新築エクステリア工事施工事例集

タイルと自然石で彩られた魅惑のアプローチ〜九鬼様邸〜

garden-reform-kuki001
garden-reform-kuki002
garden-reform-kuki003
garden-reform-kuki004
garden-reform-kuki005
garden-reform-kuki006
garden-reform-kuki001-サムネイルgarden-reform-kuki002-サムネイルgarden-reform-kuki003-サムネイルgarden-reform-kuki004-サムネイルgarden-reform-kuki005-サムネイルgarden-reform-kuki006-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ナチュラルテイストのマテリアルで床面と隣地境界を柔らかくカバー

ご新築にともない、使い勝手の良いオープンエクステリアを希望されていた九鬼様邸。お車から玄関までのL字の動線をタイルと色鮮やかな自然石で彩り、毎日の行き来が楽しくなるアプローチにデザインしました。玄関ポーチは四角いデザインではなく、斜めに隅切りすることで、お車の動線を確保します。お車の出入りを考慮した設計です。階段の蹴上げは低く設定し、踏面も90cmと幅を広く取り、ゆとりを持たせました。毎日使うアプローチですから、歩きやすいデザインにすることは重要なポイントです。
九鬼様邸の隣地は多くの車が出入りする駐車場のため、玄関を開けたらすぐにたくさんの車や金網のフェンスが見える状態です。これではせっかくのご新築の気分も台無しですね。また玄関が駐車場と向かい合わせのため、駐車場にいる人から玄関が丸見えになっています。そのため隣地を隠しながらお住いの雰囲気のあったデザインウォールとウッドフェンスを組み込み、ただ景色を隠すだけでない素敵な空間に仕上げました。
階段の段差に合わせてデザインウォールとウッドフェンスを配置し、目隠しにもリズムを持たせています。デザインウォールにはブラウン系のボーダータイル縦のライン入れ、お住まいの外壁のデザインを取り入れました。こうすることでエクステリアとお住まいに繋がりが生まれ、ご新築のお住まいがより引き立って見えます。
デザインウォールと横桟のウッドフェンスの組み合わせがメリハリを生んで、飽きのこないデザインに。隣地からの視線はこれで気になりません。
デザインウォールに設置したのは、LEDライトが組み込まれたネームプレートと前入れ前出しのデザイン性に富んだポストのコンビ。ネームプレートとポストにはアクセントとして木目がデザインされており、全体の雰囲気にとてもよくマッチしていますね。ポストはダイヤル錠式なのでセキュリティー面も安心です。
九鬼様お気に入りのアプローチに使用したのは天然の石から切り出した方形石。躯体がスクエアな外観なので、イメージを崩さないよう、ファサードに使う素材も全て直線的なアイテムを選びました。自然石ならではのランダムな色合いがアプローチに優しさと安らぎを与えてくれています。方形石は玄関からカースペース、そして敷地境界に向かって、末広がりに配置することで、奥行き感のあるアプローチにデザインできます。

Client Voice お客様の声

 家を新築するにあたり、当初は外構もハウスメーカーにプランニングしてもらいました。ただ、提案されたプランにどうしても満足できず、インターネットで外構業者を探していたところ、癒樹工房さんのホームページに行き着きました。これまでの施工例を拝見し、丁寧な仕上げや細部へのこだわりを感じたため、お願いすることにしました。
 ご提案いただいたプランに一目ぼれし、こちらの要望も取り入れていただきながらプランを練り上げていきました。難しい要望も出しましたが、「何とかします!」と言っていただき、心強く感じたのを今でも覚えています。工事が始まってからも、進捗について細かく連絡いただいたことや、一部の変更にも迅速に対応いただけたことなど、安心してお任せできました。
先日、友人が遊びに来た時には、「アプローチがかっこいいね」と褒めてくれました。家づくりも外構次第で印象が大きく変わることを実感しました。アフターフォローも含めて、丁寧なお仕事をしてくれた癒樹工房さんに依頼して本当に良かったと感じています。ありがとうございました。

九鬼 隼人・麻美子