ガーデンリフォーム工事施工事例集

角地を活かして住まいもお庭も素敵に魅せる!生まれ変わった門まわり〜久保様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ライフステージの変化を機に、角地・高台の利点を活かした外構へ

外構デザインの中でも、家の「顔」として印象付けしやすい角地のコーナー部分。そこが擁壁と生垣によって完全に塞がっていた久保様邸。住宅メーカーにお任せ状態だったという外構は、奥まった駐車スペース側に門扉があることでインパクトに欠けるだけでなく、配置的にも不便さを感じていたようです。せっかく高台の角地に建っているのに、住まいは生垣の向こう側に隠れてよく見えず、その利点が活かせていない…そんな思いを抱えつつ、植木や雑草などの手入れも次第に負担になり、お庭を持て余すように。
家の新築時はあれこれと決めることに追われて、心に余裕がない状態で外構プランを決定してしまうことが多いもの。暮らす内、そこには必要な機能は備わっていても、本当に納得できる機能が備わっていないと気付く人も少なくありません。とはいえ、その時間やお金が無駄かというと、本当に必要なものを知る大事なプロセスになる、というケースもあります。久保様のように、お子さんの成長など、ライフステージの変化と共にじっくり再考するのも一つの手ですね。
長く思い悩んだ末、ついに行き着いたのが癒樹工房。プランナーと共につくり上げた外構は、ダイナミックにレイアウトを模様替えし、家そのもののが生まれ変わったかのような!印象的なファサードとなりました。

DESIGN POINT 2

ダイナミックなレイアウト変更で鮮やかに生まれ変わった門まわり

建物を引き立てる重厚な門柱がシンメトリーに佇む門構え、ゆったりとした階段、上質感のある天然石のアプローチ…。レイアウト自体をコーナー部分に移動した門まわりは、エレガントな存在感で街の景観にも鮮烈なインパクトを与えます!その変貌ぶりには、きっと近隣の方にも「おうちもリフォームしたのかな?」と思われそうなほど。
というのも、石積風のボーダータイルが贅沢な門柱、そして琥珀色の江戸硝子がはめ込まれた鋳物風の門扉が出迎えるアプローチの先に視線を向ければ、今まで生垣で隠されて見えなかったご自宅が…!その景色は建物までもが新しく生まれ変わったかのようです。

家にはファサード、つまり「顔」となるポイントがないと、どこか印象がぼやけて存在感がハッキリしなくなるものです。家によってはそれがシンボルツリーであったり、おしゃれなデザインウォールであったり。久保様邸の場合は、この素晴らしい角地の高台という立地を120%活かした、気品溢れる門まわりがまさに家の顔、新たなファサードとなりました。

DESIGN POINT 3

目線をカットしたお庭は心癒されるプライベートガーデン

門扉の先には、美しくリガーデンされた華やかなお庭が広がります。地面は自然石の乱貼りアプローチやタイルテラス、化粧砂利などで構成されたドライで洗練された空間。植栽もこれまでの生垣などを抜き、形が整いやすい常緑樹や自然樹形を楽しむ株立ちの木々などに限定。日々のお手入れに追われない、フリーメンテナンスガーデンです!
いつの間にか足を踏み入れなくなっていたお庭、それが門を移動したことで、玄関までのアプローチに華やぎを演出する効果的な配置となり、再びイキイキと息を吹き返しました。

お庭の中心には、弧を描いた白壁のデザインウォールがさりげなくお庭とアプローチを区切っています。この背後、お庭側にはクオーツサイト貼のキラキラしたベンチに。デザインウォールはお庭に立体的でより変化に富んだ景色にしてくれるだけでなく、テラス内部や室内を訪問者からさりげなく目隠しし、景観に寛ぎ感をプラスしてくれています。
ベンチに腰掛けて過ごすひととき…ご家族もきっと今まで想像してなかったような寛ぎに満たされているのではないでしょうか。

DESIGN POINT 4

圧迫感を軽減するデザインと機能が散りばめられたデザインワーク

お庭の周囲は、壁は高めの設定にしたことで、人目を気にせずお庭で過ごすことができます。もちろん、その高さゆえに生じる閉塞感を軽減するため、天然石を再現した味わいのあるタイルを貼り合わせ、要所に角柱のスリット格子材を入れ、自然な光や風を取り込める工夫を施しています。
道路側は、このタイル貼のウォールの下に白壁の土留めブロックを設け、外観をツートンカラーに。グレーと白のスッキリとしたカラーリングで視覚的にも圧迫感を解消しています。こうした機能とデザインの絶妙なデザインワークも見どころのひとつです!
駐車場側の和室も、本来なら前の通りから丸見えになってしまうところですが、千本格子のスリット部材による目隠しにより、採光と通風を確保しながらさりげなく視線をカット。景観にはキリリとした和モダンの風情が漂います。室内からは縦格子の涼し気で趣のある景色が楽しめそうです。
外観だけでなく、快適さや寛ぎ感も高まり、より上質感に満たされた久保様邸。これからはお庭で過ごす時間もグンと増えていきそうですね!

Client Voice お客様の声

感想文

瑞々しかったサザンカの生垣や子供が遊んだ天然芝は色あせて、もともと緑の手入れは苦手な私は荒れた空間を持て余していました。
いつしかメンテナンスが楽で癒される庭にしたいと思うようになりました。
しかし漠然とネット検索しても先に進まず、数か月が過ぎ、思い切って話を聞いてもらおうと癒樹工房さんに連絡しました。
先のことを考えると不安ばかりでしたが、こちらが何を欲しているかを形にして下さり、安心感とともに期待が高まりました。
様々な選択をしていく中で、私たちが心から納得してベストな形になるように力を尽くして下さっていると感じました。
このような信頼感は工事が始まっても続き、どんなに些細な事でも受け止めて最後まで真摯に対応して下さいました。
今回、玄関の真正面にあった門扉を敷地の角に移したことで、まるで雰囲気が違うアプローチになり、家そのものまで新しくなった気分です。閉め切っていたカーテンを開けて美しく配置された木々の成長を眺める日々を楽しみにしています。
最後に庭造りを通して得たご縁や多くの思い出はこの庭とともに大切にしていきたいと思っています。どうもありがとうございました。

久保