方形石

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

エクステリアでよく使われる方形石の魅力とは?

アプローチやテラスの材料として、よく使われる天然石の一つに方形石と呼ばれるものがあります。この「方形」は、どの角も直角の四角形のことを指します。方形石とは正方形また長方形の形をした天然石です。乱形石は大きさも形もバラバラであることに対して方形石は石の表情は違っても大きさは均一なので、規則正しく貼った方形石はスッキリとした印象を与えます。石が持つ重厚感を演出しながらもスマートなイメージに。シンプルなデザインを好む方にオススメ。
しかし方形石でも並べ方や石の大きさを変えれば、変化に富んだデザインにすることが可能です。大小大きさの異なる石を並べることで、飽きのこない景観になります
また色幅のある方形石を使用したり、ゴツゴツとしたテクスチャーの方形石など、素材感や色合いでリズムをつけるのも良いかもしれませんね。方形石の形は均一でも、工夫を凝らせば、お住まいを引き立てる景観になることでしょう。また方形石には30cm×60cmの大判のサイズがあるので、この大きさの石を使えば、より重厚な雰囲気を演出できます。

DESIGN POINT 2

方形石の使用方法:飛び石

黒く落ち着きのある方形石なら凜とした和風建築のお住まいにマッチします。大きめの石を深めに埋め込み地面より少しだけ高くしたものです。歩きやすくなるだけでなく、地面が雨でぐちゃぐちゃになっていても飛び石を歩くことで靴が汚れることがありません。
真っ直ぐに並べた「直打ち」の他に「二連打ち」「三連打ち」「千鳥打ち」「雁掛け」という並べ方がありますが、あまりくねらせると歩きにくくなってしまいます。飛び石には、主に鉄平石や御影石を使用します。

DESIGN POINT 3

方形石の使用方法:石畳

街並みが美しいヨーロッパの景観をエクステリアに取り入れたいと考えておられる方はたくさんいらっしゃいます。絵本に出てくるような景色が我が家で再現できたらオシャレな雰囲気もグッと増しますね。ヨーロッパの街並みというと、特徴的なのが石畳。
方形石を石畳みのように敷き並べ、ヨーロッパの小道を再現すれば、レトロで歴史や趣を感じさせる景色が浮かんでくるかのようです。
アンティークな雰囲気を持つヨーロッパの街並みをエクステリアに取り入れることで、優雅な空間に。石の色彩豊かな表情がアプローチに華やかさとアンティークな風合いをもたらします。
石畳なら車の乗り入れが可能です。駐車スペースのデザインに取り入れるのも素敵です。お車がない時でも美しい景観が広がります。そして石の更なる魅力は濡れた時に発揮します。濡れた石は乾いている時とは違い、より鮮やかで艶やかな色合いになります。雨の日には別の表情を見せてくれるので、変化に富んだエクステリアになることでしょう。

DESIGN POINT 4

和風にも洋風にも変化する方形石

敷石や飛び石に使われる方形石には、グレーやブルー、ピンクやイエローなど、多彩な色合いがあるので、色の組み合わせによって重厚感のある仕上がりにしたり、和風・欧米風な仕上がりにしたりと、同じ敷石・飛び石でも、オリジナリティのある仕上がりにすることができます。
エクステリアにナチュラルな雰囲気と重厚感を与えてくれる、方形タイプの自然石。割肌の味わい深い質感や研磨仕上げのシャープなフォルムなど、お住いの雰囲気に合わせて多様な種類の石材を選びましょう。