オーニング、シェード、パーゴラ

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

優しく日光を遮ってくれるオーニング

オーニングは、日除けや雨除け、ひさしなどのことです。主にヨーロッパで古くから使われてきたアイテムですが、最近では日本でも個人宅やカフェなどで見られる事が多くなってきました。開閉の手間はあるものの、オシャレ度ではテラス屋根よりも格段にあるスタイリッシュなエクステリア商品です。

 

DESIGN POINT 2

快適かつ省エネにも貢献するオーニング

強い日差しを遮り涼し気な空間を作り出すオーニングは、オープンカフェのようなオシャレな雰囲気を楽しめるのが魅力のアイテムです。ウッドデッキやタイルテラスと組み合わせれば、アウトドアリビングとしてお庭を楽しく活用することも出来ますし、洗濯物を干すスペースとして使う際も広げておけば急な雨でも安心です。

また、広げた状態なら日差しが部屋の中に入ってこないので室温の上昇を抑えられ、エアコンを使うこと無く快適に過ごすことが出来るのも大きなメリットです。室内の家具などを紫外線による劣化から守ってくれる利点もありますし、周囲の環境によってはプライバシーの向上にもつながるでしょう。

 

DESIGN POINT 3

オーニングの形状とタイプ

オーニングは、巻き取りパイプに布(キャンバス地・テント地)をセットし、時間や季節ごとの日差しに合わせて開閉して直射日光を調整するアイテムです。形状は、左右のアームが伸縮して布を水平方向に張り出すタイプが一般的ですが、垂直方向に開閉可能なスクリーンを組み合わせて使うことができる商品もあります。

操作は、付属しているハンドルを使って手動で回して開閉するタイプはもちろん、スイッチやリモコンで扱う電動タイプ、手動と電動を組み合わせた併用タイプなどがあります。また、備え付けられたセンサーによって、日差しに反応して自動的に開閉したり、強い風が吹いた時や地震などの大きな揺れが発生した場合に自動で収納するタイプも販売されています。ほかにも、複数台を同時に操作できる機能などもあるので、設置する場所や台数によって取り入れてみるのもいいでしょう。

電動タイプは、既存の外部電源があれば設置可能ですが、オーニングを取り付ける周辺に電源がない場合は、増設が必要です。電動タイプのオーニングを取り付ける前に、施工業者に相談しておきましょう。設置後は取扱説明書を確認して定期的に点検やメンテナンスをしておきましょう。また台風時や降雪時などは、予め巻き上げておけば問題はありません。

金額はサイズやオプションにもよりますが、手動のもので一般的なサイズのものですと2~30万円ほど、電動タイプやスクリーンなどのオプションを取り入れると40万円弱します。

 

DESIGN POINT 4

使い勝手の良いシェード

シェードはオーニングと同じく日除けが目的の生地です。形状は主に三角状のものと四角状のものに大別されます。

オーニングとの違いはその簡易性でしょうか。窓に取り付けるような小さなものから窓の前に斜めに縛り付ける大きなものまで幅広くあるのが特徴で、値段の安いものならホームセンターなどでも販売していてご自分で取り付けることが可能です。

 

DESIGN POINT 5

温度上昇を抑え、通気性のよい快適な日陰

シェードの第一の効果は紫外線のカットによる日焼け予防です。人の肌はもちろん、強い日差しによる室内の家具や壁紙の変色や劣化を防いでくれます。シェードをお庭に張ることで紫外線や日差しを遮ることで熱気がこもらず、ガードしすぎない適度な日陰が楽しめます。

 

DESIGN POINT 6

直射日光にさらされること無く快適に

過度の紫外線は、人体に悪影響を及ぼします。紫外線は肌のメラニン色素を増やして火傷状態を引き起こし、さらには皮膚がんの原因にもなってしまいます。シェードには、これらの原因となる有害な紫外線を遮る効果があります。しかも、赤外線を和らげる働きもあるので、直射日光にさらされること無く程よい明るさで快適に過ごせます。

取付は建物の躯体または専用の柱に金具を取り付けて張ります。シェードの最大の特徴は、テラス屋根やオーニングと違い、建物から独立して日陰を作り出せるということです。建物の一部に取り付ける必要がないので、柱を3~4本お庭に立てて、任意の場所のみに適度な日陰を作り出せるのです。

お値段は様々ですが、ホームセンターレベルのものであれば3~4万円ほどで1セット揃います。ただ、安いものは劣化が早いので定期的な買い替えが必要になります。

お庭に日陰が欲しいけど工事のような大々的なことはしたくない、まずは日陰を試しに作ってみたい、という方には最適なアイテムと言えるでしょう。

 

DESIGN POINT 7

ナチュラルなお庭には欠かせないパーゴラ

パーゴラは日本の藤棚のようなアイテムです。ゴーヤなどのつる性植物を誘引して「緑のカーテン」を作るときに利用するアイテムとして、ウッドデッキ上部に取り付ける用途が主です。ウッドデッキに組み込まない場合は、お庭のコーナーに作ると程よいデザインポイントになります。日除けにしたり、植栽で彩ったりと、楽しみ方・魅せ方は様々です。