木々の合間から垣間見える理想のガーデンライフ〜藤由様邸〜

主庭は緑に包まれたリラックス空間

新築を建てる際、あまり打ち合わせする事なく作られたお庭に長く不満だった藤由様。4年の歳月を経て、やりたい事を全て盛り込んだ自慢のお庭の完成です。お子様と一緒にお庭で遊んだりお友達を呼んでBBQをしたりと、念願のガーデンライフが手に入りました。

[×]
ナチュラルテイストに進化したエクステリア

普段から使用するアプローチや駐車スペースはあまり手を加えず、リビングルーム前の主庭に重点を置きました。もともとオープンタイプのお庭だったので、お子様を外で遊ばせる際も急な飛び出しや通行人の視線を気にして十分に遊ばせられなかったそうです。メインの場所を素敵な壁や植栽で囲うことで、安全かつ美しいクローズなスペースが出来上がりました。

[×]
garden-reform-fujiyoshi002

新しく手を加えたところはどの角度にもグリーンが感じられて、まさにナチュラルモダンの雰囲気を醸し出しています。デザインウォールもお住いの壁面とイメージを統一するため白を基調とし、雨の際の泥はねが予想される場所には石積み風のタイルを貼って美しさを保つ効果を出しています。

[×]
garden-reform-fujiyoshi003

お庭が今回の工事の主役ですので、ネームプレートは控えめなデザインで。流れるような筆記体とステンレスのボディが白い左官仕上げの壁にとてもよくマッチしていますね。

[×]
garden-reform-fujiyoshi004

壁のコーナー部分はデッドスペースになりがちですが、少しでも有効活用するために三角状に土を残して植栽スペースにしました。壁の手前にも草目地としてグリーンを伸ばし、構造物と植物が融合したようなデザインは訪れる人の視線を釘付けにします。

[×]
garden-reform-fujiyoshi005

主庭のテラスでも使用した木目調のタイルは玄関前でも使用しました。ウッドテイストのドアとも相性がとてもよく、空間に一体感が感じられますね。ドアの重厚感を阻害しないよう、色味を薄いものをチョイスしてあります。

[×]
garden-reform-fujiyoshi006

タイルテラスの隣には広々とした天然芝のスペースがあります。こちらにはご要望の一つであった自動潅水システムが導入されており、このおかげで水やりの際の虫刺されから解放されたようです。メンテナンスのお手間も一つ減り、大満足していただけました。

[×]
お庭中に植栽スペースを造作

主庭の一段高いところには、ほかの植栽スペースと一線を画した家庭菜園コーナーを設けました。お家で楽しみながら無農薬の野菜を育てて収穫するのは長年の夢だったそうです。アプローチに沿うように配置してあるので、お庭に出なくても成長具合が見られるのは嬉しいですね。

[×]
garden-reform-fujiyoshi008

お庭のコーナーの1角には背の高いポールライトを取り付けました。夜のライティングはセキュリティ面がアップする以上に、お庭を優しく彩る癒しの効果があるので、ぜひ一つでも取り入れたいアイテムの一つです。

[×]
扱いやすいスリムな立水栓

家庭菜園コーナーの隣には水やりしやすいように立水栓を取り付けました。立水栓は2口タイプなので、ホースをつけっぱなしでも上の蛇口が使えます。カラーはお庭の雰囲気に合わせて明るいグリーンのものを選びました。

[×]
garden-reform-fujiyoshi010

お庭のメイン部分のタイルテラス上部には屋根を取り付けてあるので、雨の日に雨音を聞きながらお庭でくつろぐという過ごし方もできますね。屋根材は熱線吸収タイプのポリカーボネートを使用、さらに可動式の日よけもプラスしてあるので、どんな天候の際も快適にお過ごしいただけます。

[×]
光がお庭の木々を優しく照らす

日が落ちて夜になっても、各所に配置された暖色系のライトがお庭を照らし上げてくれるので、明るさを保ってくれています。白い壁に反射した柔らかい光がなんとも言えない美しさを表現し、アプローチの道標として玄関までエスコートしてくれているようですね。

