立水栓

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

エクステリアのマストアイテム・立水栓

立水栓とは屋外で使用する水道設備で、地面から柱が立ち上がっている水栓のことです。洗車や植物への水やり、玄関まわりなどのお掃除に欠かせないアイテム。ガーデニングをされる方であれば、毎日のように使うものなので、水まわりが充実し、使い勝手が良くなると、植物のお手入れも楽しくなります。ウッドデッキなどお庭の中に据えればアウトドアリビングで大活躍するアイテムです。蛇口は通常一つですが、2口タイプにするとホース用と手洗い用に使えるのでとても便利です。リガーデンのご要望の中で多いのが、既存の立水栓の使い勝手が悪いということ。立水栓は配管の工事を行えば、移動や増設が可能です。使いやすい位置に設置することで、利便性が改善されます。
沢山の種類のオシャレな立水栓が販売されていますが、お庭で使った素材(レンガや自然石など)を利用してオリジナルの立水栓を造作すると、お庭に統一感が生まれます。

DESIGN POINT 2

お庭に立水栓を設置する際のポイント

植栽への水やりや洗車、DIYなどのとき、お庭に立水栓があると非常に便利です。立水栓を設置する場合は、使用目的や使い勝手を十分に検討する必要があります。立水栓を設置するときに注意するポイントを一つずつ見ていきましょう。
ガーデニングや家庭菜園、駐車スペースでの車いじりなど、水まわりの使用目的によって立水栓の設置方法は異なります。ここでは使用目的ごとに設置のポイントをご紹介します。

  • ガーデニングや家庭菜園が趣味の方なら・・・

樹木や花壇、家庭菜園などで水まきをする場合は散水ホースが便利です。散水ホース用の立水栓は、ホースを伸ばしやすい場所に設置します。お庭のあちこちに置いた植木鉢への水やりは小回りの効くじょうろのほうが使い勝手がいいでしょう。家庭菜園の野菜やガーデニンググッズを洗いたいなら、作業導線も検討しておきましょう。

  • ペットを飼っている方なら・・・

ワンちゃんとの楽しいお散歩の後、そのまま家の中に入ってしまうと、室内が汚れてしまいます。そのような時も立水栓が活躍します。お散歩から帰ったワンちゃんの足を洗いたい、ペットをシャンプーしたいという場合はペット用の混合水栓が便利です。お湯を出すためには建物の工事段階からの計画が必要ですが、お湯が出るのはワンちゃんにとっても気持ちいいシャンプーになりますね。運動靴を洗うときや冬の水仕事といった、ペットのシャンプー以外の用途にも重宝します。
愛犬家にはたまらない ワンちゃんへの愛情がつまったセミクローズエクステリア~渡辺様邸~

  • 洗車をしたいとお考えの方なら・・・

駐車スペースにも立水栓があると便利です。ホースがあればお車の汚れも簡単に洗い流すことができます。遠くからホースを引っ張ってくるよりもお車の近くにあると利便性も向上しますので、立水栓が駐車スペースの近くにない場合は増設や移設を検討するのも良いでしょう。
柔らかい印象を持たせたスタイリッシュなエクステリア〜柴田様邸~

DESIGN POINT 3

設置場所から活用方法を考える

立水栓の設置場所ごとに、利便性や注意点をご紹介します。

  • 玄関の近くに設置した立水栓
    玄関の近くに立水栓があると、帰宅時に泥汚れを流したいときや、夏場に打ち水をするときに大変便利です。人目につきやすい場所なので、デザイン面も考えて選びましょう。

穏やかな笑顔が咲き誇るナチュラルガーデン~中溝様邸~

  • お庭の真ん中に設置した立水栓
    あらゆる方向にホースが伸ばしやすいため、庭木への水やりがとても楽になります。お庭との調和を考えた、お洒落な立水栓を選ぶといいでしょう。ただし、立水栓にホースを付けっぱなしにしたままでは見た目が悪いので、ホースを収納する箱を用意するのがおすすめです。

世界でひとつだけのオリジナルウォータースペース〜中澤様邸〜

  • 門扉の近くに設置した立水栓
    敷地の外から水をまくときや、家の外の掃除をするときに便利ですが、勝手に水道を使われてしまう可能性があります。蛇口を取り外し式にするといった工夫が必要です。

ログハウス調の新築に合わせた、温かみのある可愛らしいクローズガーデン〜山川様邸〜

立水栓の設置(給排水工事含め)することは工事可能。無駄な切り返しの無いようにご新築の場合なら建物設計時に外構工事のご計画を並行して進めることをおすすめします。