波をモチーフにしたデザインウォールがファサードを華やかに演出〜神崎様邸〜

白い壁が印象的なご新居にマッチするよう、エクステリアも白を基調としたデザインウォールを複数設け、南国を思わせるようなセミクローズエクステリアが出来上がりました。壁は低めに設定し、外からも青々とした芝生が見える開放感を感じる前庭が特長です。

[×]

前庭はアプローチとカースペース、主庭の明確な垣根を設けていないので敷地いっぱいに南国風のデザインを楽しむことが出来ます。ご新居二階のフェンスの明るい木目の色から逆算し、お庭で使うカラーも柔らかな暖色系に絞ったことで統一感のあるお庭になりました。

[×]

波を思わせるような流線型のデザインウォールは左官作業をラフに仕上げてあるので、機械的ではない温かみのある雰囲気が出ています。アクセントの青いガラス製のネームプレートが涼しげで素敵ですね。アプローチの乱形石の床面は、郵便物が取り出しやすいよう壁の裏側まで続いています。

[×]

壁を何層にも造作することで、立体感のある外壁が出来上がりました。重くなりすぎないよう壁は低めに設定し、スリットも開けています。アクセントに淡い色の木目のラッピングを施した角柱を使い、空間にメリハリを出しました。

[×]

ホワイトをコンセプトにしているので、植栽を植えた後に土の面を見せないよう白い化粧砂利を敷き詰めました。まるで波の泡の間から草花が顔を出しているようですね。よりナチュラルテイストにするため、ゴロタ石も点在させています。

[×]

シンボルツリーとして迎えたのは、常緑樹のシュロの木です。シュロの木は乾湿、陰陽の土地条件を選ばず、耐火性、対潮性も併せ持つ強健な樹種です。ヤシ科の植物なので、今回のお庭にはぴったりの高木ですね。

[×]

カースペースの一部はアクセントとしてコンクリート製の擬石でサークル状のワンポイントを作りました。可愛らしいデザインなうえ、駐車の際の目印としても使えますね。

[×]

主庭は天然芝が広がる癒しのスペースです。コーナーには擬木で縁取った花壇があり、季節ごとに様々な花がお庭を彩ってくれます。擬木はコンクリート製なので腐食や汚れに強く、花壇の泥が付着してもすぐに洗い流せます。

[×]

立水栓は細身のシルエットが美しい二口タイプのものを用意。下部にはホース用の蛇口があるので、庭仕事の合間でも上の蛇口が使えて便利です。壁の間には小さめのポールライトを配置してあるので、夜は壁に反射した美しい光を楽しむことが出来ます。

[×]

夜になりお庭のライトが灯ると、雰囲気がより大人びてきますね。暖色系の柔らかい灯りがお庭の各所を照らし、帰ってくるご家族を優しく出迎えてくれているようです。

[×]

アプローチ脇の壁にもライトが明るい光を差し込んで、夜の美しさを教えてくれています。白い壁に光を当てることで、壁全体が輝いて見えますね。壁面をラフに仕上げたことで出来るランダムな線の影が美しさを際立たせています。

[×]

ネームプレート付近にライトを設けなくても3箇所の光源のおかげで、門まわりはこんなにも明るくなりました。機能面を優先して強い灯りを使うより、このように間接照明のように少し低いところから周囲を照らしてみるのも雰囲気が向上しますね。

[×]

白い波を模した壁が重なり爽やかな雰囲気に

白い壁が印象的なご新居にマッチするよう、エクステリアも白を基調としたデザインウォールを複数設け、南国を思わせるようなセミクローズエクステリアが出来上がりました。壁は低めに設定し、外からも青々とした芝生が見える開放感を感じる前庭が特長です。
前庭はアプローチとカースペース、主庭の明確な垣根を設けていないので敷地いっぱいに南国風のデザインを楽しむことが出来ます。ご新居二階のフェンスの明るい木目の色から逆算し、お庭で使うカラーも柔らかな暖色系に絞ったことで統一感のあるお庭になりました。
波を思わせるような流線型のデザインウォールは左官作業をラフに仕上げてあるので、機械的ではない温かみのある雰囲気が出ています。アクセントの青いガラス製のネームプレートが涼しげで素敵ですね。アプローチ乱形石の床面は、郵便物が取り出しやすいよう壁の裏側まで続いています。
壁を何層にも造作することで、立体感のある外壁が出来上がりました。重くなりすぎないよう壁は低めに設定し、スリットも開けています。アクセントに淡い色の木目のラッピングを施した角柱を使い、空間にメリハリを出しました。

 

緑に包まれた主庭で癒やしのガーデニング

主庭は天然芝が広がる癒しのスペースです。コーナーには擬木で縁取った花壇があり、季節ごとに様々な花がお庭を彩ってくれます。擬木はコンクリート製なので腐食や汚れに強く、花壇の泥が付着してもすぐに洗い流せます。
シンボルツリーとして迎えたのは、常緑樹のシュロの木です。シュロの木は乾湿、陰陽の土地条件を選ばず、耐火性、対潮性も併せ持つ強健な樹種です。ヤシ科の植物なので、今回のお庭にはぴったりの高木ですね。
立水栓は細身のシルエットが美しい二口タイプのものを用意。下部にはホース用の蛇口があるので、庭仕事の合間でも上の蛇口が使えて便利です。壁の間には小さめのポールライトを配置してあるので、夜は壁に反射した美しい光を楽しむことが出来ます。

光の力を借りてさらに印象的なファサードに変身

夜になりお庭のライトが灯ると、雰囲気がより大人びてきますね。暖色系の柔らかい灯りがお庭の各所を照らし、帰ってくるご家族を優しく出迎えてくれているようです。
アプローチ脇の壁にもライトが明るい光を差し込んで、夜の美しさを教えてくれています。白い壁に光を当てることで、壁全体が輝いて見えますね。壁面をラフに仕上げたことで出来るランダムな線の影が美しさを際立たせています。
ネームプレート付近にライトを設けなくても3箇所の光源のおかげで、門まわりはこんなにも明るくなりました。機能面を優先して強い灯りを使うより、このように間接照明のように少し低いところから周囲を照らしてみるのも雰囲気が向上しますね。
神崎様邸_感想文