[×]
garden-reform-fujiyoshi013

足元のポールライトは門灯としても活用できるので、ネームプレート周辺にライト取り付けの必要はありません。積み石風のタイルに光が当たり、ランダムに影が浮き上がっていて、夜のフォーカルポイント(見どころ)として成り立っています。

[×]
garden-reform-fujiyoshi015

お庭にもポールライトを多用し、壁や植栽に淡い光と魅力を与えてくれています。ポールライトは壁の天端より低い位置に設定してあり、道路側に必要以上に光を漏らさない配慮をしてあります。

[×]

緑と共生するナチュラルテイストな前庭にリフォーム

新築を建てる際、あまり打ち合わせする事なく作られたお庭に長く不満だった藤由様。4年の歳月を経て、やりたい事を全て盛り込んだ自慢のお庭の完成です。お子様と一緒にお庭で遊んだりお友達を呼んでBBQをしたりと、念願のガーデンライフが手に入りました。
普段から使用するアプローチや駐車スペースはあまり手を加えず、リビングルーム前の主庭に重点を置きました。もともとオープンタイプのお庭だったので、お子様を外で遊ばせる際も急な飛び出しや通行人の視線を気にして十分に遊ばせられなかったそうです。メインの場所を素敵な壁や植栽で囲うことで、安全かつ美しいクローズなスペースが出来上がりました。
新しく手を加えたところはどの角度にもグリーンが感じられて、まさにナチュラルモダンの雰囲気を醸し出しています。デザインウォールもお住いの壁面とイメージを統一するため白を基調とし、雨の際の泥はねが予想される場所には石積み風のタイルを貼って美しさを保つ効果を出しています。
お庭が今回の工事の主役ですので、ネームプレートは控えめなデザインで。流れるような筆記体とステンレスのボディが白い左官仕上げの壁にとてもよくマッチしていますね。
壁のコーナー部分はデッドスペースになりがちですが、少しでも有効活用するために三角状に土を残して植栽スペースにしました。壁の手前にも草目地としてグリーンを伸ばし、構造物と植物が融合したようなデザインは訪れる人の視線を釘付けにします。

ガーデニングからティータイムまで、全ての「楽しい」をお庭で

タイルテラスの隣には広々とした天然芝のスペースがあります。こちらにはご要望の一つであった自動潅水システムが導入されており、このおかげで水やりの際の虫刺されから解放されたようです。メンテナンスのお手間も一つ減り、大満足していただけました。
主庭の一段高いところには、ほかの植栽スペースと一線を画した家庭菜園コーナーを設けました。お家で楽しみながら無農薬の野菜を育てて収穫するのは長年の夢だったそうです。アプローチに沿うように配置してあるので、お庭に出なくても成長具合が見られるのは嬉しいですね。
家庭菜園コーナーの隣には水やりしやすいように立水栓を取り付けました。立水栓は2口タイプなので、ホースをつけっぱなしでも上の蛇口が使えます。カラーはお庭の雰囲気に合わせて明るいグリーンのものを選びました。
お庭のメイン部分のタイルテラス上部には屋根を取り付けてあるので、雨の日に雨音を聞きながらお庭でくつろぐという過ごし方もできますね。屋根材は熱線吸収タイプのポリカーボネートを使用、さらに可動式の日よけもプラスしてあるので、どんな天候の際も快適にお過ごしいただけます。

優しい光が白亜の壁を灯すナイトシーン

日が落ちて夜になっても、各所に配置された暖色系のライトがお庭を照らし上げてくれるので、明るさを保ってくれています。白い壁に反射した柔らかい光がなんとも言えない美しさを表現し、アプローチの道標として玄関までエスコートしてくれているようですね。
足元のポールライトは門灯としても活用できるので、ネームプレート周辺にライト取り付けの必要はありません。積み石風のタイルに光が当たり、ランダムに影が浮き上がっていて、夜のフォーカルポイント(見どころ)として成り立っています。
お庭にもポールライトを多用し、壁や植栽に淡い光と魅力を与えてくれています。ポールライトは壁の天端より低い位置に設定してあり、道路側に必要以上に光を漏らさない配慮をしてあります。
藤由様感想文