでカバー

デザインウォールは道路側だけではありません。玄関の周囲にもデザインウォールを設けたことで生活環境が向上しました。元々玄関のドアを開くと目の前に隣地の窓が見える状態でしたので、お互いの生活環境を分かつために道路側のデザインウォールと同じものを造作。敷地奥の空間も同様にコンパクトなデザインウォールで視線をカットしました。
玄関のステップも転倒の原因になりかねないので、壁と手すりをご用意。手すりがあるだけで、生活が一気にしやすくなりますね。高低差のある敷地なので、転落防止のために駐車場裏手も手すりをプラスしています。
既存のアプローチの土の部分はフロアービーズで埋めて、一部を植栽スペースとして残しました。シンボルツリーのすぐ隣にはスリムな立水栓を取り付けてあるので、水やりにはちょうどいいですね。

 

DESIGN POINT 4

色鮮やかな乱形石によって生まれ変わったメインガーデン

今回のエクステリアリフォームのメインは、何と言っても美しい乱形石で作られたテラスです。お住まいの外壁の色と合わせるためにピンク系を選択しましたが、大正解ですね。乱形石で作られたテラスは、植栽をいじるスペース確保のため、フロアービーズを上手く組み込むために印象的なアールを描いています。カーブしたテラスの側面もちゃんと乱形石をあしらっており、職人の技術の高さがうかがい知れますね。

乱形石のテラスの上には、ロールカーテンタイプのオーニングを取り付けました。オーニングが影をつくることで、日差しの強い時もお庭でガーデニングを楽しめるだけでなく、リビングルームにも涼しさを提供してくれます。棒状のハンドルは使わず紐で開閉するタイプなので、面倒もなく簡単にお庭のイメージを変えられるのも大事なポイントですね。

隣地側に立てたデザインウォールは左官仕上げではなく、ボーダー状の擬石を貼り付けた豪華なデザインに。擬石がつくり出す陰影が飽きの来ない楽しみをもたらしてくれます。重厚感と特別感が感じられて、お庭に出るのが楽しみなりますね。シンボルツリーや水回りもセットしてあるので、自然を手軽に感じられる空間になりました。

 

DESIGN POINT 5

デザインウォールのコーナーからガーデンスペースを照らす夜の光

既存のライトが十分な光を放っているので、お庭にはコンパクトなポールライトを1基のみセットしました。デザインウォールのコーナー部分に取り付けたライトの光は、デザインウォールに反射して十分な明るさをお庭に与えていますね。凹凸のあるデザインウォールに反射した光は、不揃いの影を空間に表現しています。夜の光に照らされた乱形石のテラスも、昼とはまた違った美しさが感じられますね。

Client Voice お客様の声

感想文

2000年に家を建て早16年。住み始めた時は小さく細かった垣根も大きく太く育ち、害虫や病気で枯れる木もあり・・・かといってどの様に維持したら良いかもわからず・・・我が家のネコの額の様な庭は芝生が伸び放題、雑草も生え放題、ここまでになると庭に出たくなくなり数年前から庭の外構工事をやりたいねと主人と話す様になっていました。初めての外構工事、どこに依頼したらいいか分からず、その時ネットで出会ったのが癒樹工房さんでした。
早速カタログを取り寄せ連絡しました。担当の西村さんには私たちの庭に対する想いからお話しして最初は漠然としていた庭がだんだん形になり数回の打ち合わせのたびに色々アイディアを出していただいて最終的に満足のいくデザインが出来上がりました。最初はなかなかどんな感じになるのかわからず不安でいっぱいでしたが毎日コツコツ作って下さる職人さん(山本さん)の丁寧な仕事を毎日毎日見ていたらきっと素敵な庭に仕上げてくださるんだろうな・・・と不安はいつの間にか期待に変わっていました。
庭がきれいになり、植栽が入り、素敵な庭に生まれ変わりました。あんなに庭に出たくなかった私は毎日庭に出て眺めこれから何をしようか楽しみにしています。ハーブを植えようかな、お庭ランチもいいな、なんて・・・1年を通しての木々の変化も今から楽しみです。今はとっても満足していますが数年たち使っているうちにまた、こうしたい・ああもしたいという思いが出てきたらまたその時には癒樹工房西村さん、山本さんに出会えればなと思っています。
西村さん、これからも近くに来た時には庭の変化を見に来て下さいね。素敵なお庭をありがとうございました。そして、庭を通して皆さんにお会いできたこと感謝しています。

岡崎